2017年11月29日 (水)

ナンヤン理工学院(シンガポール)より訪問団が来学しました

2017年11月28日、本学の交流協定締結校のナンヤン理工学院(シンガポール)より、副学院長Mr. Edward Ho及び工学部の先生方(Mr. Lam Yook Ming、Mr. Wong Chin Sai Raymond、Mr. Yeo Boon Pu)の4名が来学し、今後の交流の可能性について意見交換をしました。

On November 28th, Deputy Principal Mr. Edward Ho and 3 faculty members from School of Engineering (Mr. Lam Yook Ming, Mr. Wong Chin Sai Raymond and Mr. Yeo Boon Pu) from Nanyang Polytechnic (NYP) visited SCU and had a discussion with president Ohgi and professors from 3 schools about possible collaboration between NYP’s School of Engineering and SCU.

Img_3847

NYPの工学部では様々な分野で活用する技術を研究していますが、保健医療福祉分野で活かせるテクノロジーについては高齢者や障がい者の日常介助支援を目的に、現在NYPで取り組んでいる介助テクノロジープロジェクトを紹介していただきました。

There are a variety of technological research and projects at NYP’s School of Engineering including healthcare and welfare fields. Because SCU specializes in these fields, NYP’s faculty members presented some of their projects for assistive technologies for supporting daily life for elders and people with disabilities.

Img_3845_3

将来のコラボレーションの可能性としては、本学の社会福祉学部を中心にテクノロジーを介護に活かす研究や学生・教員交流についての話し合いを行いました。すでに長い交流がある看護学部やリハビリテーション学部に加え、新しく始まる社会福祉学部との交流に期待が高まりました。

Faculty members from both schools discussed about collaborative research and student/faculty exchange we could possibly have in the future. In addition to the long relationship School of Nursing and School of Rehabilitation Sciences have been having with NYP, both NYP and SCU are excited to have this possible collaboration with School of Social Work about welfare engineering.

2017年度国際看護実習の報告会を実施しました

2017年度国際看護実習を、9月5日から14日まで本学交流協定締結校であるシンガポール・ナンヤン理工学院(NYP)の協力のもと実施しました。11月17日に、その内容について来年度の対象学年である看護学部3年次生に向けて報告しました。

Two of SCU School of Nursing senior students reported their attachment experience at Nanyang Polytechnic (NYP) in Singapore from September 5th to 14th to all the junior students in School of Nursing. The debriefing session was held on November 17th.

Img_3105_2

実習生としてシンガポールに派遣された2名の4年次生は、総合病院や地域病院での実習や訪問看護師への同行を通して、シンガポールの看護を幅広く体験し、日本との様々な違いも発見することができた様子を発表しました。また、NYP学生との交流会やホームステイ体験、休日の観光などでシンガポールの文化にも触れ、国際実習ならではの醍醐味を感じる報告会となりました。

They shared about the hospitals and facilities they were placed and the differences they found between Singapore and Japan. Also, they enjoyed the student exchange, homestay experience, and weekend activities they had with NYP students and faculty members. They had a great time learning the healthcare system and experiencing the culture in Singapore!

Img_0357_3

362_large_3

2017年10月 2日 (月)

ナンヤン理工学院看護実習生が4週間のプログラムを修了しました

9月29日にナンヤン理工学院の看護実習生2名が無事プログラムを修了し、実習報告会と藤本看護学部長より修了書の授与が行われました。

On September 29th, two nursing students from Nanyang Polytechnic (NYP) completed their 4-week nursing attachment program. The students gave a presentation on what they have learned during the program and received their certificate of completion.

報告会では、実習を行った5つの聖隷関連施設(浜名湖エデンの園、聖隷浜松病院、聖隷三方原病院、訪問看護ステーション貴布祢、おおぞら療育センター)で学んだことや日本の医療とシンガポールの医療の違いについて発表しました。

They talked about 5 facilities of Seirei Group that they have placed (Hamanako Eden no Sono, Seirei Hamamatsu General Hospital, Seirei Mikatahara General Hospital, Home nursing station Kibune and Ozora Ryoiku Center), and the differences they found between these facilities and the ones in Singapore.

Img_2795

Img_0886

Img_2792

入浴介助や食事、看護方式の違いなど、様々なことを学んだとのことでした。

退院後の生活まで考慮した看護プランや工夫された病院食等、シンガポールの病院でも実現したいこともたくさん発見できたそうです。

They found so many things (e.g., bathing style, the hospital food, nursing system) that they want to bring back to Singapore.

Img_2801

また、看護学部のアドバイザー懇談への参加や本学の学生との交流も楽しかったそうです。

Also, they enjoyed the time they spent with SCU students.

Img_3375_2

最後は、藤本看護学部長やお世話になった看護学部の先生方と集合写真を撮りました。

修了書とうなぎパイをもらって、とても嬉しそうでした!

We took a photo with Dean Fujimoto and the nursing faculty.

They look very happy with the certificate and “unagi pie” they received from Dean Fujimoto!

Img_2811

お二人とも、4週間、お疲れさまでした!

Great work on your attachment program!

2017年7月17日 (月)

シンガポール工科大学から訪問団(3名)が来学しました

7月10日および11日、シンガポール工科大学の国際室およびヘルス&ソーシャルサイエンス学部より3名の方が本学を訪れました。2日間の滞在中は、本学教職員との交流のほか聖隷関連施設の見学を行い、将来的な大学間交流について話し合う機会となりました。

SCU hosted the faculty members from Health and Social Sciences and Director of International Collabration office of Singapore Institute Tecnology.  During their two-day stay in Hamamatsu, we had opportunities of exchanging academic information, visiting facilities of Seirei group, and discussing on future collaboration between two universities.

Sit

In front of Seirei History Museum

Smgh_doc_heliAt the Doctor Heli pad of Seirei Mikatahara General Hospital

2017年6月14日 (水)

サミュエルメリット大学研修生がプログラムを無事に修了しました

ここでは、6月5日(月)~6/12(月)までの研修を振り返ってご紹介します。

Let's look back on the program from June 5th to June 12th.

6月6日(火)

6月5日(月)に来学したサミュエルメリット大学看護学部の研修生10名は、午前中に日本の介護保険制度と看護教育の講義を受けた後、午後はキャンパスに隣接する聖隷三方原病院および本学学生の基礎看護演習の様子を見学しました。

June 6th: Ten nursing students from SMU learnt about long-term care insurance system for elderly and nursing education in Japan in the morning at SCU.  In the afternoon, they visited Seirei Mikatahara General Hospital (SMGH) followed by an obsevation of basic nursing skills lab for SCU students.

Lecture_omura

日本の介護制度について学びます

Smgh2_2

聖隷三方原病院の院内助産所を見学しました

Smgh1

病院全体についての説明を受けます

6月7日(水

午前中、日本の保健医療制度についての講義の後、本学の学生主催の歓迎交流会に参加しました。会の前半は、本学の学生パネラーが看護師を目指すきっかけや学生生活について紹介するパネルディスカッションが行われ、後半はテーブルごとに分かれてゲームや食事をしながら楽しく交流しました。

June 7th: They learnt the healthcare system in Japan in the morning and invited to the welcome event arranged by SCU students who visited SMU in March.  SCU students introduced their college life and played a game all together.  Eiffel, one of SMU students, sung a beautiful song for us!  That was amezing!

Dsc_1556

鶴田教授による日本の保健医療制度についての講義後

Img_2310_2

交流会前半は本学の学生が日本の大学生活などを紹介しました

Welcome

その後SMU & SCU学生が一緒にゲームで盛り上がりました

Img_2321皆でランチをいただきながら談笑しました

6月8日(木)

本日は災害対策について学ぶ日でした。午前中は再び聖隷三方原病院を訪れ、病院の実際の災害対策について学び、午後は災害看護専門の本学教員である松井先生の指導の下、トリアージのシミュレーション演習を行いました。看護師役と傷病者メイクをした患者役とに分かれた演習の最後には、松井先生より、患者役へ「ベストアクター賞」、看護師役へ「優秀賞」がそれぞれ1名ずつに贈られました。

June 8th was a day to learn the disaster preparedness.  They visited SMGH again in the morning, and learnt the disaster preparedness of the hospital followed by the meeting with a flight nurse.  

Then, next was a simulation of an initial triage at the time of natural disaster.  Students have roles of nurse and patient.  Two of students won the "best leading actor" and the "outstanding performance"!

Sim1

まずはトリアージについての説明を受けます

Sim4

Sim2_2 看護師役と患者役に分かれてトリアージ開始です


Sim3

最後にベストアクター賞の授与がありました

6月9日(金)

午前中は4つのグループに分かれて、10名全員がそれぞれ聖隷の訪問看護師に同行し、日本での訪問看護の様子を見学しました。

June 9th: SMU students were splited into four groups and each of them did shadowing to a home visiting nurse of Seirei group in the morning.

Homevisit

午後は、本学での母子看護学領域である沐浴演習を実際に楽しみながら体験し、日本の文化的背景を含めた産湯についても学びました。

In the afternoon was a maternity nursing lab and SCU senior students explained how to give a bath to a new born baby.  Everyone enjoyed while learning about many little precautions.

Babybath

6月10日(土)

この日は、本学の学生と共に北区にある方広寺と竜ヶ岩洞へ行きました。方広寺では拝観の他、皆で精進料理をいただき本学の学生にとっても貴重な体験となりました。

June 10th: SMU students went to sightseeing with SCU students.

Bus

Houkouji

Lunch

Cimg4545

Cimg4564

6月12日(月)

最終日は、午前中に日本特有であるエンゼルケア(死後処置)の演習を行いました。その後、SMU学生全員が一人ずつこの8日間を振り返り、それぞれの一番印象に残った事、本国に持ち帰りたい学び等と共に感想を発表しました。

June 12th was the final day of the program.  They experience a post-mortem care which is called "angel care" in Japan along with grief care.  

Angel_care1_2

Angel_care_2

Angel_care_3

After the workshop, each SMU student share their feedback to SMU students and faculties at the closing session.  Then, Dean Fujimoto handed the certificate of completion to each SMU student.

Certificate

Img_2457

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

この研修を通して両校の学生や教職員は、言葉や文化が違っても看護や教育、友情に国境がない事を学びました。

Through this program, all the students, faculty, and staffs learnt that nursing, education, and friendship are universal regardless of the culture and language.


2017年6月 9日 (金)

サミュエルメリット大学(SMU)看護学部生が来学しています

6月5日、SMUの看護学部生10名と看護教員2名が大学に到着しました。出迎えには本学の先生方と一緒に今年3月にSMUを訪問した学生達も一緒に集まりました。
On June 5, ten nursing students and two faculty members from SMU arrived at SCU campus.
SCU faculty members together with students who visited SMU in March welcomed them.

Reunion

Reunion1

Reunion2

感激の再会です。
They are so happy to see each other again!.

20170605_2

聖隷歴史資料館(5号館)の前で全員写真です。
In front of Seirei History Museum(building 5), we took a photo all together.

Blog1 まず初めはオリエンテーションです。スケジュール詳細の他、浜松市についても紹介しました。
The kickoff meeting is an orientation of the program.
They learned the details of the schedule as well as the city of Hamamatsu.

Blog2

キャンパスツアーでは、聖隷歴史資料館のほか、図書館や演習室の見学をしました。
During the campus tour, they visited the Seirei history museum and the training rooms of the 3 schools.

Blog3

また、看護学部3年次生の老年看護領域の講義も体験しました。 SMU学生は、大教室での160人に向けた講義にとても驚いた様子です。
SMU students also experienced the lecture of Gerontrogical nursing with 160 SCU students at a big lecture room. They were surprised at the size of the class.

Blog4

母性看護実習室では、妊婦体験着を着用して妊婦さんがどう感じるかを体験しました。
In the maternal nursing practice room, they wore a pregnancy suit in order to experience how a pregnant woman feels. 

2017年5月 9日 (火)

アメリカ看護研修の報告会を実施しました

2017年3月20日~3月30日にカリフォルニア州のサミュエルメリット大学を拠点に行われたアメリカ看護研修の報告会を2回に分けて行いました。

日時:4月27日(木)、4月28日(金)どちらも3時限目

参加学生:合計89名

研修参加者による研修の振返りとハイライトなど、パワーポイントを使って詳しく発表しました。発表後、引率の先生からは参加者が研修を通してタフに成長したコメントや、報告会に参加していた藤本看護学部長からは大きく成長した看護学部生達の今後にかける期待を込めた応援メッセージをいただきました。また、次回のアメリカ看護研修に興味がある学生向けに、国際交流センターから募集時期や申込み手順についての情報提供もありました。

On April 27 and 28, participants held briefing sessions on Study Visit to USA for other students and faculty of School of Nursing.  Participants of the study visit learned and enjoyed a lot through generous support by Samuel Merritt University in California.

N 

N2

N3

N4

2017年3月28日 (火)

アメリカ看護研修③ Study visit to SMU

研修のハイライトの1つ、John Muir Medical Center, Concord(総合病院)を訪問しました。病院で早朝の看護師さんたちの仕事を見せていただくため、とても早起きをして頑張りました!

Smu9

Smu10

Smu11

Smu12

Smu13

アメリカ看護研修② Study visit to SMU

3/21~3/29の間、カリフォルニア州オークランド市にある交流協定締結校であるサミュエルメリット大学(SMU)を拠点として、現在実施中のアメリカ看護研修の様子をご紹介します。

SMU学生も着用する研修着を着てシミュレーション演習体験

Smu1

George Mark Children’s houseへ見学訪問

Smu2

Smu3_2

 


 

Smu4

SMUにてアメリカのヘルスケアについての講義

Smu5

本学の小池先生が自身の研究についてプレゼンテーション

Smu6_2

SMU看護学生の実習体験報告

Smu7_2

Smu8

2017年3月23日 (木)

アメリカ看護研修 Study visit to SMU

3月20日(月)から30日(木)の日程で本学看護学部の学部生10名および看護教員3名が、交流協定締結校である米国カリフォルニア州のサンフランシスコ近郊にあるサミュエルメリット大学を拠点とし、研修をスタートさせました。

Ten of Seirei Christopher University (SCU) nursing students and three faculty members are visiting Orkland, California from March 20 to 29 for the exchange program for nursing with Samuel Merritt University (SMU).

研修の初日は、オリエンテーションの他、SMUのキャンパスツアーやSMU学生主催の歓迎会などを開いて頂きました。

Smu_campus_tour_1_4

Smu_campus_tour_8

They took a campus tour at SMU.

Smu2017321a_2

SCU students are welcomed by many of SMU students and faculty members of School of Nursing at the welcome party!

最近の写真

  • 362_large_3
  • Img_0357_3
  • Img_3105_2
  • Img_2792
  • Img_0886
  • Img_2795
  • Img_2801
  • Img_3375_2
  • Img_2811