1-2.大学のイベント Feed

2018年11月14日 (水)

助産学専攻科学生 in 水窪

11_2

 

12

13

14

15

2018年11月 5日 (月)

看護学部教員有志が模擬店を出店しました。

 11月3日(土)の聖灯祭(学園祭)で、看護学部教員有志が模擬店「カフェ&チャリティバザー: まったりほんぽ」を出店しました。今年で6年目となる「まったりほんぽ」は聖灯祭でも人気の模擬店です。店内ではカフェで軽食をとりながら、ゆっくりとバザーも楽しむことができます。バザー品は教員らの協力で百数十点も集まりました。

「まったりほんぽ」代表者の氏原先生(成人看護学領域)は「多くの卒業生、在校生、保護者の方々、地域の方々に楽しんでいただけるように教員有志一同頑張りたい。」とカフェ&チャリティーバザー成功への意気込みを語ってくれました。また、今年度は看護学部の学生達が手伝いに参加してくれ、在学生と教員との親睦も深めることができました。

1_9

なお、今年の模擬店での売上金は、インド・ブラジル「聖隷希望の家」に寄付されるとのことです。

 

                   模擬店「まったりほんぽ」の案内板とのぼり

2_2

              カフェ店内の受付

Photo  

      カフェ店一押しの生搾り“三ヶ日みかんジュース”

Photo_2

      聖隷クリストファー大学のロゴ入りパンケーキセット

5

          まったりほんぽ Cafeのメニュー

6

          バザー開始前の教員と学生たち

7

               バザー風景

2018年9月25日 (火)

卒業式が行われました。

1_4 9月19日、爽やかな秋晴れの下、卒業式・修了式が挙行され、学部生5名(看護学部4名、リハビリテーション学部生1名)が卒業、大学院生3名が修了となりました。学長より卒業証書・学位記、修了証書・学位記がそれぞれ授与され、その後、学長が医療従事者としての心得に関する祝辞を述べられました。最後に、参列者から卒業生・修了生へ盛大な拍手が送られ、閉会しました。

 

Photo

2018年9月21日 (金)

アドバイザー懇談を実施しました。

 9月20日(木)秋セメスターが開始し、看護学部ではオリエンテーションの後、 アドバイザー懇談会を実施しました。

 夏休みの生活の振り返りとともに、秋セメスター開始にあたっての留意事項、交通事故予防の啓発など、各担当アドバイザーから説明がなされました。

Photo_2

Photo_3

 体調は「絶好調だ」と答える学生が多く、夏休み明け、久々に会った友人たちと笑顔で話し合う姿が見られました。3年生は後期から領域実習が始まります。体調を整えて頑張っていってほしいですね。               看護学部:津田

2018年8月27日 (月)

2018年度看護学部奨励表彰者の発表  おめでとうございます!

 8月21日(火)にオークラアクトシティホテルにおいて行われた2018年度聖隷学園教職員夏期研修会において、2018年度奨励表彰者および永年勤続表彰者の表彰が行われました。  

12_3

看護学部の奨励表彰者は、仲村秀子先生です。

仲村先生は、公衆衛生看護学領域に22年在籍し、現在もグローバル教育推進センター運営会議のリーダーとしてご活躍されています。

看護学部の永年勤続表彰の先生方はご覧の通りです。

【30年勤続】藤本栄子先生

【20年勤続】野崎玲子先生 

      仲村秀子先生

【10年勤続】市江和子先生 

      井上菜穂美先生

      炭谷正太郎先生

   おめでとうございます!!

 



☆彡仲村先生のコメント

この度は、栄えある賞を、ありがとうございます。

20年間、勤務できたのは、ひとえに、良き上司・良き同僚に恵まれたお陰です。

また、国際交流活動を高く評価していただきましたが、私は交流委員の一人に過ぎません。

国際交流は、グローバル教育推進センターの職員の皆さんと

運営会議メンバーで行っております。

これらの活動が認められたのだと私は思っております。

これからも、今まで通り、チーム力を発揮して、楽しく、仕事をしてまいります。

今後とも、よろしくお願いいたします。



2018年4月13日 (金)

【看護学部】2018年度入学式を行いました。

2018年4月5日(木)、午後2時30分より、2018年度聖隷クリストファー大学入学式がアクトシティ浜松中ホールで行われました。今年度の看護学部には、174名の新入生が入学しました。入学式に参加した入学生は今日から始まる学生生活の期待を胸に、少々緊張した面持ちで式に臨んでいました。

Photo1

式では、新入生代表が、入学生のことばを述べました。「聖隷クリストファー大学の新入生として入学式を迎えられることを大変嬉しく思います。私達がこれから学んでいくものは、命にさえ関わることがある分野であり、学べることに大きな喜びがあると同時に、今まで経験したことのない厳しさを味わうことがあるかもしれません。その中で、相手を尊重し心から寄り添うことのできる看護師となれるよう、励んでいきたいと思います。自分の可能性を信じ、共に学びあう仲間と協力し支え合い、目標に向かって進んでいきます。」と力強い決意を述べました。

 

入学式に先立ち、午前中は、オークラアクトシティホテル浜松において、新入生の保護者ガイダンスが行われました。藤本栄子学部長の挨拶に引き続き、教務・実習関連、国際交流関連の説明があり、最後に、学生生活におけるキャンパスルールの説明と学部教員の紹介が行われました。

Photo2保護者ガイダンス

Photo3

教員紹介

2017年12月18日 (月)

学生レポート:クリスマスムードに

12月になり、家に帰る途中にも様々なイルミネーションを目にするようになりました。

すごく鮮やかできれいで光は、つい写真に撮りたくなってしまいます。

先日、大学にもクリスマスツリー・クリスマスクランツ・リリーフなどが飾られ、学内がクリスマスモードになりました。

大学では今月クリスマスツリー点火祭やクリスマス礼拝などのイベントがあります。

13日のクリスマスツリー点火祭ではクリスマスツリーがまた一段と鮮やかになりました。

Photo_5

自分の家にも小さいクリスマスツリーを飾りました。鮮やかな色の電球の光が

Photo_9

夜を色づけていてきれいです。(右下の写真)

皆さんの家はどのような飾りつけをされていますか?

そして、クリスマスに向けて何かおこなっていらっしゃいますか?

クリスマスといえばクリスマスケーキを食べたり、プレゼントを期待してしまいます。早く24日にならないかと思ってしまいます。

あと半月、楽しみで気持ちが浮足立ってしまいますが、その時までにやるべきことはしっかりと行い、24日ゆっくりできるように予定をたて実行していこうと考えています。

Photo_10

ブログ担当:夢月

2017年11月24日 (金)

アカデミックカフェ?

 今年度の聖灯祭はお天気にも恵まれたこともあり、多くの皆さんにきていただき、とても活気がありましたね。

 聖灯祭では、毎年有志教員による「まったりほんぽ」というチャリティバザー&カフェを出店しています。早いもので、今年で5回目の参加となりました。おかげさまで、「まったりほんぽ」も大盛況でした。

1_2

さて、今年は「まったりほんぽ」の一角をお借りして、新しい試みをさせていただきました。

選択科目「看護研究Ⅱ」で基礎看護学領域を希望した学生の皆さんの研究計画書のポスター発表です。

Photo

皆さんは、4月から臨地実習のハードスケジュールのなかで、まず自分の関心テーマを明らかにし、テーマに関する文献検討をし、ゼミでのプレゼンテーションや担当教員の指導を経て、研究計画書を作成しました。

皆さん、計画で終わらせるのはもったいないくらいの有意義な研究でした。プロセスは大変だったと思いますが、自分が懸命に取り組んできたことがこのように成果として形になるのは嬉しいですね。

コーヒーやパンケーキをいただきながら研究について語り合う、アカデミックな雰囲気のカフェとなりました。

学生の皆さんには、「まったりほんぽ」の会場設営や片付けもお手伝いいただき、ありがとうございました。来年度は、卒業生として遊びに来てくださいね。

(基礎看護学領域教員 佐久間)

2017年9月29日 (金)

2017年度実習担当者会議が開催されました。

3_10 2017年9月7日(木)14:00~16:30 聖隷クリストファー大学1701教室で本学の看護学部の臨地実習でお世話になっている聖隷三方原病院、聖隷浜松病院、朝山病院の臨床指導担当者の看護師の皆さんにご来校頂きました。

 大城学長からの本学の実習へのご協力とご尽力への感謝が述べられました。臨床指導者の看護師の皆さんが、ケアを提供しながら、学生指導を行って頂いていることに大変なご苦労があることについて、ご経験を踏まえながらお話がありました。

Photo_13  藤本学部長からは、実習へのご協力への感謝とともに、今後の看護学教育の転換点ともなる「コア・カリキュラム」についての本学の取り組みが話されました。また、シミュレーション教育を取り入れた看護教育についても説明されました。 

Photo_14  看護学部の森教務委員長より、2016年10月~2017年7月までの臨地看護学実習の振り返り、2017年度統合実習の振り返り、2017年10月~2018年7月までの臨地看護学実習および実習施設(全体)使用計画案、2017~2018年臨地看護実習の手引きについて概略が説明されました。今年度は、事前事後学修が充実するように授業内容から取り組んでいること、アクティブラーニングを取り入れた演習の充実、実習での技術教育評価にルーブリックを取り入れて看護技術の習熟を質的に向上させようとする取り組みなどが説明されました。

 その後、各領域に分かれて2016~2017年度の実習の評価、今後の課題などが活発に話し合われ時間を超過して熱く語られていたようでした。学生への指導者の皆さんの思いがあり、より良い環境で実習できるにはどうしたらよいかと協働して取り組んでいることを実感した一日でした。

                              (文責:森)

2017年4月14日 (金)

新入生セミナー・入学式

去る4月5日 パイプオルガンの讃美歌や祝奏が流れる中、入学式がアクトシティ浜松にて行われ 2017年度も、多くの新入生を在学生と共にお迎えすることが出来ました。

入学式の前日には、在学生が、新入生に1日でも早く大学生活に慣れてほしいという気持ちから、工夫を凝らしたセッションが行われました。

今回は、セッションや入学式の様子を一部ご紹介したいと思います。

新入生や在学生の様子はこちらからご覧いただけます。

それぞれの目標を目指し、 聖隷クリストファー大学での楽しく・充実した大学生活を送れますように!