1-1.オープンキャンパス Feed

2020年8月28日 (金)

看護学部「夏のオープンキャンパス」(第2回)を開催しました。

8月22日(土)、看護学部の「夏のオープンキャンパス」を開催しました。今回は第2回目ですが、前回(第1回)の8月8日(土)と同様、オープンキャンパスは新型コロナウイルス感染症の感染予防のために例年よりも規模を縮小し、小グループ(9名まで)によるキャンパスツアー形式で行われました。

キャンパスツアーは、最初に学部長挨拶があり、感染予防を呼び掛けるキャンパスツアーマニュアル(学生制作動画)を視聴後にスタートしました。今回は、看護学部の各領域、シミュレーション教育委員会、入試・広報センターの教職員がミニ体験授業、ミニ講義、展示、動画による説明・紹介などを担当しました。1

2

3_2

4

5

看護学部「夏のオープンキャンパス」は、8月29日(土)に第3回が実施される予定です。また、現在、看護学部の「WEBオープンキャンパス」(←クリックするとページに飛びます)も大学ホームページで開催中です。

2020年8月17日 (月)

オープンキャンパス:看護学部小児看護学領域

大学の8月のオープンキャンパスは、新型コロナウイルス感染症への感染防止に配慮し、日程・人数を分散した形での来場形式にて実施しています。

2020年8月8日は、看護学部小児看護学領域は3密(3つの密)の密閉、密集、密接を避け、消毒と換気の実施、ソーシャルディスタンスを保ち、紙おむつ交換の演習の模擬授業を実施しました。

 

大学入り口の準備です。

Photo_2


1_2

母子看護実習室(小児側)の模擬授業準備です。

Image5

生徒さん1人に対してモデル人形、紙おむつ、手袋、防護用エプロンを準備しました。

Image6

感染症対策をして、小児看護技術の中のおむつ交換演習の模擬授業です。

Image7

赤ちゃんを正面にするようにして、おむつ交換を始めます。
Image8

実際の手順を、生徒さんに説明します。2_2

生徒さんたちは一生懸命、乳幼児のおむつ交換の体験をしていました。

Image11

新生児や乳児は膀胱の機能が不十分なため、排泄回数が大人よりも多く、日常生活の中でおむつを使用しています。おむつ交換は、小児看護学実習では経験することが多い技術です。基本的な技術として、子どもが小さくても声をかけてスキンシップをとり、手早くおむつ交換をすることが必要になります。

モデル人形による演習で短い時間でしたが、生徒さんたちにとっては、子どもの清潔や感染予防の大切さを考える体験になったと思っています。

 

 (写真の撮影と使用については参加した生徒さんに使用目的を説明し、承諾を得て掲載させていただきました)

 

文責 小児看護学 市江和子

2018年8月 8日 (水)

テレビCMの撮影をしました!

現在、テレビで本学のCMが放映されています。みなさんはもうご覧になりましたか?

このCM撮影は本学でも行われました。

1_2

残念ながら主役のモデルさんは本学の学生ではありませんが、

看護学部から2名の学生が撮影の手伝いに来てくれました。

筋肉注射の練習場面があり、学生がモデルさんに注射手技について説明しています。

011

010

009_2

3_4

一日がかりの撮影でしたが、実際のCMになったのは、ほんの数秒でした・・・

ほんの数秒のために、たくさんの皆さんがよいものを作りたいという目的のもと一つになって作業するプロセスは、興味深い経験でした。

4_3

みなさん是非テレビで本学のCMをご覧になってください。

2017年4月25日 (火)

オープンキャンパス 「あかちゃんを知ろう」~赤ちゃんの沐浴編~

4月になり、看護学部では156名の新入生をお迎えしました。

新入生も、期待と不安でドキドキしながら、大学生活を始めているのではないかと思いますが、入学式や新入生セミナーで先輩たちが新入生をあたたかく迎えている様子について、4月14日のブログの映像をご覧下さい。

ここでは、受験生の皆さんに、聖隷クリストファー大学がどんな大学かを知っていただくために、3月21日におこなわれたオープンキャンパスの様子の一部をご紹介します。

Photo_3

3年生が中心になって、生後間もない“赤ちゃんのお風呂(沐浴)”について、高校生の皆さんにお話しました。

沐浴の技術は、入学後、2年次の「母性看護援助論」の演習で習得する、母性看護学において難易度の高い看護技術です。ですが、ご心配なく!

演習では、先輩である3年生が、母性看護実習で実際の赤ちゃんを沐浴した自分の体験を踏まえて、「すごく緊張したけど大学で何回も練習しとけば、頭の中がまっしろになっても自然と体が動くよ」、「実際の赤ちゃんの方が意外と沐浴しやすかったよ」、「途中で泣かれたけど、その時も慌てずに落ち着いてやれば大丈夫だから・・・」と、2年生の不安に共感しながらやさしく教えてくれます。

Photo_4

Photo_5

この日の沐浴のデモンストレーションの準備中。真剣なまなざしです。

Photo_7いよいよ本番!

Photo_8

これで、赤ちゃんの沐浴は完了。

高校生の皆さんには、赤ちゃん人形を、安全に気をつけて抱っこしてもらったり、お洋服を着せたりしてもらいました。

「なにか、質問はありませんか?」と、3年生。

高校生の皆さんが話しやすい距離に看護学生がいてくれるので、「看護」に興味のある方はオープンキャンパスに参加して、学生生活や授業や実習のことなどについて、ぜひ気軽に聞いてみてください。

次は、夏のオープンキャンパスでお待ちしています。

夏のオープンキャンパスの日程は、第1回8月11日(金・祝)、第2回8月26日(土)です。

母性看護学領域 黒野智子

 





2016年9月 5日 (月)

2016年8月20日に看護学部で実施されたオープンキャンパスの一部です!!

Photo

老年看護学領域では、45名の高校生が参加してくださいました。

テーマは「高齢者看護を体験してみよう !!」で、2つのグループに分かれて、

①脱水予防のために、安全に水分補給を行う

②自助具を利用して高齢者の摂食動作を知る

という内容で体験していただきました。

写真は4年生が、高齢者は何故脱水になりやすい か?またその対応について。

そして、その要因の一つである誤嚥の危険性について説明している所です。

説明の後嚥下体操を行い、とろみのジュースを作って飲んでいただきました。

4年生の説明はとても解りやすく、高校生の反応は「美味しくない」「わりと飲める」など様々でした。

野崎も実習ではジャージを着用しているのでオープンキャンパスならで はのユニフォーム姿です。

Photo_2

小平です。 めずらしく白衣を着ています。

オープンキャンパスの体験授業が始まる前なので、少し緊張しています。

基礎看護実習室で行われた、「体の声を聴いてみよう」の体験授業を担当しました。

参加した高校生の皆さんと、聴診器の使い方や血圧測定の方法を学びました。

普段、臨床実習では、ジャージ姿ですので、これは大変、貴重な1枚です。


2016年8月23日 (火)

Summerオープンキャンパス2016 体験授業Ⅲ“赤ちゃんを知ろう!”

Photo_9


暑い暑い、夏の8月の土曜日、聖隷クリストファー大学のオープンキャンパスに大勢の高校生が今年も参加しました。

看護学部では、学部の教育特色など全体説明のあと、高校生は4つの看護の授業体験や実習病院の見学に分かれて、看護学部の様子を知ることができたようです。体験授業の様子です。母性看護(お産や生まれたばかりの赤ちゃんの看護)の授業の一部を体験しました。

Photo_2

高校生の時、本学のオープンキャンパスに参加した看護学生が、今度は先生役となって、高校生に沐浴(生まれたばかりの赤ちゃんの入浴)を実演。先輩看護学生の手つきに、参加した高校生も真剣に見入っていました。

Photo_3

Photo_4

2015年8月31日 (月)

オープンキャンパスの舞台裏

こんにちは、まだまだ暑い日が続きます。

大学では春セメスターの定期試験を終え、夏期休暇に入りました。

822日(土)は夏のオープンキャンパス(2回目)が行われました。

「体験授業Ⅰ 点滴管理をやってみよう!」には、6名の4年生がボランティアで参加してくれました。

高校生が実習室に入ってくる前の舞台裏を少し紹介します。

 

まずは打ち合わせ・・・

午前中にデモンストレーションの役割や時間配分、高校生の誘導の仕方などを相談します。

Photo

その後、実習室に必要物品を準備します。

今回の体験授業では、実際に使用されている輸液ボトル・輸液セットを用いて、滴下計算や滴下調整にチャレンジするため、実習室は点滴スタンドがたくさん並んでいます。

(輸液ボトルは10月から実習を行なう3年生が練習ついでに準備してくれました!)

Photo_2

昼食後、デモンストレーションの看護師役になった学生は、注射薬の準備や、練習用のモデルへの注射針の穿刺などの看護技術の練習を行います。

4年生は7月に統合実習を終えたばかりなので、戸惑う場面があっても、教員が少し助言するとすぐに勘を取り戻していました(さすが4年生!これまでの努力の賜物ですね)。 

Photo_3

注射器で薬液を吸い上げる場面です。

(患者役)「手がプルプルしてるね(笑)」

(看護師役)「グローブ(手袋)の中、緊張して汗だく(苦笑)」「見ないで・・・(汗)」

Photo_4

(教員)「駆血帯をはずすタイミングはいつだっけ?」

(看護師役)「・・・(ハッ!)」

 

患者役の学生も参加して、セリフを加えながら一連の流れを何度も確認します。

スムーズにできるよう、気がついた点を助言して修正していきます。

Photo_5

Photo_6




















そして、ついに本番です。

14時過ぎ、約40名の高校生が成人看護実習室にやってきました。

教員のオリエンテーションを終えると、あとは4年生の出番です。

 

ナレーションを担当する学生の声に合わせて、看護師役、患者役、ダブルチェックを行なう先輩看護師役の学生が、自分たちの役割をしっかりとこなしています。

Photo_7

高校生の皆さんのキラキラとした視線が集中する中、点滴管理のデモンストレーションを無事に終えることができました。

その後の高校生による点滴体験では、緊張感から解放されたのか、柔らかな表情で高校生に話しかけていました。

 

オープンキャンパスの体験授業は約50分ですが、在学生は「未来の後輩」のために積極的に取り組んでくれました。

教員にとっては4年生が「たくましく成長しているなあ」と喜びを感じられる一日でもありました。

参加してくれた高校生の皆さんが、この4年生の姿を見て看護師への夢を大きく膨らませること、本学への進学を決意してくれることを願っています。

 

 

成人看護学 井上




2015年8月 7日 (金)

8月1日(土) オープンキャンパスを開催しました

8月に入り暑い日が続きますね。
そんな中オープンキャンパスが8月1日の土曜日に行われました。
私の担当した場所にはたくさんの中学生が夏休みを利用して来られ
模擬授業などの体験をしていきました。
その模様は写真のとおりです。

1

2

大学の空気を肌で感じた生徒たちの、
将来の看護師への夢が実現するように祈っています。
文責:篁

2015年4月17日 (金)

2015年春の看護学部の出来事

20153月下旬から4月にかけてあった、看護学部の出来事をお伝えします。

1. 春のオープンキャンパスで二つの体験授業とナビゲーションコースでの学部紹介を行いました。

324日(火)に春のオープンキャンパス開かれ、看護学部では、A:「患者と看護師を感染から守るPPE(personal protective equipment)演習」とB:「赤ちゃんを知ろう!」の2つの体験授業を行いました。

また、全学ナビゲーションコースの看護学部の紹介の中で、ボランティア学生の2年次生が基礎看護学で学修した、「車いす移乗」の技術を披露してくれました。

 体験学習A:「患者と看護師を感染から守るPPE(personal protective equipment)演習

2_3


1

真剣に説明を聞いていただきました!)

5

  (手の消毒)  (うまくできるかな!:ゴーグル・マスクガウンの着脱)

体験学習B:「赤ちゃんを知ろう!」(参加高校生32名)

「生まれてすぐの赤ちゃんには、どのような機能が備わっているのか、想像できますか?」

今回の体験授業では、赤ちゃんの特徴を知り、育児する中で必要なオムツ交換や沐浴(赤ちゃんのお風呂)などを体験していただきました。

7_2

  (オムツ交換してみました)   (上手く抱っこできるかな?)

☆ナビゲーションコース:「看護のお仕事」のお話と「車いす移乗」の見学(参加高校生12名)

 看護学部のナビゲーションコースでは、前半に「看護のお仕事」についてお話を聴いていただき、後半に短時間ですが、基礎看護実習室で、看護学部2年生の「車いす移乗」の様子を見学していただきました。

8

 (モデル役の学生を起こします)    (車いすに移乗します)

 

2. 42日に入学式がありました。

看護学部では、160名の新入生と1名の編入生を、助産学専攻科では、17名の入学者を迎えました。42日(木曜日)の入学式、オリエンテーションや新入生セミナーの後、46日より授業が始りました。また、大学院の看護学研究科では、前期課程に3名と後期課程に4名の入学者を迎えました。


                              

 




2014年8月25日 (月)

8月23日 夏のオープンキャンパス

8月23日(土)に夏のオープンキャンパス(第2弾)が行われました。

当日は不安定な天候でしたが、350名ほど(保護者を含め)の

大勢の方々に参加していただきました。

今回も6つの体験授業を行いました。その様子を一部紹介します。

「小さないのちを守る」

Image007

この体験授業では聖隷三方原病院のNICUを見学した後、大学で模擬授業を行いました。

開始前、担当教員と学生スタッフで打ち合わせをしている様子です。

Image009_2

授業本番、保育器を使っての説明。学生も説明をしましたが、

教員から「上手にできていた」とお褒めの言葉をいただきました。

 

「命の鼓動を再び」

Image005

ここでは、AEDを使用しての心肺蘇生の手順について教員が見本を示した後、

学生が教員とともにデモンストレーションをしている様子です。

緊張感が伝わってきます。

「点滴管理をやってみよう!」

Image001

学生スタッフが看護師役、患者役に分かれて、デモンストレーションを行いました。

Image003_2

その後、学生スタッフに感想を話してもらいました。

看護師役の4年生は、できたことにホッとして笑顔になっていました。
患者役の2年生は、「さすが4年生は上手にできる」と感心していました。


「赤ちゃんを知ろう!」

Image011

こちらは赤ちゃんのおむつ替え、着替えを体験しています。

参加者の皆さん、本物の赤ちゃんにするように、丁寧に真剣に行っていました。

「在学生との懇談」

Image013

体験授業の後、希望者は在学生との懇談をしました。

高校生など参加者の質問に対して、学生スタッフが

一つ一つ丁寧に説明していたことが印象的でした。

高校生にとっては年齢の近い在学生の話を聞くことで、
大学生活がより身近なものになったと思います。

多くの方々のご参加ありがとうございました。
活躍してもらった学生スタッフの皆さん、お疲れ様でした。