3-1.養護教諭課程 Feed

2016年11月15日 (火)

養護教諭課程:4年次生が小学校・高校で養護実習

今年度も養護教諭課程4年次の学生12名が、95日~27日の3週間、自身の母校で養護実習を行いました。

学生たちは実習期間に、保健指導・救急処置・健康相談活動・健康診断・学校環境衛生活動・学校保健活動・保健室活動などの実際の養護教諭の職務を体験しました。

今回は、3名の「研究授業」を紹介します。「研究授業」とは、実習生が教育実習の終期に行う授業で、これまでの授業実習・保健指導の成果を実習校内の全ての先生方に参観して戴き、今後の指導の向上に役立てるという指導実践のお披露目の機会です。初めて教壇に立って「教える」という機会に、学生たちは必死に準備、練習をして臨みました。

1_2

Photo_2

Aさんは、小学1年生31名の学級で「けがの予防」の授業を行いました。小学校に上がってまだ半年も経たない子どもたちを、45分間の授業に集中させるのは至難の業です。「子どもがわかる言葉で伝えることのむずかしさ」を痛感したといいます。普段は冷静沈着なAさんですが「ものすごく緊張した」そうで、終了後は放心状態だったと担任の先生も仰っていました。

3

 Bさんは、母校で高校2年生を前に「歯周病とその予防」の授業をしました。歯の治療に行っていなかった20人に、歯周病の恐ろしさと歯磨き、定期健診の大切さを伝えました。2回目のこの日は、副校長先生と養護の先生にご指導戴いた点を改善して、「伝えたいことの要点を絞ること」「質問する前から、生徒の顔を見て話すこと」「生徒を緊張させないために笑顔で授業すること」を心がけたそうです。終始笑顔で生徒たちの顔をよく見て、落ち着いた授業になっていました。

1_3

Cさんは、母校の小学4年生26名を前に、「育ちゆく体とわたし」と題した授業をしました。「思春期の体の変化」と「異性への関心の芽生え」、「それには個人差があること」を理解することを目標にした授業でしたが、「この難しい課題をぜひお願いしたい」という担任の先生から依頼を受け、研究を重ねて取り組みました。始める前は、ふざけたり、冷やかしたりする子が多いのではという心配もありましたが、子どもたちは全員真剣に取り組み、実習生の話を食い入るように集中して聴いていました。Cさんも、校長先生や多くの先生方が参観する中、初めてとは思えないほど落ち着いて最後まで笑顔で子どもと接し、子どもとの対話を大切にした授業をやり抜きました。

こうして今回も本課程の学生たち全員が、実習校の先生方や看護学部の先生方のご支援・ご協力の御蔭で無事に養護実習を終えることができました。今後、養護教諭になる学生、一旦看護師として働いてから養護教諭の道を考える学生と様々ですが、今回の養護実習を機にますます養護教諭になりたくなったという感想を多くの学生たちが持っています。

大学生活も残りわずかとなりましたが、各学生が今回得た課題を基にさらに能力・技術を磨き、将来是非学校現場で活躍してほしいと願っています。

                                                                                                                (文責・成松 美枝)

2015年11月 4日 (水)

養護教諭課程:4年次生による小・中学校・高校での養護実習

平成25年度から始まった養護教諭課程4年次生の養護実習も今年で3度目となり、今年度は830日~930日の期間に13名の学生が自身の母校で実習を行いました。

3週間の「養護実習」で学生たちは、保健指導・救急処置・健康相談活動・健康診断・学校環境衛生活動・学校保健活動・保健室活動等の実際の養護教諭の職務を体験します。中でも実習期間の後半に行う「研究授業」は、これまでの授業実習・保健指導の成果を校長先生をはじめ学校内の全ての先生方に参観して頂き、今後の指導の向上に役立てるという、貴重な指導実践のお披露目の機会となっています。

執筆者が訪問した静岡市の小学校では、本学の実習生が5年生32名の学級で「手洗い指導」の研究授業を行いました。この日は実習最終日で既に4度目の授業であったためか、実習生も生徒たちの顔をよく見て、大変落ち着いて笑顔で指導を進めていました。

子どもたちが示す「教師の発問」への素晴らしいリアクションは、3週間生徒たちと良い関係を築くことを務めてきた実習生の努力の証しにほかなりません。授業終了後には、生徒たちから実習生への「御苦労様のプレゼント」の“サプライズ”が待っていました。さすがの実習生も生徒たちとの写真撮影の間ですら感動の涙が止まらず、近い将来教壇に帰ってきますと生徒たちに約束していました。

1_3

他にも、看護演習で学んだ「胸骨圧迫」の技術を中学生に伝授した実習生や、得意の絵画を広報・掲示物で活かして多くの中学生を保健室前にひきつけた実習生など、学生たちはこれまでの大学での学修の成果や自身の能力を遺憾なく発揮し、全員が充実した養護実習を終えることができました。

2

夏休み明けのご多忙の中で、本学の学生たちを最後まで懇切丁寧に御指導下さった学校現場の先生方に深く感謝を申し上げて実習校を後にしました。    

                                                                                      (文責:成松 美枝)

2015年6月30日 (火)

養護教諭課程: 中高の教頭先生による「教員採用試験・面接対策講座」

養護教諭の教員採用試験を間近に控えた学生が、620日、併設校の聖隷クリストファー中学・高校の教頭先生から面接試験に対応する「模擬面接」のご指導を戴きました。

養護教諭の教員採用試験は、全国自治体の合格率平均8.4(平成25年度)と大変な難関ですが、本課程からは毎年合格者を輩出しています。筆記試験と実技試験については2年次から大学教員が中心となって対策講座を実施していますが、特に近年重視される「面接試験」の対策については、併設校の中学・高校の教頭先生が4年次生への受験指導を担当して下っています。合格者からは「教頭先生の質問がそのまま出題され、大変役立った」と既に大好評を得ている講座です。

 当日は前半、「個人面接」を一人約25分間、入室から退室まで本番さながらに練習し、お辞儀の仕方から試験官への視線の向け方まで教頭先生に懇切丁寧な指導をして戴きました。

Photo

 後半は、対策が難しいといわれる「集団討論試験」を練習しましたが、「ゲームにはまって睡眠時間の少ない生徒をどう指導するか」、「不登校の生徒を学校に復帰させるには」をテーマに採り上げ、学生たちは課題へのアプローチの仕方、他の学生の発言に対する切返しの仕方、協調性の必要性等について、教頭先生から具体的なご教示を戴きました。

Photo_2

 今回の講座が学生たちにとって大きな自信の糧となり、来月から始まる全国各地での養護教諭の教員採用試験で良い結果をもたらしてくれることを願ってやみません。

2014年10月24日 (金)

養護教諭課程4年次生が養護実習を行いました。

養護教諭課程を履修している4年次生18人が、9月1日~27日の期間に養護実習を行いました。今年で二年度目となった本学の「養護実習」ですが、青森県、茨城県、静岡県、愛知県内の各小・中学校・高校でそれぞれ実習を行いました。

3週間に及ぶ「養護実習」では、保健指導・救急処置・健康相談活動・健康診断・学校環境衛生活動・学校保健活動・保健室活動等の実際の養護教諭の職務内容を体験しました。殆どの学生が修了後には、「養護教諭になりたいという気持ちが一層高まった」と実習記録に書いていることからも、日々児童・生徒と向き合いながら充実した「養護実習」となったようです。

下の【写真1】は、ある学生が自分で作成した、保健室の前に貼る「応急手当」のための掲示物ですが、生徒たちにも大好評でした。 【写真2】は、学級活動やホームルームの時間に実施する「保健指導」の授業で実際に使用した、学生自身の手作りの指導教材です。学校内での撮影は許可を得るのが難しいため、実際の授業や指導の場面はお見せできないのが残念ですが、どの学生も初めての授業準備や学習指導案の作成に格闘しながら、授業・指導に励んだことが伝わってきます。各学校の先生方からも、学生たちの実習態度について御誉めの言葉を戴き、大変良い「養護実習」となりました。

【写真1】

Photo_6【写真2】

2

2014年4月25日 (金)

2014年春の看護学部の出来事

20143月下旬から4月にかけてあった、看護学部の出来事をお伝えします。

1.春のオープンキャンパスで二つの体験授業を開催しました

325日(火曜日)に本学では、春のオープンキャンパスが開かれ、看護学部では、「緊急時に何ができるか;あなたならどうする?」と「体験!保健室のお仕事」の2つの体験授業を行い、合計で69名の高校生が体験授業に参加して下さいました。

今回は、「体験!保健室のお仕事」について紹介します。

この体験授業では、学校で行われる健康診断の“身長・体重の計測”と“視力と聴力及び歯の検査”、環境衛生検査の“騒音測定と照度測定”を取り上げ、体験していただきました。

1_2「聞こえるかな!」                 

2「視力の測り方は、どうやるの?」

2.満開の桜の咲く中、新入生を迎えました

大学周辺の桜が満開の中、看護学部では、155名の新入生と1名の編入生を、助産学専攻科では、17名の入学者を迎えました。

4月3日(木曜日)の入学式、オリエンテーションや新入生セミナーの後、4月7日より授業が始りました。

また、大学院の看護学研究科では、前期課程と後期課程でそれぞれ6名ずつの入学者を迎えました。

3

3.養護実習が始まりました。

養護教諭課程では、新4年次生で、4月8日より養護実習が始まりました。

この実習では、学校で行われている健康診断の実際を学んでいます。

5

6

養護教諭課程を履修している4年次生の学生は、9月に3週間の教育実習に出ます。

看護学部では、2013年度に初めて養護教諭1種免許を取得した学生が卒業しました。

2014年4月より、2名(公立と私立の学校に1名づつ)が正規の養護教諭として、4名が講師などとして学校保健の現場で働き始めました。cherryblossom

養護教諭課程についての詳しい情報はFacebookから見ることができます。

https://ja-jp.facebook.com/yougokyouyukennkyuukai


2013年11月12日 (火)

養護教諭課程を紹介します

本学看護学部には養護教諭1種免許の取得を目的とした養護教諭課程があります。

2010年度から開設され、今年度初めて1~4年生が揃いました。

 

養護教諭課程では、看護師になるための授業・実習に加えて、

免許取得に必要な教職科目など29単位を取得しなければなりません。

4年間通して、他の学生が授業がない時に授業や実習を履修して、看護の勉強との両立をしてきました。

 

この日は、4年生の教職科目の総まとめにあたる「教職実践演習」の最終日でした。

各学生が養護実習で行った健康教育の授業を再検討して改善した指導案で、

他の学生を児童生徒役にして一人ひとり模擬授業を行いました。

20131111_140337

最初のうちは慣れなかった板書も落ち着いてできるようになりました。

20131111_142828

歯の健康について、身振り手振りで、児童生徒(役)にわかりやすく教えています。

20131111_145735

図やイラストを使うことで、視覚的に子どもたちの興味関心を惹くことも大事になります。

 

どの学生も、実習での経験をふまえ、落ち着いてハキハキと授業を進めることができていました。

子ども達にわかりやすく興味を持ってもらうように様々な工夫がされていました。

 

教職実践演習ではこのほかに、保健便り作り、保健室経営計画の作成、理想の保健室を考える、併設校での保健室体験など、実際養護教諭として働く上で必要な実践を行う内容でした。

どれに関しても、児童生徒にとってより良い健康状態・学校環境にするためにどうしていったらよいのか、という目的を持って取り組んでいて、3年半の学習の成果が表れていました。

 

これで4年生の教職科目は終わり、あとは卒業あるいは看護師(保健師)国家試験に向けた勉強に専念します。

 

本課程最初の4年生15名は、先輩がいなくてわからないことが多く、他の学生が休みだったり、国家試験の勉強に専念できたりしている中で授業や実習を行って大変だったと思いますが、ここまで熱意を持って真剣に取り組み、本当によく頑張りました。

 

確実に成長している皆さんが卒業後それぞれの仕事で力を発揮してもらうことを期待しています!