2020年7月13日 (月)

【836】作業技術学で藤細工の体験と作業分析

皆さんこんにちは!OT学科2年の杉浦です!


オンラインから対面に変わり、やっと通常登校の生活に慣れてきましたhappy01
 今回は作業技術学の授業で行った籐細工についてお届けします🧺

籐細工はその名の通り籐の茎を使ってカゴなどを編む細工のことです。籐の茎は固く、かなりしっかりしているので編むのが少し大変でした

20200709_105018_2




 
 固くなってしまうと折れてしまうので、水で濡らしながら行いました。最初は自分が作りたいカゴの大きさの底面を作っていき、満足のいく大きさになったら、立ち上げてカゴの形を作っていきました。


20200709_111801





人によって大きさも曲がり方も違い、個性が出ていて面白いなと思いましたheart02


20200709_111147





対面だからこそその場でみんなで作品を見せられるが楽しかったです!
体調に気をつけながら、これからも楽しく学んでいきたいと思います。


1594262786607





ここまで読んでくださりありがとうございました。




shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine


オンラインガイダンス受付中です!

Img_9907

こちらのサイトからお気軽にお申し込み下さい
ご自宅のPCpc、スマートフォンmobilephoneから参加できます


8月のオープンキャンパスについては近日中に情報公開予定です




2020年7月 8日 (水)

【835】当事者家族からの体験談〜高次脳機能障害学〜

こんにちは教員の鈴木です

2年生の高次脳機能障害学では、オンライン講義でも対面講義でもTBL(Team Based Learning)でグループワークを中心とした学習を行い、高次脳機能障害の知識を深めてきましたpc

2020062603

2020062601



先日の講義では知識だけではなく、対象者とそのご家族にどのような困難が生じるのか、また作業療法士としてどのような支援が必要なのかを知るために、高次脳機能障害サポートネットしずおかの皆様に講義をして頂きました


代表の滝川様から会の活動や支援内容についてお話し頂きました
またご家族の体験談として、疾患等で脳に変化が生じこれまでとは別人のようになってしまったことや、どんな困難が生じるようになったのか、また支援者にどのような事を期待するのかについて、具体的にお話をして下さいました


202007074




学生の感想を一部紹介します


高次脳機能障害のご家族のお話を聞きました。

想像以上に高次脳機能障害は支援が大変で、ご家族の方も毎日暇がない状態になるのだということを知りました。社会に出た際も、高次脳機能障害を理解してもらえず、当事者も苦しい思いをすることが多いのだなと思いました。

見えない障害ということで、見た目では判断できず、一生懸命行ってるのに、周りからはやる気がない、覚える気がないなどと言われ、外へ出るのが嫌になるという悪循環になりかねないと思いました。今できることは、高次脳機能障害を世間に知ってもらう、理解してもらうことだなと改めて感じました。
 

私たちが患者さんに支援する際は、ご家族の方へのメンタルケアも大切だと思いました。今回は実体験と伺うということで貴重な体験ができました。

高次脳機能障害についてさらに詳しく知り、理解に努めたいと思いました。



202007073




今回は高次脳機能障害サポートネットしずおかの方のお話を聞いた。
当事者の家族のリアルな体験はめったに聞くことができないので聞くことができてよかったです。交通事故や脳の感染症で少し傷ついただけで、別人のようになってしまい、以前出来ていたことができなくなるということは頭では理解していたつもりだったが、実際に毎日一緒に暮らしている方のお話は心に残った。

何回も同じことを聞かれ些細なことですぐに怒りだしてしまう人と生活するということの大変さは私の想像をはるかに上回るものだと感じた。

高次脳機能障害は決して他人事の病気ではなく、いつ誰がなってもおかしくはない病気だということを忘れずに過ごしていきたい。そして、作業療法士となって関わる機会があったら、本人だけでなく家族の方のことも深く考えていきたいと思った。



高次脳機能障害サポートネットしずおかのみなさま
今回は貴重なお話をして下さりありがとうございました
学生のみなさんは今回の話を忘れないようにして、対象者とそのご家族にも寄り添える作業療法士を目指していきましょう


最後まで読んで下さりありがとうございました

2020年7月 1日 (水)

【834】対面授業で研究法の学習〜1年生とのつながりをテーマに〜

こんにちは

OT学科3年生になった齊藤と中山がお届けします(無事進級できましたuphappy02)

 
コロナ対策によるオンライン授業を終えて、キャンパス内での対面講義が始まりました
みんなでマスクを着用したり 消毒をしたり感染症対策バッチリですshine

Img_9968






今回は3年生の講義「研究法入門」の様子をお届けします
 
 
KJ法を学ぶために「1年生と仲良くなるために」をテーマに、3年生からの働きかけを分類分けしましたsign01
我々のグループはこんな感じです
黒枠が「表札」赤枠が「島」で分類しています。


20200630_104258_copy

 
 
我々3年生は10月から始まる臨床実習に向けて日々勉強に励んでおりますpencilpencilpencil

 
みなさまもコロナに負けず🥺
毎日頑張りましょう


 
最後まで読んで下さりありがとうございました


2020年6月29日 (月)

【833】学科長へのサプライズお誕生日会

こんにちは 4年の山田です


私たちはコロナ影響で1期目の実習が途中で中止となり学内指導を受けました
その為、今の期間は国家試験の勉強をしていますpencil
こんな状況だからこそ、みんなで協力し、教員のアドバイスを聞いたりと、全員一緒に合格できるように頑張っていきたいです。
 
 
さて先日、学科長の伊藤先生のお誕生日会をしましたsign03sign03sign03
発達演習の授業を受けたメンバーでサプライズを計画したのですが、喜んでいただけましたbirthdaybirthdaybirthdaybirthdaybirthday


Img_1224



Img_1235







ピザとかケーキとか食べながら先生の息子さんの話や、今後の就活の話とかしながらわいわい楽しかったですnote




Beauty_1592794722160




最後まで読んで下さりありがとうございました

2020年6月23日 (火)

【832】図書館について学ぼう!(基礎演習)

こんにちは、教員の飯田です。

今日は1年生の授業をご紹介しますshine



1年次春セメスター(前期)には、『 基礎演習 という授業がありますpencil

大学生として求められる一般常識や姿勢だけでなく、大学で学ぶための基礎(レポートの書き方、プレゼンテーションの方法など)やコミュニケーション技術情報リテラシーなど、大学生活の基盤となることを集中的に学びます。


その中のひとつが『 図書館の利用 』ですbook

大学図書館には専門書や専門雑誌など、今後授業や課題等で活用できるものがたくさんあります。また、図書館のホームページ経由で、さまざまな文献に触れることもできます。

その利用、活用方法について、図書館事務センターの職員さんにご説明いただきました。



まずは、図書館においてある雑誌・書籍の説明から。

図書館の本は、背表紙に「ラベル」が貼られており、ルールに従って書架に配列されています。皆さん、ご存知でしたか?

本学は医療・福祉・教育に特化した大学ですので、専門領域の蔵書・雑誌がたくさんあります。

自分が見たい書籍をどのように探せばいいか、図書館内を案内していただきました。

*写真撮影の許可はいただいております。




Cb6f93c9108944bca125e4e3cfd49271




続いては、文献検索の方法について。

図書館内のパソコンからでも自宅のパソコン・スマホからでも利用可能な「文献検索の方法」について、実際にパソコンで操作しながら教えていただきました。



B7c133df78ea4615949897f9f1006b58



1年生にとっては初めての経験の数々で、「実際に1人で使えるか心配」という声もありましたが、授業の課題等で利用する機会が今後増えてくるので、使いながら覚えていきましょうpc



図書館事務センターの職員の皆様、お忙しい中ありがとうございました。




最後までお読みいただき、ありがとうございました。