2021年7月27日 (火)

統合実習(在宅看護学領域)学内発表会

在宅看護学領域を選択した4年次生11名が、統合実習を実施しました。

統合実習は、4年次生最後の実習として学生が希望した領域で実習をします。

 

浜松市リハビリテーション病院4名、北斗わかば病院4名、訪問看護ステーション(住吉1名、高丘1名、三方原1名)に分かれて実習をしました。

 

◆病院から在宅移行への退院支援について考えたグループ

◆退院後の独居生活への介護体制を考えたグループ

訪問看護ステーションでは、介護者の方に、家族介護についてお話をお伺いし、スタッフカンファレンスで学生の学びを発表する機会をいただき、スタッフさんからご意見をいただくという経験もできました。

ALSの方に活用していただく文字盤も作成しました。

Image23

Image4

Image5

下の写真は、この統合実習について学生から教員も評価を得ているところです。

教員の関わりは熱意があったのか、わかりやすい説明であったのか等々、

学生はスマホを使用して入力しています(匿名です)。

 

Image6

地域の皆様、本学学生の実習をお受けくださいましてありがとうございました。

学生の皆さん、卒業めざして秋セメスターも頑張りましょう。

 

文責 在宅看護学領域 山村

 

2021年7月15日 (木)

大学院看護学研究科公開講座を対面と遠隔を併用して開催しました。

2021年7月10日(土)、看護学研究科の公開講座を開催しました。

 

看護学研究科の公開講座は、4年連続して開催をしています。2021年度、2020年度と同様にCOVID-19 の感染がなかなか収束しない現状がありますが、感染対策を徹底して対面と遠隔を併用した開催としました。

 

臨地で看護研究に取り組もうとされる看護職の皆様には、「看護研究を進めたいがハードルが高い・・」と感じてみえるかたが多いのではないでしょうか。公開講座では看護研究に取り組むための一歩として、「看護研究の基礎」に重点をおき開講しています。

 

 

内容

講師

第1回

看護研究と研究の発展

–計画書作成から研究への取り組み-

市江和子

第2回

量的研究の進め方と調査票の作成

佐久間佐織

第3回

文献検索と文献の読み方

酒井昌子

第4回

学会発表のプレゼンテーションスキル

大山末美

 

 

 

会場の受付です。

Image1受付担当の炭谷正太郎先生です。

 

第1回 看護研究と研究計画書の作成Image2

第2回 量的研究の進め方と調査票の作成
Image3 

第3回 文献検索と文献の読み方Image4


第4回 学会発表のプレゼンテーションスキルImage5

遠隔(Zoom)での実施は、大学から離れた地域の看護職の視聴が可能で、開催方法として幅広い対象の皆様のご参加できるよい機会になっていると感じています。

大学院看護学研究科に興味のある皆様は、こちらをご覧ください。

 

次回は、「大学院進学にむけた看護職キャリア支援講座」を2021年11月27日(土)から開催します。興味のある方は、こちらをご覧ください。

以下よりお申し込みいただけます。

大学院進学にむけた看護職キャリア支援講座お申し込み

 

大学院進学にむけた看護職キャリア支援講座

 

内容

講師

第1回

看護研究と計画書の作成

市江和子

第2回

看護研究における文献検討

酒井昌子

第3回

看護研究と看護倫理

大石ふみ子

第4回

抄録作成と学会発表

大山末美

第5・6・7回

研究に関する個人ワーク(研究計画書の具体的作成等について)

希望領域の教員と日程を調整します。

 

 

文責 看護学研究科 市江和子

 

「成人看護援助論演習」看護技術演習を行いました。

看護学部3年次生「成人看護援助論演習」の看護技術演習を行いましたのでご紹介します。この演習では「輸液管理」「心電図モニター」「輸液ポンプ」「シリンジポンプ」の技術について学修しました。

 

ここは輸液管理ブースです。こちらでは、輸液を行う患者さんの観察点や状況設定場面における観察のポイントを話し合い、輸液の滴下速度の調整について、処方箋を基に実施しました。Image1

こちらは、心電図モニターのブースです。心電図モニターの装着目的やアラーム設定の必要性などを理解し、心電図波形について学修しました。モニター装着体験を一部実施しました。

Image2Image3

こちらは、輸液ポンプ、シリンジポンプのブースです。臨床現場でよく使用されるME機器として、輸液ポンプ・シリンジポンプの目的と適応、使用時のリスクを理解し、操作方法を確認後、実際に操作をしてみました。Image4

久しぶりにユニフォームを着て演習に取り組む学生さんの様子が新鮮でした。秋から始まる領域別実習に向け、知識・技術を習得し、準備を整えていってほしいと思います。

(写真の撮影および掲載については、学生さんの承諾をいただきました。)

文責 成人看護学領域 乾 友紀

2021年7月14日 (水)

統合実習(母性看護学領域)で、「孫育てセミナー」に参加しました

7月3日(土)、浜松市北区引佐町にある引佐多目的研修センターで開催された「孫育てセミナー」に統合実習の4年次生4名がスタッフとして、受付や絵本の紹介、本音トークに参加しました。

朝から雨模様でしたが、移動する時間帯には晴れ間がのぞき、お子さん連れのママ達が参加しやすいように天も優しさを発揮していました。当日は、ママ世代、シニア世代共に3名ずつの参加がみられ、総勢14名というアットホームな雰囲気の中で実施されました。 

 

引佐の孫育てセミナーは、子育て支援ひろば事業の一環としておこわれており、パパ・ママと一緒に子育てをしてくださるシニア世代の方を応援し、今年で10年になります。  

セミナーの内容は参加者のニーズに合わせて少しずつ変化していますが、子育て中のママ・パパ達への関わり方、今の子育てとシニア世代がおこなってきた子育てとの違い(育児の世代間ギャップ)等、今どきの子育てに関わる新しい情報をシニア世代に提供しています。

特にセミナー後半に参加者全員で行う“本音トーク”は “聴きたいことが聴ける”とママ世代からもシニア世代からも好評を得ています。

1_4

2_3

“ミニ講座”:助産師から、産後のママ達の心身の変化や両世代から「よくある質問」についてのお話を聴いています。 また、言語聴覚士の「豊かな心を育むためにお子さん(お孫さん)にはいっぱい話しかけてくださいね」という言葉に力強くうなずいて、応えていました。

3_3

読み聞かせ絵本の紹介です。(学生担当)

学生の「かえるさんが・・・・ぴよ~ん」の声に合わせ、ママとお子さんも一緒になって「ぴよ~ん!」 (みんな真剣に聴いて、一緒になって声を出しています。)

4_3

本音トーク💛 みんなで話そう!

普段、聴けないことをお互いに質問したり、答えたり・・・。いろいろ聴いちゃおう・話しちゃおう!

 

・手作りのお惣菜はもらって嬉しいもの?

・お孫ちゃんのために何かしてあげたいけれど、何をしてあげたらママは嬉しい? 

・コロナで帰省できないと思うけれど、じいじ・ばあばにはどうやって連絡している? 

・写真や動画は送ってる? 顔を見たいから、「写真を送って」って、言ってもいい? 等・・・。

お嫁さんの立場、娘としての立場、実母、義母の立場でそれぞれ本音を語り合い、あっという間に2時間が過ぎていきました。 

コミュニケーションを良く取って、お互いの思いを知ることが大切で、子育てはいろいろな人達の協力があってのことだということ等、多くのことが学べました。

(写真の撮影と使用については参加者の方の承諾を得て掲載させていただきました)

文責:母性看護学 神﨑江利子

2021年7月 8日 (木)

聖隷クリストファー大学の精神について問いかけます 2 聖隷クリストファー大学看護学部に入ったときのゴールはどこですか? -看護は目的か?愛の手段か?-

みなさんこんにちは。みなさんが高校生の場合、このブログをご覧になっている、ということは将来的には看護学部や看護専門学校を視野に入れているのかと思われます。

さて我が聖隷クリストファー大学ができた当時は、日本で本学含め看護学部は12しかありませんでした。それが今や270を超えています。専門学校を入れたらもっと多いですよね。

それでは、今270もある看護学部と本学部では何が違うのでしょうか。本学の看護学部に入ったときの最終目的地はどこなのでしょうか?前回のブログ記事では、ケア者としての成長プロセスを挙げて「苦しみながらも自分の弱さを自覚し、受け入れて階段を下りていく作業を「愛」と言う」と説明しました。

それでは聖隷クリストファー大学は「愛」を勉強して「看護師になること」でしょうか。つまり看護が目的・ゴールでしょうか。それとも「看護」を学んで「愛するという人生を実践すること」でしょうか。つまり愛が目的・ゴールでしょうか。

どちらをめざすかは、2番目に説明した実生活の中で愛することを実践できる。これが本学の目的です。看護は愛を表現・実践するための手段です。自分という弱い人間、奇しくも病気を患い弱くなってしまった人と同じ地平に立つ(愛)ために看護を用いるのです。

 

Image1

本学には看護学部・社会福祉学部・リハビリテーション学部とありますが、人間を愛する具体的手段には看護という方法もあるし、社会福祉という方法もあるし、リハビリテーションという方法もある。という意味です。

これまで、「愛」という用語を使ったように本学は、キリスト教精神に基づいた大学です。しかし、これはキリスト教を強制するものではありませんし、著者もクリスチャンではありません。むしろ、宗教の多様性を学ぶということは、人間の多様性を知るという意味において看護の素養につながるものです。簡単に言えば、自分の理解が及ばない、いろんな生き方・考え方(これを異文化といいます)があっていいのだ、という人間の寛容が高まります。

 

精神看護学 清水隆裕

2021年6月30日 (水)

共通科目 キャリアデザイン:看護学部でグループワーク発表を行いました。

本学では3学部共通科目として「キャリアデザイン」を開講しています。

 

看護学部の授業では、第8回の授業が発表会になりました。

2021年6月30日(水)の授業では、キャリアデザイン第8回「キャリア・キャリアデザイン」を考えるグループワークを行いました。

 

Image1

Image2各教室に4グループ編成をして、さらに小グループ5つに別れ、発表会を行いました。

Image3

Image4

Image5

Image6


各グループの発表は「キャリアデザインとは、を考える」「キャリアデザインを通して」「なりたい自分になるための一歩」など、それぞれグループが独自性のあるテーマを決めて発表しました。発表、意見交換ともに学生さんたちは集中して取り組めていました。

 

看護学生時代から、看護の専門分野を考える必要性や大学院の高度実践専門看護師(CNS)についての発表があり、学生さんたちのキャリアデザインを考える姿勢が伝わりました。

 

ぜひ、卒業後のキャリアの中に、大学院看護学研究科を視野に入れてほしいと感じました。 

Image7

(写真の撮影と使用については学生の承諾を得て掲載させていただきました)

文責 看護学部 市江和子

2021年6月29日 (火)

慢性看護学実習に取り組んでいます

本学部では、3年次生の秋から4年次生の夏にかけて、学生さんたちがローテーションしながら看護学の領域別の実習に取り組んでいます。

そのひとつである慢性看護学実習では、長期にわたり病気と共に生きる人々のセルフマネジメント支援に着目した看護過程の展開を通して、看護実践能力を養っていきます。

感染対策を講じながらの実習は緊張感がありますが、学生さんたちは、受け持ちさせていただく患者さんとの関わりを通して、病気と共に生きるとはどういうことなのか、どのような援助が生活の質(QOL)に繋がるのかを思考しながら、慢性看護の真髄を深めることができています。

病棟実習後も、学生さんたちは、翌日の実習で必要となる技術演習を行い、患者さんに少しでも安全でより良い援助ができるよう、皆頑張っています。

 Image1(写真の撮影と使用については学生の皆様の承諾を得て掲載させていただきました)

文責 成人看護学 天野 薫

2021年6月25日 (金)

共通科目 キャリアデザイン:看護学部でグループワークを行いました。

本学では3学部共通科目として「キャリアデザイン」を開講しています。科目の位置づけは、「看護専門分野や諸学の学識を用いて課題を探求し、多面的に考察することができる」で、3年生の春セメスターの授業です。

 

看護学部の授業では、第1回から第4回が、「オリエンテーション、キャリアデザイン・社会人基礎力とは何か」「社会人基礎力を身につける(1)看護専門職としてのマナー」「社会人基礎力を身につける(2)チームで働く力」「看護専門職の多様なキャリアコース」です。

 

この内容をふまえ、第5回「先輩看護専門職者のキャリアデザイン:助産師としてのキャリア形成」、第6回「先輩看護専門職者のキャリアデザイン:高度実践専門看護師(CNS)としてのキャリア形成)について、外部講師の先輩専門職にそれぞれがキャリアデザインを語っていただいています。

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって、グループ―クの授業には制限がありますが、感染対策をして、今年度はグループワークと発表会を行います。

 

2021年6月23日(水)は、キャリアデザインの第7回「キャリア・キャリアデザイン」を考える(グループワーク)を行いました。Image1_3

各教室に別れて、小グループになって、グループワークをしています。それぞれ、「社会人基礎力を身につけるために何をしたらよいか」「キャリアを積み上げるために学生時代に行う必要なこと」について、真剣に話し合っています。

 

Image2_3

Image3_4

Image4

Image5_8

Image6

(写真の撮影と使用については学生の承諾を得て掲載させていただきました)

文責 看護学部 市江和子

 

2021年6月24日 (木)

小児看護学領域:聖隷おおぞら療育センターの実習

看護学部 小児看護学領域では、病棟実習に医療型障害児入所施設の聖隷三方原病院 聖隷おおぞら療育センターでの実習を行っています。

 

施設の特徴としては、障がいを持ちながら自力移動できる子どもから、寝たきりで人工呼吸器管理などの医療的ケアの必要な子どもまで、生活様式の異なるさまざまな方が入所されています。学校に通う代わりに先生が施設まで来て教えてくれる、訪問学級を受けている子どももいます。

                                     

学生たちは、障がいのある子どもたちへの援助に緊張をしつつ、対象理解を深めていきます。ケアの実施、見学に関わらず、担当の子どもに行われているケアについては、基本の手順を必ず自己学習しておくことが求められます。

 

学生さん一人ひとりの必要物品です。Image1_2

母子看護実習室(小児側)に集合して、オリエンテーションです。

Image2_2

Image3_3

学内における実習オリエンテーションでは、医療的ケアに関する説明の時間を設定しています。ケア時の注意点として、気管カニューレや経管栄養チューブは抜けないように気を付ける必要があります。

Photo_5




1
学生さんたちは、実習に向けての事前学修を進めています。

(写真の撮影と使用については学生の承諾を得て掲載させていただきました)

文責 小児看護学 市江和子

 

2021年6月 8日 (火)

「成人看護援助論演習」協働学修 ポスターツアーを行いました。

看護学部3年次生の演習科目「成人看護援助論演習」では、事例を活用した看護過程の展開を学修しています。この演習では、学生同士が互いに学び合う協働学修の方法を取り入れています。前年度は遠隔授業となってしまいましたが、今年度は感染予防対策を取りながら、対面による学びを深めています。5月の第5・6回、6月の第8・9回はポスターツアーを行いました。その実際をご紹介します。

この授業は履修生を6つのグループに分けて学修を進めています。そのうち、3グループは急性期看護学、3グループは慢性看護学の事例患者を分析しています。さらに、グループごとにも6つに分かれ、担当する課題内容をポスターにまとめました。

Image1

その後、ツアーチームを作り、チームごとに各ポスターを回って各々がポスターにまとめた内容についてプレゼンテーションを行いました。

Image2_2

Image3_3


考えたことをまとめて発表するのはなかなか難しいようで、最初は皆さん緊張した面持ちでしたが、発表を重ねるごとに少しずつ場の空気にも慣れ、活発な質問が出だし、意見交換を行うことができました。 

Image4

Image5

それぞれが発表の中で得られた意見や質問を通して、最終的にポスター内容を修正し、まとめていきました。皆さん、お疲れさまでした。

これからも学び合いによって相乗効果が得られ、良い学修成果が得られることを期待しています。

(写真の撮影および掲載については、学生さんの承諾をいただきました。)

     文責 成人看護学領域 乾 友紀