5-3.教員の日常 Feed

2022年4月28日 (木)

季節の手しごと

4月から新しい土地での生活をスタートさせた方は少し慣れてきた頃ではないでしょうか。助産学専攻科は1年間の修業期間のためタイトなスケジュールですが、キャンパス周辺の四季も思い出にしてもらえることを願います。COVID-19の影響で公私ともにICT化は加速したものの、おうち時間の楽しみは無かったなあ(個人的意見)。ワタクシ達(敢えて“達”)は職業柄、毎日通勤し対応に追われてきました。

COVID-19に関係なく、浜松に移り住んでから梅シロップを手作りしています。これから梅が出回る季節なので作り方をご紹介します。画像は2年前ですが、5月に青梅を漬けました。熟した梅で作れば濃厚な味に仕上げるのでお好みで。下準備は①傷の無いものを選別し洗う。②キッチンペーパーで水分を軽く拭き取り、乾かす。液に漬けるからと言ってそのままはカビの原因になるそうです。③軸を取り除く。少し面倒なので時間の余裕をみて一気に!④ビンを煮沸消毒し、冷めたら梅・氷砂糖をミルフィーユ状に交互に重ね入れる。レシピはいろいろあり、防カビ目的で梅を凍らせてから漬ける方法もあるようです。私は最後に酢を注ぎます。防腐とサッパリ味にしたいから。⑤涼しい暗所に置き、毎日1回、「美味しくなーれ」と愛情込めて💛ビンをクルクル回し、梅の位置を移動させる。濡れたまま液面から出た状態が続くとカビ発生しやすいそうです。

<4日後>
1

<さらに10日後>

梅から果汁が出て水分量が増えました。ビンの底にはまだ氷砂糖が残っています。溶けきれるのか、気になるところですが、大丈夫。

2 

<さらに2週間後の6月(漬け始めから約4週間)>

透明になってきました。梅が完全に浮いたら取り出すタイミング。取り出した梅は水分が抜けて果肉が無く、硬いので食べることはできません。

3

完成!! 🙌(写真は全て筆者撮影)

MENU梅ジュース🍹は水または炭酸やお湯で希釈。かき氷のシロップは原液で。

4

以前、浜松で無農薬栽培の麦わらストローを見つけて購入。環境にやさしく、自分専用なら洗って繰り返し使えます。先が割れたらハサミでカットすればO.K。麦わら栽培復活のウンチクを家族に話しました。「第二次世界大戦前はストローと言ったらプラスティックではなく、麦わらとか細い竹だったから、驚かない。」と言われて拍子抜け。「こういうのを作るようになったとは。年をとったね。」の言葉に“そういうことかもなあ”と妙に納得したワタクシでした。その時、その土地で経験できる暮らし、佳き人やモノとの豊かな出会いを大切にしたいと思います。

助産学専攻科 稲垣恵子

 

2020年5月11日 (月)

大学のスクールバス発着場の駐車場が広くなりました

5月の連休が終わりました。只今、遠隔授業を継続中です。ICTに弱いところがありますが、学生の皆さんに学びが伝わるように取り組みます。

 

今回、スクールバスで登校する経路のひとつを紹介します。

Image1大学のスクールバスです。実は、春休み中に隣接する駐車場が広くなりました。スクールバスで登校している学生さん、ちょっと驚くのではないでしょうか。

 Image2駐車場から見える小・中・高等学校です。

Image3駐車場から右折すると大学への通学路になります。

 

Image4道路では、横に広がらないで歩きましょう(学生サービスセンター作成のポスター転載)。

この可愛いお知らせポスターは、学生の皆さんが学校に登校することがあってこそ活躍するのだと感じます。

学内の学生掲示板のポスターを見ながら、皆さんの登校が早くはじまって大学に活気があふれてほしいと思っています。

 

Image5右まわり、左まわり、どちらかの道を歩いて本学構内の講義棟に到着します。

看護学部の皆さんと元気にお会いすることを楽しみにしています。

(ポスターの使用については許可を得て掲載しています)

                   文責 小児看護学 市江和子

2020年5月 1日 (金)

新入生の皆さんにお渡しする予定だった小枝が元気です

5月の初夏になりました。新緑がより色濃くなってきています。新入生の皆さんにお渡しする予定だった花束の小枝が元気で、研究室に飾っていますのでお伝えします。

 

4月13日から遠隔授業が開始になっています。学生の皆さん、授業になれましたか。

ICTについて一生懸命、操作習得をめざして取り組んでいます。早く対面授業があるとよいですね。

 

今回、バイクで登校する経路のひとつを紹介します。

Image11

大学のバイク専用駐輪場です。

Image2規則にそって、並べましょう。

 

Image35号館、3号館、2号館、1号館へ登校する道のひとつです。

Image42号館の横になります。

Image5_14毎日水の取り替えをして、元気な小枝をずっと飾っています。

看護学部の皆さんと元気にお会いすることを楽しみにしています。

文責 小児看護学 市江和子

 

2020年4月24日 (金)

大学から富士山が展望できます。

4月の末になりました。5月からは登校ができ、対面授業があるとよいですね。

 

4月23日(木)、小児看護学領域は2時限目が2年次生対象の小児看護学概論、4時限目が3年次生対象の小児看護援助論Ⅱの遠隔授業でした。パワーポイントの若干の不都合、14時22分ごろに地震がありましたが、無事に終了しました。

可能な限り、遠隔授業のスキルアップをしていきたいと思います。

 

晴れた日は、大学から富士山が見えるので、眺望をお伝えします。

今回、自転車で登校する経路のひとつを紹介します。

Image1

大学の中央部分にある自転車専用駐輪場です。(奥側)

Image2

つつじが見事に咲きだしました。

Image33号館、2号館、1号館へ登校する道です。

Image41号館7階からの展望です。

Image52020年4月22日(水)は稜線に雲が少なく、冠雪の富士山が綺麗に展望できました。

真夏のころに日本平のロビーで、「前に見える山は何ですか」と尋ねたところ、「手前に見えますのが、富士山でございます」と説明いただいた体験があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

近づきすぎて、分からないものがあります。

 

看護学部の皆さんと元気にお会いすることを楽しみにしています。

文責 小児看護学 市江和子

2020年4月14日 (火)

クリスマスツリー点火祭の木と周りの樹々が緑になっています

新年度がはじまり、2週間が過ぎようとしています。学生の皆さん、体調いかがでしょうか。看護学部は、来週から開始になる遠隔授業の準備を進めています。

今回、公共交通機関で登校する経路を紹介します。Image1_2病院玄関前に路線バスが到着します。

Image2

登下校の際に病院の中を歩くと患者さんのご迷惑になるため、病院の外を通学します。

Image2_2大学に向かって歩きます。雨になって、5号館前玄関の桜が散りだしました。

Image3_2玄関横の樹木の緑がとてもきれいになってきています。

Image512月には、点火祭がおこなわれます。皆さんに、その素敵な景色をお届けします。

今年のクリスマスが、心穏やかに過ごせる日となることを願います。

 

看護学部の皆さんと元気にお会いすることを楽しみにしています。

文責 小児看護学 市江和子

2020年4月 8日 (水)

新入生の皆さんにお渡しする花を飾っています。

新年度が始まり、大学の開講が遅れています。皆さん、体調、いかがでしょうか。

今回、2020年度看護学部入学生にお渡しするために看護学部学生委員会が準備した花束を、寸志を出して看護学部の教員が受け取りました。今も綺麗に咲いているので、皆さんに紹介します。車で登校した道順にそって、咲いているお花と共にお伝えします。

Image1大学の第一駐車場入り口です。ただし、9時までは右折入場が禁止です。

Image2駐車場のゲートを入ります。

Image3坂道を上がります。

Image4登りは、ちょっときついです。

Image5エレベーターで7階に上がります。

Image67階廊下を歩きます。

Bimage74月3日に新入生の皆さんにお渡しするお花でした。

看護学部の皆さんと元気にお会いすることを楽しみにしています。

文責 小児看護学 市江和子

2019年1月24日 (木)

看護学部の教員が撮影した写真を紹介します。

 看護学部には、大学の風景や教育・研究活動に関係する写真の投稿制度があります。授業や実習の合間に、あるいは通勤の途中で、学内や大学周辺の写真を撮る教員を見かけます。

今回は、昨年8月から今年1月までに投稿のあった写真の一部をご紹介します。

 ①大学の夜景

 向かって右側の建物が2号館、左側が1号館(たくさん明かりが付いている方)です。2号館右下が学生ホール(学生食堂)です。夜遅くまで、学生が勉強やサークル活動で使用しています。

1_2

②夜のアーチ回廊

 本学は赤レンガとベージュの校舎が立ち並んでいますが、3号館から1号館にかけてアーチの回廊にも特徴があります。夜のアーチ回廊は幻想的な雰囲気です。

Photo_2

③早朝のアーチ回廊

 奥に写っているネコは、聖隷三方原病院のホスピス産まれのマイちゃんだそうです。恥ずかしがりやで、なかなか近寄らせてもらえませんでした。

Photo_3

④キャンパスの駐輪場にいたゴマダラチョウ

 黒色地に白色の斑紋が散りばめられた翅をもつ大きなタテハチョウの一種で、複眼は橙色。漢字では「胡麻斑蝶」だそうです。樹木の多い本学のキャンパスでは、樹液を吸ったり、地表で吸水したりするゴマダラチョウの姿が見かけられます。

4

⑤夕刻にたたずむ教会

 本学のキャンパス内には、遠州栄光教会三方原礼拝堂があります。聖隷学園のクリスマスツリー点火祭(2018年12月12日)では、ツリーのイルミネーション点灯の前に、学生や教職員がこの教会に集まって礼拝が行われました。

5

ドウダンツツジ

 3号館前の通路には、アーチ回廊に沿ってドウダンツツジの生垣が続きます。昨年10月の台風24号の塩害による影響で、葉が枯れたり、変色したりしている部分があります。毎年、春はスズランのような可憐な白い花が鈴なりにつき、秋になると葉が真紅に透き通るように染まります。

6

⑦寒椿

 1号館と3号館の間の通路にカンツバキの生垣があります。寒さに負けず、美しい花を咲かせる、浜松の冬を代表する花の1つです。

Photo_4

 いかがでしたでしょうか。今後も、看護学部の教員から投稿された写真を随時紹介していきます。また、本学公式インスタグラムにも看護学部の教員が撮影した写真が掲載されていますので、是非ご覧下さい。

2017年4月13日 (木)

お花見に行ってきました

いよいよ4月、新年度の授業も本格的に始まり、学生・教職員とも慌ただしい日々が続いています。特に新入生の皆さんは、慣れない環境での新しい学びの日々を迎え、緊張の連続だと思います。そんな時には心も体もリフレッシュが必要! ということで、この前の日曜日、お天気はやや微妙な雲行きでしたが「はままつフラワーパーク」にお花見に行ってきました。新年度早々いきなり休みの話で申し訳ございません(笑)。

1_2

Photo

浜松市には、他にも浜松城公園、都田川堤、奥山公園、佐鳴湖公園など、お花見の名所がたくさんありますが、今回訪れた「はままつフラワーパーク」は、その名の通り園内に様々な花や植物が植えられ、四季折々の花々を楽しむことができます。この時期は、最盛期を迎えたチューリップなど春の花々とサクラの見事なコラボレーションが展開され、他のお花見スポットとは一味違った景色を味わえます。サクラもソメイヨシノだけではなく、いろいろな種類の桜が咲き誇り、それぞれを見比べるのも一興です。若干入園料がかかりますが、目の前に展開される見事な景色に、十分に元が取れた気になれます(個人の感想です)。

Photo_2

Photo_3

今年のお花見にはもう間に合わないかもしれませんが、疲れた体や心を癒すにはもってこいのスポットです。サクラが終わると次はフジ、バラ、アジサイなどが見頃を迎えるようです。たまには草花に囲まれる休日もいかがですか?

Photo_4

Photo_5






2017年3月14日 (火)

今年もやっぱり 餃子パーティ♪

看護教員の密かな楽しみ「餃子パーティ」の日がやって参りました。

実習中の忙しい中、皆さんご参集いただきました。

看護学部の伝統の餃子は、リハビリテーション学部の顧先生直伝の水餃子です。

中国?千年の歴史文化を毎年伝授いただいております。

1_2

もちろん、皮から手作りです!綿棒を自在に操って、皮を円形に作っていく師匠の手は、まさにGod Hands!!

 

「自分で食べる分は自分で作る」という原則があるため、おいしい餃子を食べようとみんな必死です。

Photo

このような、形・大きさ様々な餃子が、トレイにどんどん出来上がっていきます。

 

 

それをおなべで茹でますが・・・

ただ茹でればいいというものではありません。

Photo_2顧師匠が認める餃子茹での第1人者豊島先生が茹でると、皮がピカピカつるっつる、ぷりぷりもっちりに仕上がります!途中注し水を3回するところがポイントだそう。

 

Photo_3

今年は、この餃子大ファンで、お肉スポンサーでもあらせられる小島操子学長や総務部の黒田さんもお手伝いくださいました。

Photo_4Photo_5

ご馳走さまでした。にんにくの効いた顧師匠秘蔵のたれで、みんな大満足です!

顧先生曰く、「餃子作りに欠かせないものは、コミュニケーションである」いうことです。確かに、粉をこねながら、自然と言葉が飛び交い、笑い声が上がるということを参加者はみな実感し、「だから美味しいんです」というお言葉に納得いたしました。コミュニケーションの実習に、餃子作りを取り入れてはどうか!?という意見も飛び交いました。

また来年も美味しく楽しくよろしくお願いします♪

 

 

 

 

2016年1月18日 (月)

<骨髄(造血幹細胞)提供について>

成人看護学の教員の小池です。

新年を迎えました。今年も皆様にとって良い年になるといいですね。

新年早々、個人的なご報告で恐縮ですが、昨年、骨髄バンクを通じて、

骨髄(造血幹細胞)提供を行いました。

その体験談と骨髄提供に関するお話をさせていただきます。

私は5年ほど前に骨髄バンクに登録をしました。献血時に(1年に3回ほど400mlの献血をしています)、登録を行ってもらいました。

当時は、「すぐにドナーに選定されるのかな・・・」とドキドキしておりましたが、

しばらくはなんの音沙汰もありませんでした。

そして、骨髄バンクの件を忘れていた昨年、

オレンジ色の封筒で「重要なお知らせ」が届きました。

封筒の中には「ドナーのためのハンドブック」とともに

ドナー候補に選定された通知や問診票が入っていました。

1

(ドナーのためのハンドブック)

造血幹細胞の提供方法としては現在、全身麻酔下による「骨髄採取」と、

末梢からのアプローチで済む「末梢血幹細胞採取」の2種類がありますが、

およそ造血幹細胞の提供の9割以上が全身麻酔化による骨髄採取となっています。

私の場合は、全身麻酔下の「骨髄採取」でした。

2

(参考:ドナーのためのハンドブックより)

ドナー候補(まだこの時点ではあくまでもドナーの候補の一人です)

に選定されたことで、まずは家族での検討が始まりました。

最終的な同意の確認を行う面談は、本人と家族とコーディネーターさん、

第三者(その最終的な手続きの見届け人)で行います。

本人だけでなく、家族の同意も必要となってきます。

家族の同意も得て、方向性が決定してから、スムーズに事が進み、

私自身の身体検査から、骨髄提供の日程の設定まで、

約半年間くらいの期間をかけて、準備が進んでいきました。

3

(参考:ドナーのためのハンドブックより)

骨髄提供の入院期間はおおよそ3泊4日ですが、

それ以外に身体検査や必要な面談、そして骨髄採取の量によっては、

自己血採血のための通院が必要となります。

私の場合は、自己血採血(400ml×2)のための通院を含め、7~8回ほど病院に通いました。

基本的に病院は平日の昼間しか受け付けてくれませんので、

実習や授業などとの調整でかなり苦労しました。

最終的に骨髄採取のための入院時を含め、先生方や、実習場のスタッフさん、

実習中の学生さんには、本当にお世話になりました。

そんな感じで、周囲のみなさまのサポートのおかげで、骨髄採取もスムーズに行われました。

術後、全身麻酔の影響による吐き気などはありましたが、

骨髄採取部位(腰部)の創部も安定しており、痛みもそれほどありませんでした。

4

(腰のあたりの白い保護テープのあたりが骨髄採取部位です。)

現在、骨髄バンクの登録者の高齢化が進んでいるようで(登録者の年齢制限は54歳まで)、

若い人達の登録が伸び悩んでいるようです。

これからは全身麻酔下の造血幹細胞採取から、

末梢からのアプローチによる末梢幹細胞採取が、少しずつ一般的になってくると思います。

ドナーへの身体的負担が少なくなったら、骨髄バンク登録者も増えてくるのかもしれません。

現在では、まだまだ一般の人々には、社会的な認知度は低く、

造血幹細胞提供のための正確な情報の提供が十分ではない気がします。

自分が体験したことを少しでも多くの人々に伝えていくことで、

骨髄バンクに興味を持ってくださる方々が増えるといいなと思います。

このたびは、本当にいろいろな人々に支えられて、無事に骨髄提供ができました。

関係する皆様、本当にありがとうございました。

5

※浜松市内で骨髄バンクに登録できる場所(献血ルームなど) 

※ご質問などがございましたら、takeshi-k@seirei.ac.jp までご連絡いただければ幸いです。

 

(文責:成人看護学 小池武嗣)