1-1.オープンキャンパス Feed

2014年8月25日 (月)

8月23日 夏のオープンキャンパス

8月23日(土)に夏のオープンキャンパス(第2弾)が行われました。

当日は不安定な天候でしたが、350名ほど(保護者を含め)の

大勢の方々に参加していただきました。

今回も6つの体験授業を行いました。その様子を一部紹介します。

「小さないのちを守る」

Image007

この体験授業では聖隷三方原病院のNICUを見学した後、大学で模擬授業を行いました。

開始前、担当教員と学生スタッフで打ち合わせをしている様子です。

Image009_2

授業本番、保育器を使っての説明。学生も説明をしましたが、

教員から「上手にできていた」とお褒めの言葉をいただきました。

 

「命の鼓動を再び」

Image005

ここでは、AEDを使用しての心肺蘇生の手順について教員が見本を示した後、

学生が教員とともにデモンストレーションをしている様子です。

緊張感が伝わってきます。

「点滴管理をやってみよう!」

Image001

学生スタッフが看護師役、患者役に分かれて、デモンストレーションを行いました。

Image003_2

その後、学生スタッフに感想を話してもらいました。

看護師役の4年生は、できたことにホッとして笑顔になっていました。
患者役の2年生は、「さすが4年生は上手にできる」と感心していました。


「赤ちゃんを知ろう!」

Image011

こちらは赤ちゃんのおむつ替え、着替えを体験しています。

参加者の皆さん、本物の赤ちゃんにするように、丁寧に真剣に行っていました。

「在学生との懇談」

Image013

体験授業の後、希望者は在学生との懇談をしました。

高校生など参加者の質問に対して、学生スタッフが

一つ一つ丁寧に説明していたことが印象的でした。

高校生にとっては年齢の近い在学生の話を聞くことで、
大学生活がより身近なものになったと思います。

多くの方々のご参加ありがとうございました。
活躍してもらった学生スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

2014年8月20日 (水)

オープンキャンパス(8/2)第2報

82日(土曜日)に本学で行われた夏のオープンキャンパス(1回目)の第2報です。

今回は、その様子をご紹介します。

1.受付(看護学部の学生が、生徒さんのお出迎えをしました)

いろいろなところから、多くの高校生と保護者の方にお出でいただくことができました。

Photo_19

2. 学部長のお話しと入試ガイダンス

Photo_5

3. 体験授業参加

今回「①体の音を聞いてみよう」、「②あなたの手、きれいですか」、「③赤ちゃん、大きくな~れ!~低出生体重児・成熟新生児の特徴と看護~」、「④自分らしさを活かし人とつながる~人と関わるときのクセを安全に知ろう~」、「⑤My名刺を作ろうの5つの体験授業と」、「⑥いのちを守る連携プレー~病院見学とAED実習~」とネーミングした病院見学と体験授業を開催しました。

このうちの4つの体験授業の風景をご紹介します。

①体の音を聞いてみよう 

(ラングモデルを使用して呼吸の音を聞いてみました。)

Photo_10

Photo_11

どんな音が聞こえたかな?

②あなたの手、きれいですか?

Photo_12

手を洗ったあとに、機械で残った汚れを見てみました。

③赤ちゃん、大きくな~れ!~低出生体重児・成熟新生児の特徴と看護~

Photo_13

モデルの赤ちゃん人形です。

My名刺を作ろう

Photo_14

作れたかな?

4.在校生との懇談会・キャンパスツアー・個別相談

体験事業のあと、学生ホールにて看護学部学生との懇談会とのキャンパスツアー及び、入試関係の教職員との個別相談がありました。

また、助産学専攻科では、『助産師の技を知ろう』をテーマに体験授業、学生との懇談会、教員との個別相談を開催いたしました。

夏のオープンキャンパスは、823日(土曜日)にも開催されます。

興味を持っていただきましたら、ご来校ください。

 

 

2014年8月 5日 (火)

8月2日にオープンキャンパスを実施しました!

/2に夏のオープンキャンパス(第1弾)が行われました。

暑い中、大勢の方々にご参加いただきました。ありがとうござました。

看護学部では6つの体験授業を行いました。

今年は大学の隣にあり実習施設でもある

聖隷三方原病院を見学する内容を新たに加えました。

このコースでは病院見学のほかにAED体験も行いました。

Photo_3

これは体験授業が始まる前に教員の指導のもと、

学生スタッフが参加者へのデモンストレーションの練習をしているところです。

今回も多くの学生スタッフに協力してもらいました。

Photo_4

体験授業が始まり、高校生など参加者の前で

学生スタッフがデモンストレーションをしています。

参加者のお手本になるので少し緊張気味ですが、しっかりできました。

3

今度は参加した高校生が人形を使って実際に胸骨圧迫を行っています。

なかなか様になっています。

4

こちらの体験授業は「あなたの手、きれいですか」

という手洗いについての内容です。

まず体験授業の前に参加者に配布する用紙に、

学生スタッフが蛍光塗料を塗っているところです。

5

いよいよ体験授業開始。先ほどの用紙を配布した上で、

手の洗い方について学生スタッフがレクチャーをしています。

6

その後、実際に手を洗います。

7

きちんと手が洗えているかを確かめるためにブラックライトをあてて、

配布された用紙から手についた蛍光塗料が

残っているかどうか(洗い残しがあるかどうか)を見ます。

塗料が残っているとその部分が光ります。

看護職にとっての手洗いの重要性、

きちんとした手の洗い方などについて学ぶ機会となりました。

 

体験授業の後、希望者は学生や教員との懇談を行いました。

在学生からの話を、参加者は目を輝かせながら聞いていました。

 

次の夏のオープンキャンパス(第2弾)は8月23日(土)です。

詳しいことは大学ホームページをご覧ください。

 

次回もたくさんの方々のお越しをお待ちしております。

2014年4月25日 (金)

2014年春の看護学部の出来事

20143月下旬から4月にかけてあった、看護学部の出来事をお伝えします。

1.春のオープンキャンパスで二つの体験授業を開催しました

325日(火曜日)に本学では、春のオープンキャンパスが開かれ、看護学部では、「緊急時に何ができるか;あなたならどうする?」と「体験!保健室のお仕事」の2つの体験授業を行い、合計で69名の高校生が体験授業に参加して下さいました。

今回は、「体験!保健室のお仕事」について紹介します。

この体験授業では、学校で行われる健康診断の“身長・体重の計測”と“視力と聴力及び歯の検査”、環境衛生検査の“騒音測定と照度測定”を取り上げ、体験していただきました。

1_2「聞こえるかな!」                 

2「視力の測り方は、どうやるの?」

2.満開の桜の咲く中、新入生を迎えました

大学周辺の桜が満開の中、看護学部では、155名の新入生と1名の編入生を、助産学専攻科では、17名の入学者を迎えました。

4月3日(木曜日)の入学式、オリエンテーションや新入生セミナーの後、4月7日より授業が始りました。

また、大学院の看護学研究科では、前期課程と後期課程でそれぞれ6名ずつの入学者を迎えました。

3

3.養護実習が始まりました。

養護教諭課程では、新4年次生で、4月8日より養護実習が始まりました。

この実習では、学校で行われている健康診断の実際を学んでいます。

5

6

養護教諭課程を履修している4年次生の学生は、9月に3週間の教育実習に出ます。

看護学部では、2013年度に初めて養護教諭1種免許を取得した学生が卒業しました。

2014年4月より、2名(公立と私立の学校に1名づつ)が正規の養護教諭として、4名が講師などとして学校保健の現場で働き始めました。cherryblossom

養護教諭課程についての詳しい情報はFacebookから見ることができます。

https://ja-jp.facebook.com/yougokyouyukennkyuukai


2014年4月18日 (金)

2014年3月 オープンキャンパス開催しました

先月のオープンキャンパスでの学生さんの様子です。

体験授業が二つ用意されていましたが【救急時に何ができるか;あなたはどうする?】という授業担当の中の一場面です。

エアストレッチャーや担架での移動、包帯法や三角巾を使った応急処置の方法など高校生のみなさんに体験してもらいました。

Photo_2

人に伝える、理解してもらうためには自分たちが技術を確実に習得しなくちゃ、と2年生・3年生が自主的に事前に2回ほど練習を行いました。

司会進行も学生が主体的に実践して演習室のレイアウトやポスター、説明用紙も考えました。

当日は高校生69名、保護者の方30名程度の参加がありました。

包帯と三角巾は体験授業の思い出にプレゼントしました。

Photo_3

看護学を学び始めて1年、2年と経過し相手を思いやりながら体験授業を進めてくれている姿に保護者の方からお褒めの言葉もいただきました。

Photo_4

Photo_5

参加してくださった高校生のみなさん、楽しく学んでくださいましたか。

学生ボランティアのみなさん、お疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。

また、力をかしてくださいませね。

 

2013年9月26日 (木)

8月24日(土)のオープンキャンパス報告 第2弾

8月24日(土)に今年度2回目のオープンキャンパスが開催されました。

今回は「第2回オープンキャンパス報告」第2弾ということで

3つの体験授業の様子を紹介していきたいと思います。

824oc1

<君の勇気が命を救う!>

この体験授業では、道ばたで人が倒れていた時に

私たちはどのような対応をすればよいのか・・・というテーマでした。

練習用のAED(自動体外式除細動器)を使用して、その扱い方や

胸骨圧迫(心臓マッサージ)の効果的な方法など

そのほかの対応についての授業を体験することができました。

みなさん、真剣にがんばっていました!おつかれさまです。

824oc3

<お母さんの体験をしてみよう>

この体験授業では、「お母さん」に焦点をあてて、妊娠するとどのように

身体が変化するのか、乳がんってなあに?などのテーマを軸に

体験が行われました。自分の将来をきちんと考えていける

体験授業だったと思います。

824oc2

<人体を体験する>

この体験授業では、最新のコンピュータソフトを使用して、人間の身体の解剖や

構造の細かな部分まで見ることのできました。

「へえ~、こうなっているんだ~」「え、こんなの知らなかった~」といった

驚きや感動の声が多く聞かれて、皆さんとても学びが大きかったようです。

824oc4

夏のオープンキャンパスは終了しましたが、来年の春に第3回目の

オープンキャンパスを予定しています。またいろいろな体験授業に

参加することができますので、皆さんのご参加お待ちしております!

(第3回オープンキャンパスは2014年3月24日(土)に開催予定です)

2013年9月24日 (火)

8月24日(土)のオープンキャンパス その1

8月24日(土)に今年度2回目のオープンキャンパスが開催されました。

看護学部には、前回同様、高校生のみなさんと保護者の方々、
合わせて300人ほどの方が来てくださいました!
天気が不安定でしたが、大きく崩れるようなこともなく、
無事に終了できました。

ムシムシとした蒸し暑さの中、本当にありがとうございました。(^^)

Opencampas8241


今回は「第2回オープンキャンパス報告」ということで

それぞれの体験授業の様子を紹介していきたいと思います。

<身体の声を聞いてみよう>

この体験授業では、実際に演習で使用される器械を体験できました。

人間の呼吸の音や心臓の音を聴くことのできる演習などを中心に

実際の授業のようなスタイルで本格的に「体験」できるブースでした。

Opencampas8242

<赤ちゃんを知ろう>

赤ちゃんのモデル人形を使用して、赤ちゃんの変化の観察の仕方や沐浴の演習をする体験授業でした。

意外と重い赤ちゃんモデル人形にやっぱり生徒の皆さんはびっくりしていました。(笑)

Opencampas8243

次回は

「君の勇気が命を救う!」「お母さんの体験をしてみよう」

「人体を体験する」の体験授業のご紹介をします!

(第3回オープンキャンパスは2014年3月24日(土)に開催予定です)

2013年9月10日 (火)

8月24日(土) 中学生向け「看護」体験教室 開催!

当日は、高校生向けのオープンキャンパスがありましたが、

(その内容は後日またブログにアップします!)

そのオープンキャンパスが行われる前に、中学生の皆さんを

対象にした「看護」体験教室が開催されました。

Img2013082300692_3

「レッツチャレンジ! ナースのお仕事!」というテーマで、

血圧測定から、救急蘇生の演習など、合計7つの体験ブースを作成し、

中学生の皆さんに体験していただきました。

下の写真は当日配布したチラシです。

Img2013091000779_2

看護学部の優しいお姉さんたち(学生さんたち)も参加して、

中学生の皆さんに「看護って面白いよ~」と、熱弁!

ちなみに今回使用した成人看護演習室は、新しく改修したばかりで、

今日がはじめてのお披露目でした。(笑)

Photo_2

「救急蘇生の演習の体験ブース」

Photo

「心電図の演習の体験ブース」

4

そのほか、手洗いチェック、血圧測定、赤ちゃん人形抱っこ体験、

注射器の操作、呼吸音聴取など様々なブースで体験をしていただきました。

中学生のみなさん、どうもありがとうございました!

最後に記念撮影をして、無事に終了しました。

ぜひまた大学に遊びに来てくださいね!

5

2013年8月22日 (木)

8月3日(土)第1回オープンキャンパス報告 その2

8月3日(土)に第1回目のオープンキャンパスが開催されました。

今回のブログでは、当日開催された残りの体験授業のご紹介をします!

Photo_2

 

「点滴管理に挑戦!」

この体験授業では、実際の現場で使用されている点滴やそのチューブに

触れながら、看護師さんとして点滴を管理するための演習を行いました。

参加者のみなさん、みな真剣な表情で体験授業に参加されていました。

Photo_3

「自分らしさを活かし人とつながる」

この体験授業では「情動知能」という尺度の測定についての

レクチャーと、実際に情動知能の測定用紙を用いて、自分らしさを知るという

演習が行われました。参加者の皆さんは興味津々に自分の測定結果と

にらめっこしていました。(^^)

Photo_4

 「My名刺を作ろう」

こちらの体験授業は、ずらっとパソコンが並んでいる情報処理の演習室で行われました。

現在、病院では電子カルテが主流になってきています。

パソコンのいろいろな操作のスキルも、現場の看護師さんに求められてきている時代です。

今回は、パソコンの簡単な操作で、自分の名刺を作成する演習を体験していただきました。

Photo_5

 

第2回目のオープンキャンパスは8月24日(土)に開催予定です。

参加のご予約はこちらから↓

http://www.seirei.ac.jp/opencampus/opencampus.php

 

 

2013年8月21日 (水)

8月3日(土)第1回オープンキャンパス報告 その1

8月3日(土)に第1回目のオープンキャンパスが開催されました。

看護学部には、高校生のみなさんと保護者の方々、

合わせて300人ほどの方が来てくださいました!

本当にお暑い中、どうもありがとうございました。

Photo

今回は「オープンキャンパス報告」ということで

このブログでそれぞれの体験授業の様子を紹介していきたいと思います。

 

<身体の声を聞く>

この体験授業では、実際に演習で使用される器械を体験でき、

人間の呼吸の音や心臓の音を聴くことのできるコーナーがありました。

生徒の皆さんは、興味深く聴診器を使いながら真剣に参加されていました。

Photo_2

 

<赤ちゃんを知ろう>

 赤ちゃんのモデル人形を使用して、抱っこや沐浴の演習をする体験授業です。

意外と重い(実際の赤ちゃんと同様の重さです)赤ちゃんモデル人形に

生徒の皆さんはとてもびっくりしていました。(笑)

でも皆さんとても楽しそうでしたよ!(^^)

Photo_3

 

次回は

「点滴管理に挑戦!」「自分らしさを活かし人とつながる」

「My名刺を作ろう」の体験授業のご紹介をします!

(第2回オープンキャンパスは8月24日(土)に開催予定です)

現在、参加者募集中です!参加のご予約はこちらから↓

http://www.seirei.ac.jp/opencampus/opencampus.php