2-1.教養基礎領域 Feed

2018年8月10日 (金)

看護学部1年生の授業紹介~健康科学スポーツ実践~

 看護学部の1年生は、教養科目の中から「健康科学スポーツ実践」を選択することができます。担当の教員は、安田智洋准教授です。安田先生はスポーツ医学が専門で、「スポーツを科学する」日本の第一人者です。授業の合間に論文を書いて外国誌に投稿したり、高齢者や研究者を相手にサルコペニア対策の講演をやったり、学生の悩みを聞いたり、毎日大忙しの素敵な先生です。

ところで、この科目は、健康やスポーツに関する実践型の授業です。15回の授業の中には、自分の身体機能を様々な測定を通じて理解したり、体力レベルを把握したり、スポーツ生理学の基礎を経験します。また、この授業では、日本の健康づくり施策(健康日本21)を理解することも目的の一つで、医療に携わる者として必要な「健康づくりとは何か?」「生涯スポーツとは何か?」を学びます。今年度の春セメスターは67名の受講者がいました。

 本日(7月28日)は授業の最終日で、前回の体力測定の結果が説明された後、「みんなでスポーツを楽しむ」をコンセプトに授業が行われました。暑い体育館での授業となりましたが、グループ毎に思い思いのスポーツが始まりました。

Photo_4

担当教員の安田先生から本日の授業の説明を受ける

2

前回の授業で実施した形態・体力測定の結果が説明される(4月にも同じ測定を実施しており、学生は7月の測定に向けた改善点を各々レポート提出していました。果たして、皆さんの3ヶ月間の努力は報われたのでしょうか??)

Photo_2

暑い体育館でも大型の扇風機で快適!かなぁ?

4

へーのーへーのーもーへーじ!と言いながら縄の高さを動かす

5ダブルダッチ!みたいな???縄跳び

6_2安田先生も一緒にバドミントン

7_2授業終了後に学生の質問に対応する安田先生

80分間の授業はあっという間に終わりました。 今日は暑い体育館での授業でしたが、巨大扇風機が6台設置され、学生達はのびのびとスポーツを楽しむことができたようです。一昔前までは「体育」=「根性」でしたが、「スポーツを科学する」安田先生は、非科学的な理論を大学の授業に取り入れるべきではないというお考えです。こういう授業であれば、体育嫌いの学生でもスポーツに馴染みやすくなるのではないかと率直に感じました。

 

 

2018年1月 9日 (火)

1年生の授業紹介(健康科学スポーツ実践)

看護学部の1年生は、選択科目として様々な科目を履修しています。今回のブログでは、教養基礎領域の選択科目である「健康科学スポーツ実践」についてご紹介したいと思います。

 

この科目は、その名の通り、健康やスポーツに関する実践型の授業が特徴です。自分の身体に関する形態や機能について、様々な測定を通じて学修することをモットーとしています。今年度は春・秋セメスターで合計72名の看護学部1年生が受講しております。秋セメスター受講者は、2017年12月に2回目の形態・体力測定を実施しましたが、そのときの様子を撮影しました(1回目の測定は9月に実施しています)。写真には一部の測定しか映っておりませんが、合計10種類以上の測定をしています。

 

9月の測定直後、学生は自分の健康状態や体力レベルの現状を把握し、各自が記録の改善に向けてどのように日々の生活を心がけるか、といったレポートを書いていました。2回目の実施まで約3ヶ月あったのですが、努力の成果はみられたでしょうか? 

 …2回目の結果はまだ分析中となっており、残念ながらまだご紹介できないのですが、全員が楽しみながらも真剣に自分の身体に向き合い、3ヶ月間での成長を実感できるように頑張っていました。

 

1

反復横跳び(手前)の測定(右奥は長座体前屈、左上は上体起こし)

2_3

インボディを利用した体組成測定(筋肉量や脂肪量などの詳細な結果がすぐ分かります)

3

今回の自分の結果にご満悦(?)のポーズ

 

「高校の時の方が体力測定の記録が良かった」「体重だけではなく、筋肉や脂肪にも目を向けないといけないことがわかった」「大学入学後、不規則な生活であったことに気づかされた」などのレポートをよく目にします。学生は勉強などで忙しい毎日を送っていますが、自分の健康にもしっかり目を向け、充実した学生生活を過ごしてほしいと思います。学生の皆さん、将来に向けて基礎体力をしっかり高めておきましょう!

 

(文責:安田 智洋)

 

2014年5月16日 (金)

「新入生を迎えて2014年度が始まりました」

入学式も終わり、新入生は緊張の続く4月から5月の連休を終え、大学生活に馴染んで来ています。上級学生たちは、良く学び良く遊べと大学生活を忙しく過ごしています。

本学では、各学部の専門領域の教育に携わる教員と、三学部の一般基礎教育系の科目を共通科目として担当している教員にほぼ分かれています。

大学での私の仕事は、体育・スポーツの授業、委員会活動、担当アドバイザー学生の指導、研究・研修など多彩です。私の担当している共通科目の授業は、三学部の学生対象に春・秋2学期、実技科目の「スポーツⅠ(ラケット・スポーツ、生涯スポーツ・ゴルフ)」「スポーツⅡ(游泳)」などです。それらの紹介をさせていただきます。

「スポーツⅠ(ラケットスポーツ)」

14 硬式テニスの授業   

2 バトミントン & 卓球の授業

「スポーツⅠ(生涯スポーツ・ゴルフ)」

3_1

4  ゴルフ場でのラウンドプレー

看護学部生を対象の授業は春・秋2学期、演習科目の「健康科学スポーツ実践(運動による生理的反応心拍数計測)」と、秋に開講されている講義科目の「身体活動の科学(健康生活を考る)です。

「健康科学スポーツ実践」

5  グランドゴルフでの心拍数計測授業  

6  硬式テニスでの心拍数計測授業

※ゼッケン着用の学生は、心拍数計測機器着装の被験者です。

「身体活動の科学(運動実践・実習編)」

 

7  バトミントン種目  

8  バスケットボール種目

9

13  フットサル種目

食育編(栄養・調理実習)

11

12

スポーツの要素は遊び、競い合い、自然界への挑戦・克服など多彩な要素からなり、それらを人々は楽しんでいます。そしてスポーツプレーの原則、基本はルール、技術の共通性、マナー、エチケットなどにより言語は通じなくても、理解しあえること、世界の人々と交わる事ができる文化が潜在していることです。これらは音楽、絵画なども同様です。オリンピックがなぜ開催できているのかを考えれば、理解していただけると思います。

以上、私が担当している、本学での大学体育・スポーツ授業の一部を紹介しました。

※画像は、学生たちからの承諾を得ての掲載です。      

尚スポーツⅡ(游泳)の紹介は、画像掲載の関係で省略しました。

2013年12月 9日 (月)

野外調理実習(BBQ)・親睦会「楽しんでいま~す」

学生生活における楽しいひと時です。

看護学部生は、卒業時の国家試験に備え学習、実習などの多忙な中、仲間で集い英気を養っています。

「良く学び」そして「遊べ」

場所は、浜名湖弁天島「渚園」へ行きました。

22_2

21

作る男性? 食べる女性?

メニューは?

23

24

25

26

良く食べ、良く喋り、満足・満腹!!