2019年4月12日 (金)

ナンヤン理工学院、陸軍軍医大学がプログラムを無事に修了しました。②

今回は3月8日(金)~3月9日(土)の研修を振り返ってご紹介します。

This article is sharing about days from Tuesday, March 8 to Thursday, March 9.

**************************

3月8日(金)Friday, March 8

AMUの学生と引率教員は、午前中におおぞら療育センターに施設見学へ行きました。午後には、エンゼルケア演習を行いました。患者さんの死後もケアをする日本独特の看護を学びました。

In the morning, AMU student and faculty members visited “Ozora Ryoiku Center”.  They performed “angel care” in the afternoon.  They learned uniqueness of nursing in Japan caring patients after they passed away.

Photo_6

Photo_7

**************************

3月9日(土)

午前中は、第2回国際シンポジウムに参加しました。シンポジスト4名(本学教員、AMUの引率者、アメリカ・テキサスA&M国際大学の副学長)から高齢者の栄養に関するプレゼンテーションがあり、各国の現状や課題について議論をし、理解を深めました。

They participated in the 2nd international symposium in the morning.  Four presenters (SCU faculty member, AMU faculty members, vice president from Texas A&M international University in the US) gave presentations about nutritional care for the elderly.  They understood and discussed about current problems in each countries.

Photo_8

お昼には、本学学生主催の学生交流会を行いました。全員でゲームをしたり、パフォーマンスをして、言葉や文化の壁を越えて楽しい時間を過ごしました。NYPの学生はホストファミリーと合流し、週末をホームステイ先で過ごしました。

There was a Student Interaction Event hosted by SCU students at lunch time.  They played games and performed dances. Even though there were language and cultural brriers, they had a great time.  NYP students met up with their host family and spent the weekend with homestay families.

Photo_9

_revised

_revised_2



ナンヤン理工学院、陸軍軍医大学がプログラムを無事に修了しました。①

3月5日(土)から9日(土)の6日間、交流協定締結校のシンガポール・ナンヤン理工学院(NYP)より、研修生12名(ヘルスサンエンス学部看護学科生)と引率教員1名、陸軍軍医大学(AMU)より、研修生1名(看護学部)と引率教員2名が本学へ来学しました。

12 nursing students and 1 faculty member from Nanyang Polytechnic (NYP) in Singapore and one nursing student and two faculty members from Army Medical University (AMU) in China participated in the study program from Tuesday, March 5 to Saturday, March 9.

今回は3月5日(火)~3月7日(木)の研修を振り返ってご紹介します。

This article is sharing about days from Tuesday, March 5 to Thursday, March 7.

**************************

3月5日(火)Tuesday, March 5

初日は、全体でオリエンテーションを行いました。日本の保健医療制度や看護教育についての講義を受け、資料館やシュミレーションルームなどの看護学部の施設をキャンパスツアーで見学をしました。

On the first day, all students and faculty members attended an orientation on SCU campus.  They attended a lecture about healthcare system/nursing education system and curriculum in Japan.  After that, they toured Seirei history museum and facilities for nursing students like the simulation room on campus.

Photo

Photo_2

**************************

3月6日(水) Wednesday, March 6

午前中、浜松市リハビリテーション病院を訪問し、嚥下検査の見学や食事介助の方法を学びました。午後は本学で沐浴演習を行いました。新生児が安心するよう体に沐浴布(ガーゼ)をかけることなどシンガポールや中国の沐浴のやり方との違いを見つけ、日本式の沐浴を体験しました。

In the morning, they visited “Hamamatsu City Rehabilitation Hospital”.  They observed dysphagia examination and learned the way to meal assist patients with dysphagia.  In the afternoon, they had baby bathing exercise on SCU Campus.  They experienced baby bathing and found differences between the way in Japan and the ways in Singapore or China.  One thing, they found was that nurses put a gauze to make baby feel relieved.

Photo_3

Photo_4

**************************

3月7日(木)Thursday, March 7

午前中、浜松ゆうゆうの里を訪問し、日本の高齢者向け施設とその取り組みについて学びました。特に高齢者への細やかなサービス、また入居者の皆さんが自立して生活されていることに感銘を受けたとともに、入居者との交流会を楽しんだという声が多く寄せられました。

 In the morning, all students and faculty members visited Hamamatsu Yuyu no Sato, a welfare facility for the elderly located close to the university.  They observed the elderly support system in Japan and were impressed that the elderly were well taken care of and were independent to enjoy their daily life. They spent a good time to interact with elderly residents.

45_

46_
午後は聖隷三方原病院で、ヘリポート、ホスピスと院内助産所「たんぽぽ」を訪問しました。間近で見るドクターヘリに大興奮の様子でした。

In the afternoon, they visited a helipad, a hopice and a maternity home "Tanpopo" at “Seirei Mikatahara General Hospital”.  Everyone was really excited to see a helicopter very close on the helipad.

Photo_5

2019年3月28日 (木)

アメリカ国際言語聴覚学研修 Study Visit to UH at Manoa

3月21日(木)から3月30日(土)の日程で、本学リハビリテーション学部言語聴覚学科の学生8名および引率教員1名が、米国ハワイ州にあるハワイ大学マノア校医学部を拠点とした研修を行っています。

Eight students and one faculty member from Department of Speech Language and Hearing Sciences, School of Rehabilitation Sciences, Seirei Christopher University (SCU) are participating in the study program arranged by John A. Burns School of Medicine (JABSOM), University of Hawaii (UH) at Manoa from March 22 to 28.

失語症グループ訓練の見学・実施や小児臨床見学などのほか、JABSOM学生との交流を通してハワイの文化を体験しています。学生たちは、授業で発言するなど英語でのコミュニケーションに積極的に挑戦し、研修に意欲的に取り組んでいる様子です。

So far, SCU students observed hearing screening, and practiced group trainings for children with aphia (and many more!). They are also enjoying the cultural exchange with JABSOM students. They are actively participating in the programs by speaking up in classes and trying to communicate in English.

Image_1_2

Image_3

2019年3月22日 (金)

アメリカ看護研修 Study Visit to SMU

3月14日(木)から24日(日)の日程で、本学看護学部の学生9名および引率教員2名が、交流協定締結校である米国カリフォルニア州オークランド(サンフランシスコ近郊)にあるサミュエルメリット大学看護学部を拠点とした研修を行っています。
Nine students and two faculty members from School of Nursing, Seirei Christopher University (SCU) are participating in the study program arranged by School of Nursing, Samuel Merritt University (SMU) located in Oakland, California, from March 15 to 22.

Img_1145

SMU教員の指導のもと、シミュレーション演習の技術トレーニングを行いました。この日のために、2月の事前研修では、本学教員の指導による英語でのシミュレーション演習を行いました。当日はその成果が発揮できた様子でした。
SCU students experienced a program at the simulation lab under the supervision of SMU faculty.  They had practiced this in English at the pre-training session with SCU faculty in February for this day.  It was a great success.

Img_1170

シミュレーション演習後は振り返りの時間をもちました。緊張の中での「適切な申し送り」と「自己紹介」、「チームワーク」の良さをSMUの教員から誉めていただきました。
They had debriefing session after the simulation lab.  SMU professors gave positive comments about communication skills and teamwork SCU students demonstrated under pressure.

Img_1173

シミュレーション演習授業後の記念の一枚です。
Group photo after the simulation lab.

Img_1188

学生交流会の様子です。本学学生は日本の紙風船を使ったバレーボールを企画し、SMU学生との交流を楽しんでいる様子でした。
This is a photo from the student exchange party. SCU students planned volleyball game using a Japanese paper balloon (kami fusen) and enjoyed their time shared with SMU students.

Img_1197

現地の総合病院(John Muir HealthのWalnut Creek Medical Center)に勤務する日本人の看護師さんたちとのランチ交流会に参加しました。アメリカと日本の看護の違いについて、アメリカの看護現場のリアルな話を聴けて意義深い時間を過ごせました。
They spent lunch time together with Japanese nurses working at Walnut Creek Medical Center, John Muir Health.  It was a great opportunity for the students to ask about nursing in the USA and to compare them with nursing in Japan.  They had a very meaningful time.

2018年11月27日 (火)

2018年度国際看護実習報告会を実施しました

2018年度国際看護実習は、本学交流協定締結校であるシンガポール・ナンヤン理工学院(NYP)の協力のもと、9月3日から9月14日に実施されました。11月16日に実習生として派遣された2名の看護学部4年次生が、来年度対象になる看護学部3年次生に向けて、実習内容について発表をしました。

Two of SCU School of Nursing senior students reported their experiences at Nanyang Polytechnic (NYP) in Singapore from September 3rd to 14th to all the junior students in School of Nursing. The debriefing session was held on November 16th.

Photo

2名は総合病院や地域病院での実習を通じて、シンガポールの看護の良さを発見し、さらに、日本の看護の良さを再確認できたと発表しました。また、ホームステイ体験、NYPの学生との交流,休日の観光などの現地の人々やシンガポールの文化にも触れることができる国際実習の魅力を伝えました。

They said they found strength of nursing in Singapore through the practicum at the general hospital or regional hospital. Also, they reconfirmed strength of nursing in Japan. They also shared about the attraction of this training that they communicated with local people and learned the culture in Singapore through homestay experience, student exchange and sightseeing on the weekend.

Photo_3

Photo_7

Photo_8

2018年11月16日 (金)

海外研修(シンガポール)③/Study visit to NYP③

~学生交流編~ About Student Interaction

シンガポールへ到着した日から2泊3日で、NYP学生宅へホームステイをし、シンガポール家庭での生活を体験しました。出発前は英語でのコミュニケーションに不安との声がありましたが、事前にスカイプで連絡していたこともあり、まるで昔からの友達だったかのように空港では会えたことを喜び合っていました。それぞれが満喫した日々を過ごした様子でした。また、毎日の研修プログラム中だけでなく、研修後にも食事や観光などを楽しみながら交流を深めました。

SCU students stayed with NYP students (host families) for 2 nights just after their arrival to Singapore, to experience family culture of Singapore. The students were a little nervous about communicating in English before the arrival, however, because they had video chatted in summer, they were very happy to meet NYP students at the airport. Each student had a wonderful time with their host families. Also, they spent some time together during and after the program to deepen their friendship.

2f2737e82af541a98f306b8b89ae4c31

3a6e0363333b4c08ade8ca5e61aa42cd

7ee58a3a9abb45b9840a9e211e18ab54

65178c411689429298065b9136427653

A760dbea001c4a7db5afb846fbd6def1

C516ae4c58024df796d38f9a239a3997

Img_1807

Img_1808

Img_1809

Img_1810

Img_1811

Img_1816

Img_1817

Img_1818

Img_1906

**************************

参加学生からの声(一部抜粋)

  • 今でも連絡するほど仲良くなれた。ホストファミリーほど親切にシンガポールのことについて説明してくれる人はいないと思う。
  • 日本語をあまり話すことができない人とコミュニケーションを取ることで、英語力向上に繋がった。また、ホストファミリーがとても親切に出迎えてくれたので、楽しい時間を過ごすことができた。
  • 英語で困ったこともあったけれど、現地の方にシンガポールを案内してもらうことで良いところをたくさん学ぶことができた。
  • ホストファミリーにとても親切にしてもらえて嬉しかったし、文化にも触れることができた。

Comments from participants (excerpt)

  • I am still in touch with my host family. My host family shared a lot of things about Singapore. I think no one kindly explains about Singapore as much as my host family.
  • This opportunity helped to improve my English by communicating with people who cannot speak Japanese. Also, I had a great time because my host family welcomed me very warmly.
  • There were some times when I had troubles in communication, but I learned a lot of good things about Singapore from my host family by traveling around the city with them.
  • I was so happy because my host family was very nice. I was able to experience the Singaporean culture as well.

海外研修(シンガポール)②/Study visit to NYP②

~施設見学について~ About facility Visit

施設見学では、SPD(障がい者リハビリテーション施設)、Khoo Tech Puat Hospital(総合病院)、SG Enabling Village(障がい者支援施設)の3ヶ所に行きました。実際にシンガポールの保健医療福祉施設の現場へ足を運ぶことによってさらに学びを深められた様子でした。

They visited three facilities that SPD(facility of rehabilitation for people with disabilities), Khoo Tech Puat Hospital(general hospital) and SG Enabling Village(facility for people with disabilities).

They seemed to understand more deeply to actually visit healthcare and welfare facilities in Singapore.

**************************

~SPDにて~ at SPD

Img_1305

Img_1153

Img_1309

参加学生からの声(一部抜粋)

  • 障がいのある人がいきいきと働いている姿を見ることができた。日本では障がいのある人の多くは授産所で小物などを作っているイメージだったが、SPDではそれぞれに仕事が割り振られ、彼らはその責任を果たしていた。この施設を出て社会復帰する人もいると聞き、希望が持てた。
  • 子供、成人、高齢者の全ての方を対象にサポートを行なっており、一人一人の持っている力を引き出すという面でとても良い施設だと感じた。

Comments from participants(excerpt)

  • I could see people with disabilities worked lively. I had an image most of them in Japan make products in vocational facilities. However ,they were assigned work individually and fulfill their responsibilities in SPD. I had a hope to hear someone leave this faculity and reintegrade into society.
  • I think this facility is really good because it support children, adult and elderly people for all and bring out their ability individually.

**************************

~Khoo Tech Puat Hospitalにて~ at Khoo Tech Puat Hospital

Img_1257

Img_1609

Img_1636

Img_1260

参加学生からの声(一部抜粋)

  • 患者の病棟を、患者の支払う治療費によって分けており、ホテルのように豪華な病室がある一方で、エアコンが無く、低い壁で仕切られた空間に患者のベッドがいくつも並んでいる病棟もあった。日本では見たことのない光景だったので驚いた。
  • シンガポールの病院の体制や貧富の差による施設の設備に違いがあることがわかった。他にも、病院の職員も運動をすることは驚いた。
  • KTPH=Keep The People Happyという言葉がとても印象的。

Comments from participants(excerpt) 

  • This hospital divides rooms depends on cost of treatment which patients pay. There are luxury hospital rooms like a hotel, while there are wards that are some beds for patients in a space separated with low walls without air conditioners. I was shocked because I have never seen this situation in Japan.
  • I realized there are differences about equipment in facilities depends on organizations in hospitals or wealth disparity in Singapore. And I was surprised staffs in the hospital also exercise.
  • I was really impressed the word “KTPH=Keep The People Happy”.

**************************

~SG Enabling Villageにて~ at SG Enabling Villageにて

Img_1372

Img_1351

Img_1364_3

Img_1375

参加学生からの声(一部抜粋)

  • 世界でも初のコンセプトとなる施設を見学できた。スーパーの見学ではカゴやレジの作りの素晴らしさに感動した。障害を持つ人でもこのような施設が増えればもっと働きやすくなると感じた。
  • 障がいのある人やお年寄りがなるべく自分の力で生活していけるようにというコンセプトがとてもいいなと思った。もともと学校だったという話だったが、バリアフリーな施設にリノベーションされていて、このような施設が世界中に増えたらいいなと思った。

Comments from participants(excerpt) 

  • I’m satisfied to visit the first concept of facility in the world. I was impressed nice baskets and registers in the supermarket. I think these kind of facilities help people with disabilities to work if there are more.
  • I think it is a very nice concept so that people with disabilities and elderly people live by themselves. I heard this facility was originally a school, so it was renovated a barrier-free facility. I hope such facilities increase all over the world.

海外研修(シンガポール)①/Study visit to NYP①

~NYP学内編~ About NYP campus

2018年9月1日(土)から9日(日)の日程で、本学看護学部及び社会福祉学部生20名と引率教職員2名が、交流協定締結校であるシンガポールのナンヤン理工学院(NYP)ヘルスサイエンス学部(現ヘルス&ソーシャルサイエンス学部)を拠点とする海外研修に行ってきました。9日間の研修を通して、シンガポールの保健医療福祉について学び、異文化に対する理解を深めました。

SCU conducted the Study Visit to School of Health and Social Sciences, Nanyang Polytechnic (NYP), Singapore from September 1 to 9, 2018. 20 students from School of Nursing/Social Work and 2 faculty members attended the visit. Through 9 days visit, they learned about Singapore’s healthcare and welfare system, and increased their understanding of other cultures.

1img_1059

2img_1249

3img_1418

**************************

 NYPでは、学部紹介やキャンパスツアーの他、NYP教員による講義3つ、NYPで行われているシミュレーション教育の演習、また、静岡県東南アジア事務所の職員の方による講義に参加しました。

During the visit to NYP, three lectures and simulations by NYP, the lecture by Shizuoka Prefecture South East Asia office as well as introduction of the School of Health and Social Sciences and campus tour were conducted.

4img_1063

5img_1238

6img_1582

7img_1587

8img_1091

9img_1096

10img_1119

11img_1599

12img_1317

13img_1239

**************************

参加学生からの声(一部抜粋)

  • 事前学習ではシンガポールの医療制度についてよい点だけを並べたり日本と対比したりしていたが、実は日本と同じように少子化が問題になっているということや、糖尿病の患者がとても多いなどシンガポール特有の問題を抱えていることを知ることができ、シンガポールを知る上での視野が広がった。
  •  シンガポールは経済が回っていることをとても大切に考えていて、人々は雇用されるためにスキルを学んでいることを知り納得できた。また、シンガポールの政府が行なっている活動も学ぶことができた。
  •  シンガポールの社会制度について利点と問題点の両方を知ることができた。ビザを持っていない不正に滞在していた人を病院に連れていき、最期はホスピスで看取ったというエピソードが印象に残っている。
  •  シンガポールは静岡県の11分の1の面積だということにとても衝撃を受けると同時に、産業や外交関係など細かいところまで学ぶことができた。
  •  シミュレーションのクオリティが凄かった。本来経験できないことが経験できて、将来にいかせると思った。

Comments from participants (excerpt)

  •  Before visiting Singapore, I just picked up positive aspects of Singapore healthcare system relative to Japan. However, I could broaden my perspective to understand Singapore by learning Singapore’s particular problems with the declining birth rate and a large number of diabetics.
  •  Through learning economic activity provided by the government, I could learn the importance of economic activities in Singapore and understand why Singaporean people try to acquire enough skills for better employment.
  •  I could learn pros and cons about social system in Singapore. It was very impressive that even an illegal immigrant was taken care at the hospital and hospice to the last breath.
  •  It is quite surprising that the area of Singapore is only one-eleventh that of Shizuoka prefecture. And I could study the detail about Singapore’s industry, diplomatic policies and others.
  • The quality of simulation provided by NYP was quite high, which I didn’t expect to take. I will be able to utilize the experience in the future. 

2018年9月25日 (火)

2018年度シンガポール国際リハビリテーション研修について

8月15日~8月24日の間、昨年度交流協定を締結したシンガポール工科大学(SIT)への第1回目のリハビリテーション研修を実施し、リハビリテーション学部 理学療法学科生6名、作業療法学科生6名、引率教員2名が参加しました。シンガポールでは、今年5月に本学を訪れたSITの学生たちが温かく歓迎してくれたおかげで、楽しく充実した研修を終えることができました。

SCU conducted the first Study Visit to SIT from August 15th to 24th, 2018 for six students of physical therapy course and six students of occupational therapy course in School of Rehabilitation Sciences, SCU.  Also two of faculty members accompanied them.  All of them received a warm welcome from the SIT students and staffs who came to visit SCU in May during their stay in Singapore.  SCU really appreciates the wonderful hospitality of SIT!

Sit_blogiess

詳しくは参加学生たちによる報告ブログをご覧ください。

OTブログ ①    

PTブログ 1.  2.  3.  4.  5.  6. 

Please see the details from the above links, SCU-OT&PT blog.

2018年7月11日 (水)

サミュエルメリット大学研修生がプログラムを無事に修了しました。

6月18日(月)から25日(月)の8日間、交流協定締結校のアメリカ・サミュエルメリット大学(SMU)看護学部より、研修生10名と教員3名が本学へ来学しました。

10 nursing students and 3 faculty members participated in the study visit from Samuel Merritt University (SMU) in the United States from Monday, June 18 to Monday, June 25.

618

Img_0324

Img_0348_3

本学看護学部教員による講義・演習や病院・施設の訪問を通して、日本の看護制度や文化を学び、アメリカに持ち帰りたい発見がたくさんあった様子でした。

SMU students learned about nursing and culture in Japan and had many different eye-opening experiences that they would like to bring back to the U.S. through participation in lectures and activities done by SCU faculty and visit to hospitals and facilities.

619

620

622

622_2

学内演習の一つとして、本学の4年次生と共に沐浴演習を行いました。新生児の目の周りの拭き方がアメリカと異なり驚いていましたが、理由を知ると「なるほど!私もこれからは日本のやり方の真似をする!」と納得していました。

They had bathing exercise for newborns with some 4th year nursing students of SCU. The way Japanese nurses wipe around eyes of the newborns was different from that of the U.S., so the students were very surprised. However, when they heard the reason why, many of them said "Yeah, I am going to do the Japanese way from now on!."622_3

622_4

また、本学の3年次生と共にエンゼルケア演習も行いました。亡くなった後も患者さんを思う日本の看護の心に感動している様子でした。

Also, they practiced angel care with some 3rd year nursing students of SCU. SMU students were impressed with how nurses provide care for patients even after they pass away and the thoughtfulness of nursing in Japan.

625

625_2

本学学生・教員宅でのホームステイ体験、交流会、市内見学など学生・教員同士の交流も盛んに行われました。言語の壁を忘れるほど楽しく交流し、特に3月にアメリカ国際看護研修でSMUを訪問した学生たちは日本での再会を喜んでいました。

The students and faculty members of SCU and SMU did a lot together, including homestay, exchange party and tour of Hamamatsu city. They all enjoyed a lot together that they forgot about the language barrier SCU students were worried about before the arrival of SMU group.

620_2

620_3

620_4

623

625_3

本学の学生はSMUの学生から「チャレンジすることの大切さを教えてもらった」と、SMUの学生は本学の学生から「おもてなしの心を教えてもらった」と話していました。異国の医療を学ぶだけでなく、同じ専門職を目指す学生同士がお互いの良いところを吸収し合えるのも海外研修の魅力の一つだと思います。

SCU students learned from SMU students how important it is to try SMU students learned from SCU students the true heart of hospitality (in Japanese, "O-MO-TE-NA-SHI"). We believe that these kinds of learning experiences from each other are meaningful part of overseas study visit, in addition to learning about healthcare and welfare in foreign countries.

*** Thank you everyone for coming! ***

最近の写真

  • _revised_2
  • _revised
  • Photo_9
  • Photo_8
  • Photo_7
  • Photo_6
  • Photo_5
  • 46_
  • 45_
  • Photo_4
  • Photo_3
  • Photo_2