3年生 Feed

2019年6月13日 (木)

【761】キャリアデザイン~先輩OTからのアドバイス~

こんにちは教員の鈴木ですaries


今回はキャリアデザインの授業で開催されたキャリアサロンにお伝えします



昨年から始まったキャリアデザインの授業で、卒業生をお呼びしてそれぞれのキャリアについての経験談や体験談、現在の仕事について話して頂くキャリアサロンを行っています

昨年度の様子はこちらから
【663】卒業生から学ぶキャリアデザイン




今年度も6名の卒業生にお集まり頂き、3年生が将来のキャリアや今現在何をすべきか考える機会とするため、今年もキャリアサロンを開催しました

20190531134152327








10期生の植山さんは精神科領域での経験談や興味のあることをすることについて、、

20190531153010331



9期生の甲斐君からは身障領域の回復期病棟での経験と計画的に働くことのアドバイス

20190531153244334



6期生植松君からは老年期領域での経験や作業療法の専門性を発揮するための方法について、、、

20190531160936336



2期生三嶋さんからは、地域・精神領域での経験と子育てしながら働くことについて、、、

20190531161526339



5期生、宮本君からは身障領域の急性期で働くことの経験と、昨年終了した大学院進学への道のりについて、、、

20190531153012332



8期生大野さんからは、発達領域と地域領域で働くことについて、、、

20190531161556340




各領域での経験談や卒後のキャリアデザイン、実習の心構えなど具体的に聞くことができ、今から何をしておくべきか考えることができる機会となりました


卒業生の皆様、ご協力ありがとうございましたsign01


20190531171522344



最後まで読んで下さりありがとうございました



2019年5月28日 (火)

【756】憩いのベンチ贈呈のご案内

こんにちは。教員の藤田ですtulip


本学科の1,2年生は陶芸や革細工,さをり織りなど様々な作業体験を学生たちが実際に体験しながら、作業が人の健康や幸福に与える影響を考えたり、障害や年齢に合わせて提供する方法を学んだりする授業がありますconfident

 

その中で、「木工」もあり,5,6人のグループで二人掛けのベンチを毎年作っていますxmas
そして作ったベンチは,毎年近隣の福祉施設や病院,教育機関や各種団体に寄贈してきました。

 

2012年より始めたこの地域貢献活動が昨年、認められ、公益財団法人「小さな親切」運動本部より「小さな親切」の活動実行章を受章しましたshineshineshine

201905281



201905282






様々な場所にもらわれていったベンチが,多くの方々に疲れた体を癒したり,コミュニケーションの場となり、皆さんのお役に立てていることに大変うれしく思いますnote



 

この活動をぜひ末永く行って行こうと思って教員学生一同決意し、
そして今年度も昨年度の1年生が作ったベンチを寄贈しようと思います。

作成時は女の子も頑張って、鋸、金槌、電動ドリルを使いこなして頑張りました。


20190111151024324_2






今年寄贈予定のベンチは6台。
レッドシダーという屋外で使用しても丈夫な木材を使用致しました。

20190111151048327


 


ぜひ使用したい病院・福祉施設・教育機関・各種団体等ございましたら、下記までご連絡ください。

20190528_152301




 

多くの方にご使用いただきたいため、1施設1台のみとさせていただいております。
また大学まで取りに来ていただける方に限らせていただきます
 

ベンチの大きさは、設計図では、幅114センチ、奥行き60センチ、高さ87センチです。若干学生によって誤差が生じています。

ワンボックスタイプの軽自動車以上の大きさであれば搬入可能です。

 

昨年度以降にご応募いただいた施設でも大丈夫です。
ご連絡お待ちしています。

 

応募の締め切りは7月19日(但し予定寄贈台数に達した場合はその時点で締め切らせていただきます)
お引渡しは7月25日(金)を予定しています。
(ご都合が悪い場合は個別で調整させていただきます)

  

ご応募、心よりお待ちしております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


2019年5月27日 (月)

【754】OT学生交流のBBQ大会~お肉とマシマロで大満足~

こんにちは、教員の鈴木ですaries
急にアツくなってきましたね、、sun
皆様、熱中症など体調管理にお気を付け下さい


さて、少し前の報告ですが、OT学科学生交流会として、毎年恒例のBBQ大会を行いましたevent


20190509182628308




20190509185146326



やや、緊張気味の1年生でしたが、2,3年生のおもてなしと、美味しいお肉ですぐに打ち解けていました

20190509183010310



20190509183110311




20190509185512333



20190509185540334



2,3年生ともにBBQの手つきもスキルアップしていて、まるで屋台のやきそば屋さんのようでしたnote

20190509190156339




そして、スイーツには恒例のマシマロ焼きbirthday

20190509190530345



いつもより、ビックサイズのマシマロに大満足でしたnote

20190509191246347




最後は全員で記念写真cameraflair
次のBBQは4年生の実習後でしょうかsign02またみんなで交流しましょう

20190509195810378




そして準備してくれた、2,3年生お疲れ様でしたsign01
最後はよくわからないけどガオガオleoで記念写真

20190509205648439










最後まで読んで下さりありがとうございました





2019年5月22日 (水)

【752】作業療法学科の交流会〜バレー大会で交流を〜

こんにちは
作業療法学科3年の山田、山本です

先日新入生歓迎会として作業療法学科の1〜3年生でバレー大会を開催しましたbaseball
コートの中では先輩後輩関係なく、チーム一丸となって精一杯プレーしましたsweat01



201905121




応援の声も飛び交い、とても盛り上がりましたupupup


1年生も最初は緊張した様子でしたが徐々に慣れてきて、休憩時間や観戦の合間に先輩達と笑顔で交流している様子も見れて良かったです

最後に全員で写真を撮りましたcamerashine

201905122


運営をした3年生のみんなでも集合写真note

201905123





とてもよい交流の機会となったので次回の開催も楽しみにしたいと思いますhappy01



最後まで読んでくださりありがとうございました

2019年4月19日 (金)

【749】ランチパーティー~OT学生交流会~

こんにちは教員の鈴木です
天気も風も心地よくなりましたねsun


さて、OT学科では毎年恒例の第1回ランチパーティーを開催しました
始めに新学科長の伊藤先生から「いただきますrestaurant」のご挨拶

20190418_120153




ランチパーティーでは各学年2,3人に分かれて、学年を交えてグループを作ります



20190418_221613




グループによっては教員も混ざって、それぞれのランチとトークを楽しみましたhappy01


20190418_221634



はじめはやや緊張気味でしたが、お弁当とお菓子のおかげで少しずつ会話も弾んでいたようですnote

20190418_221648



1年生は2,3年生から学生生活のアドバイスを聞いたりと学生生活のヒントが貰えたようですz

20190418_221700




次回は4年生も交えて5月28日に行う予定です
みなさまお楽しみにsign03



20190419_141815







最後まで読んで下さりありがとうございました


2019年4月12日 (金)

【747】3年生になりました!~臨床実習に向けて~

皆さん、こんにちは 新3年の山田山本です。


春休みが終わり、2年生から3年生になりました。
3年生は、自分がどの領域にいくか、どういうOTになりたいのかなど、それぞれが自分がどうしていきたいか考える大切な学年なので、自分が興味を持ったことはチャレンジしていき、自分の選択に繋げていきたいですsign01



ガイダンスで実習の話があり、実習まですぐだということを実感し、より勉強に力を入れていかなくてはいけないなと感じましたpencil

 
授業も始まり、さらに専門的な話や演習が増えていくと思います。
予習や復習をしっかり行うようにしていきたいです。



今日の授業でガイダンスの時に撮れなかったクラスの集合写真撮りました
実習に向けて、みんなで協力して準備していきたいですhappy01

20190411_150548




 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

2019年3月20日 (水)

【740】国際作業療法実習 in Thailandその③

こんにちは。
作業療法学科3年の野津幸栄です。
先日、タイで行なっていた国際作業療法実習を終えて帰国しましたairplane
今回は、タイで2週間行ってきた国際作業療法実習で学んできたことを紹介したいと思います。


過去の報告はこちら
【738】国際作業療法実習 in Thailandその②

【736】国際作業療法実習 in Thailandその①




まず、2週目には身体障害領域の病院や施設に行かせていただきました。
2週目の初日は、就労支援施設に行かせていただき、JICAボランティアでチェンマイに派遣されている日本人の作業療法士に方にもお会いすることができましたhappy01

52846838_1004550903062112_811294005





日本でお話は聞いていましたが、実際に働いているところを見させていただきとても貴重な経験でした!
この就労支援施設では、何種類かある職業にそれぞれに専門の先生がつき、技術を身に付けることができる施設を見学させていただきました。


日本では、専門的な技術を身につけられる就労支援施設は、見たことがなかったため、とても勉強になりましたpencil
日本でもこのような施設を作れれば、再就労がしやすくなるのではないのかなと考えましたconfident

53067842_1004554583061744_225221453







この就労支援施設以外にも、地域のリハビリテーションセンターや急性期の病院などを見学させていただきました。
タイには、急性期の病院を退院すると回復期の病院がないため、自宅での介護や地域のデイケアのような施設に行きますhouse


そのため、手指や足部が変形してしまったり、寝たきりになってしまったりする人が多いという話も聞くことができました。
そのため、タイでは回復期の病院を増やしていければ今よりも疾患を持った人たちが生活しやすくなるのではないかと考えることができました。

53646172_1006683589515510_269191516







また、タイではSTが少ないため、OTがSTの役割である嚥下についてやっているところを見ることができましたrestaurant

日本では、STが段々と増えてきているため、STが嚥下について行っていますが、タイではほとんどいないためOTがやらなくてはならないために学校でも嚥下について学ぶそうです。実際に学生がICUにいる患者さんにswallowing testを行なっている様子を見ることができました



53695298_1005084283008774_266093951



このように、私達3人は、2週間毎日見学することで、日本との違いを日々感じ、タイのOTがどのようなことをやっていることなどを学ぶことができました。
毎日、驚くことや学ぶことが多くとても充実した2週間を過ごすことができましたshine



やはり、日本とは文化等も違うために日本とは違うところがあるのだと改めて感じることができました。
また、タイはタイ語で患者さん達は英語が話せない人たちが多かったですが、表情や声のトーンなどから患者さんの気持ちなどを読み取ることができましたnote

言語は通じなくても、表情や仕草、声のトーンなどから気持ちは通じることができるんだなと感じたのもとても良い経験となりましたhappy02


7362_190320_0049


この2週間、私達にとって視野が広がり、他の文化などを知ることにより考え方も広がったのではないかと感じています。


今回の国際作業療法実習で学んだことを生かして、四月から始まる実習も頑張りたいと思いますsign03sign03


2032019_190320_0079





最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


2019年2月26日 (火)

【736】国際作業療法実習 in Thailandその①

こんにちは、作業療法学科三年の紅林です

今回私は国際作業療法実習に参加していますairplane
これから国際作業療法実習の様子について、私を含め三人の学生がブログを書いていきますpencil


まずは出国です
出国日は朝から天気がよくとても気持ちが良かったですsun

普段早起きがあまり得意ではない三人ですが、早起きをし、余裕を持って出国手続きが終わりました
出国までスタバを飲みながらゆっくり過ごしましたcafe

S__56786949

これから初めてタイヘ行くため、緊張と不安もありますが、それと同じくらい楽しみも大きいですshine

S__56786953





英語は苦手でしたがたくさん勉強したので、あとは自分を信じてがんばります

S__56786952





そして、タイ北部のチェンマイに到着してからは
Wat Prathat Doi Suthep(通称ドイステープ)というチェンマイを一望できるお寺に行って、実習の成功と安全を祈願してきました

C30e8032f4dcdb6f9beecabf2b4a1f09a_3


Ⅰ期の実習で学んだことを活かし、Ⅱ期Ⅲ期、そして就職後に繋がるようなことたくさん学んで帰りたいと思いますhappy01



最後まで読んで下さりありがとうございました




2019年2月14日 (木)

【734】大学院の講義に参加〜作業ポートフォリオとカナダモデル〜

こんにちは教員の鈴木ですaries


2月9日(土)に宮前先生の大学院の授業で広島県立大学の吉川ひろみ先生が特別講義を行いました
今回は宮前先生、吉川先生のご厚意で学部生も参加できる講義になりました


20190209_120234_2



本学で使っている作業科学や作業観察の教科書の執筆者でもある吉川先生から直接お話を伺ってみたい、お会いしてみたいと、14名の3年生が参加しましたsign01


20190209_101932_2



 
作業ポートフォリオでは二人組になり、それぞれがしてきた作業・している作業(doing)を書き出し、どうなってきたのか(being)、どうなっていきたいのか(becoming)を話し合います

作業が人にどんな影響を与えているのか、そして話し合いを通して自分自身の作業や、これから何をしていくべきなのかを考えることもできます。

参加した学生達は作業の理解と人の理解の療法ができて、とてもよかったと充実していましたhappy01


作業ポートフォリオの詳細は吉川先生のHPから
作業とストーリー

20190209_103944_2




私は伊藤先生とペアを組んでワークショップをしましたが、驚いたことにそれぞれがしてきた作業・している作業(doing)、どうなってきたのか(being)は違うのに、どうありたいのか(becoming)は共通していてとても興味深かったですnote


20190209_102433_2





ワークショップ後には作業療法の理論であるカナダモデルについての講演
学生達は実習に行ったばかりなので、それぞれの臨床実習での経験を思い出しながらモデルの理解を進めているようでした。


20190209_113306_2



講義の後は、吉川先生のサイン会。
自分たちが使ってきた教科書にサインとメッセージをもらいとても励みになったようですnote

20190209_120927_2



さらに宮前先生のサイン会も同時開催、学生達の教科書は吉川先生、宮前先生のサインが入ったプレミア物になりましたshine

サインをもらったみなさんは、ただ大切にするのではなくてしっかり使って言ってくださいねsign01


20190209_121343_2




最後に、吉川先生、宮前先生、大学院生、学部生で記念写真camera
吉川先生、遠くからお越しくださりありがとうございました



20190209_122213_2



最後まで読んでくださりありがとうございました


【733】国家試験頑張って下さい会!

こんにちは、教員の鈴木ですaries


あっという間に2月に入りました
いよいよ4年生の国家試験の準備も大詰めです

毎日、朝から晩まで国家試験勉強に取り組んでいる4年生のために、毎年恒例となっている国家試験頑張ってください会が開催されましたshine



後輩を代表し3年生の村上君の開催宣言paperで頑張って会は始まりました

20190130171148318



前半は3年生が中心となって作成した応援ムービーmovie
後輩と教員が踊ったり、、、note

20190130171354322

20190130171428323






時には励みとなるようなお笑いネタがあったりとリラックスした時間を過ごしました

20190130171512325




そして新宮先生からのギター弾き係での応援ソング
今年は新曲の「国家試験合格宣言」を熱唱してくださいましたkaraoke

20190130174128357



励みになる歌詞や衝撃の発表が含まれた応援ソングに4年生は大喜びでしたhappy01



20190130174540373




そして、教員一人一人から4年生に励ましのメッセージup

20190130175040383



全員国家試験合格を信じているという思いはOT教員一同団結しているのですが、伝えるメッセージは多種多様で、教員の個性がこぼれだしていましたcoldsweats01

20190130175348389



そして最後には後輩から応援グッズのプレゼントpresent

20190130180030396




今年は合格祈願お菓子の詰め合わせと、3年生手作りのだるま

20190130180240405




3年生が思いを込めてチクチクと作りました
そしてこのだるまの裏側には、、、

20190204_120631




なんと、一人一人の名前が刺繍されていますsign01

20190204_120642




このような心のこもったプレゼントに4年生は大喜びlovely

20190130180248406



20190130181250432




さらには、革細工で合格祈願のキーホルダーもプレゼントcute
こちらも手作りで3年生が革細工のスタンピングをトントンと行って作りました
こちらにも一人一人の名前が入っていますshineshine


20190204_120637




これらのプレゼントを貰って4年生はお驚きと感謝と勇気を貰えたようです


20190130181344435



20190130181302433




国家試験まであと3週間を切りましたが、この頑張って会を励みにして、残りの時間もがんばって勉強していきましょうgood

20190130181110426



そして、2月23日(土)の午後には国家試験の会場近くに4年生は移動します
14:30から出発のお見送り会をしますので、3年生以下の皆さんはお集まりくださいね

最後に4年生にエールを送りましょうup




最後まで読んでくださりありがとうございました








2019年1月25日 (金)

【730】事例報告会~報告を通して成長を感じました~

OT学科三年の紅林です

寒い日が続きインフルエンザも流行していますが、しっかり食べて寝て、インフルエンザに負けずに頑張ってますhospital


さて、今日紹介するのは先日行われた事例報告会についてですkaraoke



私達三年は11月と12月の2ヶ月間、各施設や病院で臨床実習を行いました
実習地の皆様、お世話になりましたconfident


実習報告会は一人10分の持ち時間、実習時に担当したクライアントに対して自分自身が何を行ったのかを報告し、質疑応答を通して考えを深めます

20190118133430305




2ヶ月間の実習の成果か、クラス全員が一回りも二回りも成長が感じられるような報告が聞くことができました

20190118104510301




友人たちの成長を肌で感じることができ、負けていられないという気持ちになりましたsign01

20190118112430304




実習はまだ二回残っているため、これからの春休みを活かして勉強し、今の自分を更に成長させていきたいと思いますup



最後まで読んで下さりありがとうございました

2019年1月22日 (火)

【729】高齢者施設でボランティア~おひな様の準備~

こんにちは、教員の鈴木ですaries


寒さが厳しくなってきましたね、インフルエンザが流行っていますので水分補給を忘れずにして下さいjapanesetea


さて、つい先日に実習が終わったばかりの3年生と高齢者施設にボランティアに行ってきました
実習で経験を積んできたので、今回は学生が計画も進行もやってくれましたhappy01


20190121_131335



今回行ったのは陶芸でおひな様作りcherryblossom
まだ、1月なのにと思うかもしれませんが、陶芸は完成までに2ヶ月かかるので今から取りかかるとちょうどいいのです


参加した高齢者のみなさんを学生がサポートし、お話を楽しみながらそれぞれのおひな様を作りましたcute

20190121_141612

今回はおひな様とお内裏様、そして時間があったのでそれぞれに、箸置きやお花など作りたい物を作って頂きました


完成したのがこちらsign03


20190122_180318_2

 

これを素焼きして、一ヶ月後には色つけをして完成ですshine

20190121_144417_2





最後まで読んで下さりありがとうございましたあ


2018年10月22日 (月)

【708】実習直前の総まとめ作業療法学内総合実習〜評価編〜

こんにちは、教員の鈴木ですaries

すっかり秋の気温になりましたね、、、maple
前回お伝えした学内総合実習の続きです
前回の内容はこちら

【704】実習直前の総まとめ作業療法学内総合実習〜面接編〜




各グループとも前回の面接で得た情報を元にさまざまな観察を行いました
こちらのグループは「片手だと歯磨き粉をつけづらい」と聞いたので、ご自宅の情報を得ながら片手でもつけやすい方法を探したりshine



20181009134522312





そして、こちらは「洗濯物をもっとスムーズに干すこと」と希望されていたので、実際の作業を観察しました。その様子はiPadで撮影しさらに分析しましたdenim


20181009134834318





こちらは「何か運動がしたい」と希望されていたので、過去に経験のあるゴルフと似ているゲートボールに挑戦してみたり、、、golf


20181009134902319





奥様の負担を減らすために、「シャツのアイロンがけを自分でやりたい」と希望されたので、実際にやっていただいたりt-shirt


20181009151740342





「安全に料理ができるようになって自分で料理をしたい」と希望されたので、実際に行って安全に効率よく行う方法を考えましたrestaurant

20181009153554350





また、観察後には作業がうまく行える、行えない原因を明確にするために、さまざまな検査・評価を行いました

20181009141804322_2




このように、現場での作業療法の流れ、事前情報収集からの準備、面接、観察、評価、介入を教員の管理課の元で行わせていただきました

学生にとっては緊張感も作業療法士としての態度や勉強に対する姿勢なども学ぶ貴重な経験となりました

演習協力者の皆様、今回もご協力ありがとうございましたconfident


201810191

201810192



201810193



※写真掲載は許可を得ています





そして、演習後には事例報告会


20181015_133519





各グループで協力者の介入結果や介入方法について報告しました
報告後の質疑応答ではみんな積極的に質問していました
本質的な質問が増えていて、この1ヶ月間での成長を感じましたup


20181015_164240



3年生はいよいよ来週から実習です
体調管理も含めしっかり準備をしていきましょうね!


最後まで読んでくださりありがとうございました




2018年10月 8日 (月)

【704】実習直前の総まとめ作業療法学内総合実習〜面接編〜

こんにちは、教員の鈴木です
週末は真夏のような暑さでしたねsun


さて、3年生は初めての実習を控えて、これまでの学習の総まとめに取り組んでいます
その一つが作業療法学内総合実習


実際に障害を有しながら、地域で生活されている人に演習協力者として演習に参加していただいています

2018092506_3






第一回は面接編、演習協力者の事前情報からどのようなことをある程度準備しておき
作業療法の面接評価法であるCOPMかADOCを対象者の状況に合わせて使っていきますear

2018092507





どちらの評価も対象者が行いたい、する必要がある、しなければならない作業について聞き取り
その作業の重要度、満足度、遂行度とどのように感じているかを聞き取る評価法ですcatface

2018092504_3




それぞれの評価法を使いながら、その人にとって必要な作業は何かを明確にし、どのようなことに興味があるのか、どんな役割があるのか、その作業にどのような意味を持っているのか、、、面接を通して協力者の生活や価値観など様々なことを理解していこうと心がけます



2018092503





次回は面接結果から、この演習で演習協力者と取り組むと決めた作業について、実際に観察させて頂きますsign01



2018092510



協力者のみなさま、今回もご協力ありがとうございました

最後まで読んでくださりありがとうございました



2018年10月 2日 (火)

【702】浜松市と大学との連携講座 ~はままつ地域づくりフォーラム学生発表~

こんにちは,教員の泉ですaquarius


9月22日(土)に昨年実施した浜松市と大学の講座の発表をさせていただきましたsign03


昨年の実施の様子はこちらから


【615】浜松市と大学との連携事業~OT学生による一般地域住民向けの講座

【616】地域住民向け講座の様子が新聞に掲載されました



数ある講座の中から,本講座のみ発表させていただき光栄ですshineshineshineshineshine
対象は地域の方,市職員の方など100名以上の方が参加されていました.

 

201809263

 

 

「作業療法の紹介」からはじまり,講座の概要,海馬を鍛える体験,講座の効果を発表しました.
講座の一部を実際に体験していただくことにより,理解を深める一助になったと思います.

 

201809264

 

学生たちは,分かりやすい説明で,相手に伝えようとする気持ちが伝わってくる,素晴らしいプレゼンテーションが出来ていましたkaraoke

201809262



その時の堂々と凜としていた様子が新聞にも掲載されていましたmemo


20180926_182232







発表後は地域や市職員の方々との「情報交流会」にも参加し,「人の輪」を広げることができていましたnote

201809261





学生たちの立派な姿に刺激を受けた,とても良いフォーラムでした
今後も地域に浜松市との連携事業を通して,地域に貢献させていただきましょうsign01

 

 

 最後まで読んで下さりありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださり,ありがとうございました.

2018年9月27日 (木)

【700】臨床実習指導者会議〜臨床実習に向けて〜

こんにちは、鈴木ですaries

本日は臨床実習前に行っている臨床指導者会議について私と学生からお伝えします


実習指導者会議では近江温泉病院の石黒先生にお越し頂き、「後輩指導のキャリデザイン」のテーマで院内で行っている後輩指導、学生指導についてお話し頂きました


2709201802





今回集まって頂いた実習指導者のお顔を見てみたら、至る所に卒業生が、、、
休憩時間に集まってもらい、新宮先生を囲んでミニ同窓会をしました



2709201804


なんとほぼ半数の施設の指導者が卒業生sign03
1期生から9期生まで勢揃いshine
卒業生が実習指導者となってくれるのは心強いですねhappy01




学生あいさつでは代表の阿部君が意気込みを述べましたkaraoke

2709201805





ここからはバトンタッチして学生から伝えて頂きます、、、、





作業療法学科3年の紅林です
 
最近秋らしくなったなと思ったらまた暑い日に戻るなど、季節の変わり目で気温が変わりやすいですね
実習を控えているので、体調管理には気をつけていきたいですmaple

 
今回は10月29日から始まる「臨床実習Ⅰ」への意気込みについて書いていきたいと思いますbearingdash

 
9月の中旬に実習指導者会議が行われ、遠方からも多くの臨床実習指導者の先生方来てくださいました。


2709201806





とても温かい言葉をいただいた後に、生徒と一対一になり親身に相談にのってくださいました
本当にありがとうございましたconfident

2709201809




 
私は今回の実習で初めて病院にいる患者さんと接します。今まで、地域や施設で生活している人とばかりボランティアで関わってきたため、どのように接していけばよいのか、評価法は間違えて覚えていないか、など様々な不安なことでいっぱいですcoldsweats02

 
あと一ヶ月という短い時間の中で自分がやるべきことを考え、一つ一つを復習し、また新しいことを学べる、良い準備期間にし、初めて行う長期の実習に備えていきたいと思います。

 


2709201810

初めての実習でとても緊張しますが、頑張りますup


最後まで読んで下さりありがとうございました







2018年8月 3日 (金)

【687】高齢者施設で集団作業療法計画

こんにちは、作業療法学科3年の松井です。
最近は猛暑によりみんな少しバテ気味ですがsadテストを頑張っていますpencil


私たちは先日、高齢者施設で集団作業療法の計画から実施までを行ってきたので、そのことについて感想などをお伝えします。



高齢者施設の集団作業療法では、学科メンバーが4人から5人の小グループに分かれ、7施設で集団作業療法を行いました。

20180712_142359




 
実際に作業療法を行うという経験がほとんどない3年生にとって、初めてともいえる作業療法プログラムの立案はとても難しいものでした。


20180712_133525





集団作業療法ということで、医療者目線からの目的を持ち、作業を用いるリハビリテーションをみんなで長い時間をかけて計画することができましたconfident


20180712_145210






集団作業療法を行い僕が感じたことは、多くの人に同時に関わる難しさや、プログラム立案の難しさを感じました。


20180712_145020








一方で、達成感や満足感を感じることができ、最後に利用者の方に感謝の言葉をかけていただいた際には、作業療法士がとてもやりがいのある仕事であるということを再度感じることができましたhappy01


20180712_153604





また終了後には施設の作業療法士(聖隷卒業生)からもアドバイスを頂くことができました
ありがとうございましたsign03

20180712_152533





今回の体験はこれから始まる実習や作業療法士になったときにいきていく経験になりました。
今後も授業で体験させていただくこと1つ1つに意味を持ち、勉強していきたいと思いました。




 
最後まで読んで頂きありがとうございました。


2018年7月18日 (水)

【683】近隣施設と共同して作る花壇~先輩が後輩をサポート~

こんにちは。教員の藤田です。
今回は近隣の施設と協力して行っている園芸活動の報告ですtulip


梅雨の最中の6月15日の2年生の授業で、身体障害を持つ方々が主に入所されている
大学の近隣の聖隷厚生園 信生寮の利用者様と園芸活動を行いました。

20180615133932301






2期生のころから行ってきたので、
今年で13回目になる恒例の行事です。
今回も39名という多くの利用者様がご参加いただきましたnote



学生たちは事前に園芸についての知識、
園芸時の介助の仕方等をしっかり学んで臨みましたが、
それでも身体障害を持つ方々との園芸活動の実践は初めて・・・・coldsweats01


20180615141532312_2





まずは信生寮さんにお迎えに行き、ご挨拶して、
大学まで車いすを誘導するまではよかったのですが、


いざ園芸活動を始めようとすると
緊張で固まってしまい
「どうしたらいいんだ!?」と戸惑う学生たちが続出でしたcoldsweats02

20180615141310310






そんなとき今回は強い味方が参加してくれました。
同じ作業療法学科の3年生、34名shine


20180615133818300_2



3年生は昨年同様の活動を行いましたので、経験済み。
それに加え、この1年で様々な技術・知識を身に着け、
また演習やボランティア等積極的に参加してきましたので

後輩指導は「さすが先輩lovely」といった感じで
臨機応変に戸惑う後輩にアドバイスをしたり、
利用者に積極的に声かけるなど
参加した教員一同も、その動きと1年の成長にとても感心しましたheart04

20180615142102317




利用者様39名、2年生32名、3年生34名、そして4人の教員という
100人を超える大規模な園芸活動の成果として
素敵な花壇が出来上がりましたtuliptuliptuliptuliptulip

20180615151828359_4





その後、めぐみの雨のお陰で、よく育ち、
今では中庭を通る人たちの目を楽しませてくれていますbudbudbudbudbud

20180615151044354_2






よろしければ皆さんもぜひ見に来てくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



2018年6月26日 (火)

【678】高齢者体験からの気づき~体験キットを使って~

こんにちは、作業療法学科三年の紅林です

最近とても暑くなりましたねspa
テストもだんだん近づいてきているので、暑さに負けず頑張っていきたいと思いますbearingdash
今日は先日行なった高齢者体験についてお伝えします



高齢者体験では、実際に高齢者と同じ姿勢になれるものや、緑内障と白内障を経験できるメガネ、難聴を体験できるヘッドフォンを使いって行ないました。

20180626180732300

20180626180734308







実際に行なってみると、身体の疲労が強くて、すぐ座りたくなったり、杖に体重をかけて休みたくなりましたsweat01

20180626180733304





また、難聴を体験できるヘッドフォンをつけて通話したときは、相手の声を聞き取るのが難しくなんどか聞き返してしまいました
また、女性の高い声はの男性の低い声より聞き取りづらいことを知りましたear

20180626180733302





今回の体験を通して、高齢者の普段の辛さや大変さを見を持って体験しました
この経験を実習に活かしていきたいですsign01



最後まで読んでいただきありがとうございました


2018年6月25日 (月)

【677】卒業生達による授業〜実践活動の報告〜

こんにちは。教員の藤田ですbud

 
ワールドカップ、日本代表惜しかったですねsign01
次の試合で決勝トーナメント進出を決めてほしいですねrunsign04soccer



さて、春セメスターの授業も大半が終わりに近づき、
学生たちもレポート作成や試験勉強に忙しくなってきています。

 

そんな中、3年生の精神障害作業療法の授業では
いつもの講義とは違い、卒業生による実践活動の講義がありました。

 

講義に来ていただいたのは、浜松市内で、精神障害や発達障害の方々への地域生活支援を行っている多機能型医療法人社団至空会へ就職した6名の卒業生です

 

まずはじめに、至空会を利用されている利用者様に、
自身の病気になるまでの経緯、病気になってからの様々な思い、経験、
そしてよきパートナーと巡り合い、心の支えとなり、病気も落ち着いたこと・・・
そして近く入籍されるとのお話をいただきました

 

結婚してよかったことは?との学生の質問に
「死ねないなあって思ったよ」との言葉が印象的でしたconfident

 

続いて4期生の寺田さん。

S__3866650





普段は1歳半検診での支援や療育、不登校児の支援など発達の気になる小さなお子様の支援を行っているそうです。
また寺田さんは2歳のこどもさんを持つお母さんchick

 

子育てしながら働くお母さんの視点からのお話や、

今振り返ってみて、大学生時代にすべきことなど、これから実習に向かう学生さんたちにとって大変有意義なアドバイスを多くお話いただけました。


 

3番目は、10期生の松浦さん

S__3866653



今年からOT2年目であり、ダダ第2クリニックのデイケアで勤務されています。

昨年も来てくれたので、今回は2回目の講義となりました。
現在は心の病を抱える方々が、日々のささやかな楽しみや、次のステップに進めるような支援のお話をしてくれましたhappy01

 

4番目は、2期生の三嶋さん。(写真左側)

S__3866631





三嶋さんも昨年出産されたばかりでまだお子様も1歳。
最近復帰されたばかりで、保育園に預けながら働く頑張るママですchick


現在、浜松市就労支援センターふらっとで勤務されており、
障害をもちながらも、「働きたい」と願う方にしっかり寄り添い、様々な機関と積極的に連携し、
働きたい夢を実現させていくというお話で、地域支援を行うための重要な要素を学ぶことができました。

 

5番目は、今年の3月に卒業したばかりの11期生の原木さん(写真右側)

原木さんはさんぽみちで、放課後等デイサービスで勤務され、
発達や情緒等に心配のあるお子様たちに学校終了後の時間の支援をされているそうです。


様々な思いを抱えるお子様たちに寄り添い支援されているとのことで、
まだまだ働き始めただばかりながらしっかりと頑張っている姿に、新人さんながら頼もしさを感じましたsmile



6番目は、3期生の長谷川さん。

S__3866629

長谷川さんはワークだんだんで、障害者の方々の就労支援を行っています。
一人一人に合わせたきめ細やかな支援を行っており、
その成果として、高い就職率を維持されているそうです。

 



最後は、1期生の菅原さん。
ダダ第2クリニックのデイケアで勤務されています。

S__3866628



 

今年は、菅原さん自身が最近体験したことをエッセイにしてお話してくれました。
エッセイに合わせて、写真や動画も流し、学生も私も思わず、その世界に入り込んでいました

 

お話は長年のひきこもりで外出経験が殆どなかった方に、自転車の特訓をして、
ついに乗れるようになり、自転車で初めて見る海を見に行ったとのお話でした。

 

その方の人生が豊かに、あたたかく、明るく開けていけるように枠組みにとらわれず、その方にとって大切な作業の実現に向けて日々邁進している姿は、学生の心にきっと強く響くものがあったと思います。

 

 

講義の休憩時間には、就労支援施設ひだまりの道の方々による
コーヒーや、抹茶オーレやパイなどの販売があり、
いつもの教室にいながら優雅なカフェタイムを楽しめましたcafe

S__3866639

 

お弁当や手作り雑巾の販売もあり、いずれも完売。大盛況でした。

S__3866634

 

大変興味深いご講義と美味しいものをいただき、
至空会の皆様本当にありがとうございました。
卒業生の皆様の益々のご活躍を祈念しております。

当日は至空会で実習している2人の4年生も来ましたnote


S__3866638

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。