5-2.学生の課外活動 Feed

2020年3月 4日 (水)

浜松市との地域連携事業、開催しました!

2月22日に浜松市南部協働センターにて、本学看護学部3年生16名が浜松市との地域連携事業を開催しました。

「おにいちゃん、おねえちゃんになるための赤ちゃんのお世話講座」ということで、これから出産予定のご家族の皆さんや上のお子さんの学びを希望されるご家族の皆さんを対象に、学生が講師となって、赤ちゃんのお風呂(沐浴)などを実施しました。

当日は20名もの方が参加してくださり、1歳未満の乳児から、おばあちゃままで幅広い年齢層の方が興味をもってくださいました。

学生から、生まれて1か月頃までの赤ちゃんの特徴やお腹の中の赤ちゃんの様子を聞いたり、新生児人形の抱っこやおむつ交換、お風呂(沐浴)を体験したりしてもらいました。さらにお父さん方には、妊婦体験も実施していただきました。

受講者の方から「小学校で命の授業がされていて、子どもたちも命に興味をもってくれている時期に、実際の看護学生さんから、命について学んだり、自分が赤ちゃんだった頃にしてもらったお世話を体験したりする機会があって、子どもたちも刺激をいっぱいもらったようでよかったです」という感想が聞かれました。

学生たちは、当日だけではなく、事前の準備・運営等、本当によく頑張ってくれ、今まで学んだ母性看護学の知識をしっかり統合できたからこそ、受講者の方に満足していただける結果につながったことだと思います。よく頑張りました。この経験がきっと自信となり、将来看護師になった際の大きな力になることでしょう。

この様子は、当日、SBSテレビのニュースとして15時と18時台に放映されました。

1image1_2

1image2

1image3

1image4

Image5_2

Image6

Image7

*なお、全ての方に写真掲載の承諾をいただいております。

 

母性看護学 黒野、神﨑、村松、室加

2019年11月11日 (月)

北海道北翔大学FDサミットに参加してきました!

FD(Faculty Development)とは授業内容・方法を改善し向上させるための組織的な取り組みという意味です。本学では、学生が大学での学びの主体者として、本学の教育活動の改善・向上に積極的に参画し、教育環境の改善や授業の内容および質の向上に対して、様々な意見を取り入れていく活動団体として「学生FDスタッフ」が活躍をしています。

今回、北海道の北翔大学を会場に、全国の大学が集まり、FD活動についての報告研修会が開催されたので、本学の活動を報告するために、参加をしてきました。

 

〇参加日程:2019年8月27日~28日

〇開催場所:北海道 北翔大学

〇参加者数:大学(大学院を除く) 43校 、短期大学 3校

(教員32名、職員17名、学生170名、大学院生2名、その他8名、主催校6名) 

合計253名

〇スケジュール:

 一日目/ ポスターセッション、情報交換会

 二日目/ しゃべり場、グループ発表

 

「ポスターセッション」

ポスターセッションは、各大学の紹介に加え、自分の大学の特色やFD活動について紹介を行いました。時間内に全ての大学をまわり切るのは難しかったですが、ポスターで分からないことや興味に思った事を、直接学生同士で質問しあうことができ、より詳しい情報を得ることができました。実際に、学生とコミュニケーションをとることでその大学のカラーや特色、熱意を知る機会にもなりました。

私たちは今回、他校の大学で行っているFD活動や今、本校の抱えている問題を解決するための情報収集を行ってきました。本校の問題としては学生に対する認知度の低さと、それによる集客率の低さがあげられます。

まず一つ目に認知度では、他大学ではFD委員自体の歴史が深いところが目立って高いように思われました。それも単に、できてからの期間が長いというだけでなく教師陣や学生からの信頼関係などが構築されているように思われました。これは、教師や学生の意見を反映してきたことが大きな要因のように思われました。

二つ目に集客では、他大学でも苦労をしているところが多いという印象を受けました。まず、一番効果的だと感じたのは、大きな規模で開催していた「食事会」です。参加者の費用は無料で開催日は、FD委員会が持つ予算から出していました。FD委員の多くはこの時に、学生スタッフの勧誘を行うと言っていました。他にも、入学者全員にFD委員のSNSに事前に登録をしてもらうというものもありました。このように、学生が活用しやすいツールを取り入れていくことは、私達にもできる活動の一つだと感じました。以上のことから今ある問題解決には、長い時間をかけることが必要ではありますが、多くの方法を知ることができ、今後に活かしていきたいと思いました。

Image1_3 

(感想) 

私は、一般の学生と本校のような専門技術を学ぶ学校では違いが多く驚きました。他大学では、学生の履修する授業や活動の幅の自由度が高く、自分が選択した学習であるからこそ、その中で感じることや学ぶことも多いと語っていました。また、自己選択であるがゆえに、学生の学びへの姿勢には大きな差がありそれらを問題視する声も多かったです。

本学のように専門職を育てる大学では、学ぶことがほとんど決まっているだけに自由度こそ少ないですが、学ぶための環境は整えやすいように感じました。

 これらのことから、各大学にはそれぞれのカラーや特色がありそれらを理解することがこれからのFD活動に必要なのだと感じました。

 

「情報交換会」

食事をしながら他校の学生とコミュニケーションをとる場でした。かしこまった場ではなく、フランクな場で各個人の友好関係の構築など自由に時間を過ごしました。

 

(感想)

食事会ではみんなで食事を楽しみながら他大学との交流をすることができた。また、ポスターセッションで聞けなかったことを聞いたり、普段の学校生活について情報交換をしたりしました。食事をしながらの交流だったので気軽に交流することができました。

 

「しゃべり場」

今回のテーマである「大学はつまらない」についてグループに分かれ、ディスカッションを行い、その場で出た意見を全体会で発表をしました。今回はとてもインパクトの強いテーマ(題材)であるため、学生の意見も様々なものが交わされていました。

 

(感想)

活発に意見を交わす場は大学の授業でもあまり機会がないことなので、とても新鮮でした。自分が思っている意見を相手に伝え、それらをより深めるためには、伝え方に多くの工夫が必要であることを学びました。今後、本校でも今回おこなった「しゃべり場」のような活動をしていきたいです。

 

「今後のFD活動」

今回のFDサミットではとても多くのものを学ぶことができました。今年度からすぐに取り入れていくことは難しいかもしれませんが、来年度から始められそうな活動もあったため、それらの準備をする必要があると感じました。

また、ポスターセッションを通して本校でのFD活動の問題点や改善点が浮き彫りになったので、まずは現在行っている活動から見直していく必要があると思いました。

Image2_3

2018年4月 4日 (水)

学生レポート:春休みもあと少し

桜は見頃を迎え、暖かく過ごしやすい気温になってきました。 Photo_9

私は約2ヶ月の春休みに福岡に住んでいる祖父母の家に遊びに行ったり、友達と旅行に行ったり、県外の大学に行っている友達と久しぶりに会ったりと、充実した時間を過ごしました。 

大学はもうすぐ新入生を迎えます。新入生セミナーでは4月3日に学校紹介・キャンパスツアー、6日には運動会が行われます。

新入生セミナーでの私の担当はクリストページの作成です。4月に入学する新1年生がよりよい大学生生活を送ることができるように心を込めて一つ一つ作っていきたいと思います。

たくさんのメンバーが新入生セミナーのために時間をかけて準備をしてきたので、絶対に成功させたいです!!Photo_3

Photo_4
新2年生は5月からは実習が始まります。気を引き締めて4月を迎え、5月からの実習に向けて準備をしていきたいと思います! 

ブログ担当:りほ

2018年1月26日 (金)

学生レポート:2018年がスタートしました

2018年が始まって早くも三週間が経ちました。寒い日々が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

Photo_2

私は年が明けて早々に体調を崩してインフルエンザになってしまい、最初の一週間をベッドで過ごすことになり、あまり良いスタートを切ることができませんでした。年末年始をバイト漬けにしてしまった疲れが出たのでしょうか…。働きすぎはいけないと反省しました。

 

私たちは今、定期試験の最中です。年末年始の二週間で、たくさん勉強した方も多いだろうと思います。今回は実技試験もあり、セルフトレーニングも大変でした。

春セメスターではあまり良い成績をとることができなかったので、その反省を生かし、春以上に良い成績をとりたいです。今まで自分が学んできたことを発揮できるように残り僅かな時間も有効に使い、きちんと結果を残したいです。

Photo_3

体調には十分気を付けて、残りの日々も頑張っていきたいと思います。

 

ブログ作成:ゆめの

2018年1月19日 (金)

クラブ・サークル紹介

聖隷クリストファー大学のクラブ・サークルの数はスポーツ系11、ダンス3、ボランティア7、音楽5、文化系10、教育・学習1の合計37あり、それぞれが特色ある活動を続けています。その中で、看護学部の学生は26団体に所属し、活発な学生生活を送っています。今回は、看護学部の学生が所属する注目のサークルを2つご紹介します。

☆ハンドベルサークル

 聖隷クリストファー大学の顔として、学内・学外で積極的な演奏活動を行っているのが“ハンドベルリンガーズ”です。本年度も大学の聖灯祭(学園祭)、クリスマスツリー点灯式、クリスマス礼拝などの学校行事で演奏したほか、ホスピス、遠鉄百貨店、グランドエクシブ浜名湖などの各種の施設やイベントでのボランティア演奏は好評を博しました。現在の部員数は7名ですが、「天使の歌声」ともいわれるハンドベルの魅力を地域の皆さんに伝えていきたい一心で活動を続けています。目下、サークル員募集中です。未経験者でも大歓迎です。Photo_2

Handbel.mp4をダウンロード

☆Ping-Pongサークル

Ping-Pongは、卓球が大好きな1年生が集まって2016年に作った設立間もないサークルです。現在の部員数は7名ですが、個々のレベルにあった練習を取り入れながら、無理せず楽しく健康的な活動を続けています。もちろん、試合やラリーもできるような技術向上も目指しています。聖灯祭では出店するなど、メンバー同士の連携はとてもよく、今後の活動が期待できるサークルです。現在、サークル員募集中とのことです。週に一度、Ping-Pongで体を動かしてみませんか!

Photo

2017年12月28日 (木)

学生レポート:今年がもうすぐ終わります。

クリスマスが終わり、今年ももうすぐ終わりですね。

今年のクリスマスは、24日に家族全員揃うことができませんでしたので、前日に集まってお祝いしました。

姉が作ってくれたケーキを食べ、映画を見て、楽しみました。

Photo

今年の大みそかは、皆さんどのように過ごされますか?

わたしは毎年家族そろって紅白歌合戦を見るのが恒例となっています。

今年はわたしの知っている出演者が少なくすこし残念ですが、今まで聴いた事がない曲を聴くのも一興かなと思い、楽しみにしています。

Photo_2

今は年賀状作りに精を出しています。

メールで済ますこともできますが、やはり年賀状で祝いを伝えたいと思います。

 

今年最後まで楽しみ、また来年に向けて頑張っていこうと思います。

くじけず、めげずに突き進み、自分の夢に一歩でも近づけるよう頑張ります。

 

ブログ担当:夢月

2017年12月22日 (金)

アドバイザー自主的活動の模様

12月を迎えクリスマスアドヴェントの季節です。学生さんたちと一緒にオーナメントづくりに挑戦してみました。もみの枝にサンタや松ぼっくりを取り付けようとするんですが・・・。 Photo_5クッキーとあったかい紅茶を飲みながらまったりとした雰囲気の中、日ごろの学生生活の話題でびっくりするやら笑えることやら楽しいひと時でした。Photo_6

Photo_7できた作品の一例です。うーーん、クリスマスというよりか正月飾りという感じですかね?(笑)

2017年12月18日 (月)

学生レポート:クリスマスムードに

12月になり、家に帰る途中にも様々なイルミネーションを目にするようになりました。

すごく鮮やかできれいで光は、つい写真に撮りたくなってしまいます。

先日、大学にもクリスマスツリー・クリスマスクランツ・リリーフなどが飾られ、学内がクリスマスモードになりました。

大学では今月クリスマスツリー点火祭やクリスマス礼拝などのイベントがあります。

13日のクリスマスツリー点火祭ではクリスマスツリーがまた一段と鮮やかになりました。

Photo_5

自分の家にも小さいクリスマスツリーを飾りました。鮮やかな色の電球の光が

Photo_9

夜を色づけていてきれいです。(右下の写真)

皆さんの家はどのような飾りつけをされていますか?

そして、クリスマスに向けて何かおこなっていらっしゃいますか?

クリスマスといえばクリスマスケーキを食べたり、プレゼントを期待してしまいます。早く24日にならないかと思ってしまいます。

あと半月、楽しみで気持ちが浮足立ってしまいますが、その時までにやるべきことはしっかりと行い、24日ゆっくりできるように予定をたて実行していこうと考えています。

Photo_10

ブログ担当:夢月

2017年9月26日 (火)

学生レポート:秋セメスターに向けて

夏休みが終わり、これから秋セメスターが始まります。

春セメスターを振り返ってどのように過ごすべきか考え行動していこうと思います。

ガイダンスを受け、「あぁ、もう夏休み終わりなんだな」と実感し、これから講義が始まるんだなと気が引き締まる思いでした。

Photo

履修登録単位数の上限ぎりぎりまで履修しようと考えていますが、上限である25単位から必修科目を引くと選択科目が限られたものしか履修することができません。受けたいと思ったものすべてを履修することができないため、頭の中で何度も計算し、上限を超えないよう気を付けました。たくさんの科目があり、どの科目を履修するか迷いますが、今後の自分にためになるものを選び、勉強したいと考えています。

履修する科目を決めたら、講義に必要な指定図書を買いに行きました。1冊1冊が厚く重かったです。これを毎回持ち帰りするのは大変だと思いました。

Photo_2

夏休みの間、だらけてしまっていた生活を正し、単位を落とさないよう気を付け、しっかりと気を引き締めて頑張ろうと思います。

 

ブログ担当:夢月

2017年9月 1日 (金)

学生レポート:夏季休暇

残暑厳しき折ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

私たち1年次生とって初めての大学生としての夏季休暇も半分が過ぎました。

友人と出かけたり、アルバイトに勤しんだり、勉学に励んだりと皆思い思いの夏を送っています。

先日は、友人と大学近隣のお店に昼食を食べに行きました。入学当時よりも仲が深まり、一緒に過ごせる時間をとても楽しく感じています。

4年間を共にする仲間として、これからも多くのことを一緒に経験していきたいです。

1

さて、9月に入るにつき、そろそろ秋セメスターについて考えることが多くなってきました。

次セメスターからは座学に加え、実習や技術演習が始まります。実際に病院に足を運んだり、看護の技術を学んだりするのだと思うと、不安や期待の気持ちでいっぱいです。

Photo

まだまだ暑い日が続いていますが、秋セメスターも集中して勉学に励むべく、今から健康面にも十分気を付けて、残りの夏季休暇も充実させていきたいと思います。

 

 ブログ作成:みのむし