卒業生レポート Feed

2019年11月19日 (火)

【No.449】卒業生レポート No.3 ~第35回東海北陸理学療法学術大会参加報告~

こんにちは、理学療法学科11期生の河瀬です。

11月9、10日に富山で開催されました第35回東海北陸理学療法学術大会に参加してきました。

Photo

私を含め、金原先生の痛みゼミメンバーである大学院生および卒業生が発表しましたので報告させていただきます。
まずは、12期生の河合洋輔先生です。

「神経障害性疼痛患者における身体的アプローチと慢性疼痛アプローチの経験」について発表しました。

Photo_2

発表当日の朝まで、先生方とディスカッションし、1年目とは思えないほど素晴らしい内容の発表でした。

質疑応答でも受け答えをしっかりしており、大変参考になりました。
次は、先輩で7期生の佐久間俊輔先生です。

Photo_3

いつも後輩のお手本となり、頼りになる先輩です。

「当院(クリニック)における神経障害性疼痛患者の特徴から理学療法を考える」について発表されました。

わかりやすい発表と質問に対して的確な応答をされており、大変勉強になりました。

最後に、私、理学療法学科11期生の河瀬智文です。

「当院(回復期リハビリテーション病院)における術後遷延性疼痛患者の退院時身体機能の特徴」について発表しました。

Photo_4

今年2回目の発表でしたが、自身としては課題が残る発表となりました。

発表までに、ゼミの指導者である金原先生をはじめ、多くの先生方や先輩方、ゼミ生にご指導いただきましたが、内容を分かりやすく伝えることや、質問に対する応答など、今後も訓練していく必要があると痛感しました。

また、相手に興味を持ってもらえるような発表を心がけていこうと思いました。

今後も、学んだことを臨床で生かしていけるよう精進して参ります。

 

以上、学会参加報告でした。

 

最後に、開催地が富山ということで、ご当地の回転寿司にておいしい寿司を食べてきました。

Photo_5

Photo_6
ご閲覧いただきまして、ありがとうございました。

2019年11月 5日 (火)

【No.446】卒業生レポート No.2 ~第6回日本予防理学療法学会学術大会参加報告~

こんにちは、

理学療法学科9期生、リハビリテーション科学研究科 博士前期課程の影山哲也です。

10月19、20日に広島で開催されました第6回日本予防理学療法学会学術大会に参加してきました。

1

会場は広島国際会議場です。広島平和記念公園の中にあります。

今回の学会では、私と根地嶋先生が研究発表を実施する機会を得たので、その報告をさせていただきます。

根地嶋先生は「徒手筋力計による膝伸展筋力測定における代償動作予防ベルトの効果」という内容で発表されました。

普段の授業と同じように穏やかな雰囲気で発表、質疑応答をされていました。

一方私は、「健常男性における立位姿勢時の矢状面アライメントと体幹伸展筋力及び持久力との関係」という内容で発表しました。

座長の先生からの的確な質問、アドバイスは、自分にとって非常に良い刺激となり、今後の修士研究に活かせるものばかりでした。

また、平和記念公園にある広島平和記念資料館や原爆ドームも観て回りました。

2

(HPより抜粋)

今年の4月からリニューアルされており、戦争の恐ろしさ、辛さ、悲しさ、そして二度とこのような悲劇を繰り返してはいけないという想いを感じ取りました。

私にとって初めての学会発表でしたが、非常に良い経験となりました。

プレゼンの難しさ、論理的理論の組み立て方など多くの課題を見つけることができ、再度自身を見つめなおすきっかけになったと思います。

今回の経験を研究・臨床に活かしていき、より良い理学療法を提供できるよう今後も精進していきたいと思います。

以上、学会参加報告でした。

ご閲覧いただきまして、ありがとうございました。

2019年10月15日 (火)

【No.444】聖隷クリストファー大学理学療法学科卒業生研修会報告 Vol.6

こんにちは。

理学療法学科9期生の池田圭介です。

聖隷クリストファー大学では卒後教育として、また卒業生の集まる機会として、卒業生による研修会を企画し、定期的に開催しております。現在、本学卒業生および聖隷福祉事業団の1~3年目のセラピストの方々に参加いただいております。

今回は7期生の澤田さんに「肩関節挙上制限に関わる筋の触診」について講義と実技をしていただきました。

肩関節は複雑な関節であり、日々の臨床で難渋することが多いと思います。

はじめに「肩関節挙上制限がなぜ起こるか」について講義をしていただきました。

実際の症例を提示していただき、どの要因が挙上制限に関わるかについてディスカッションを行いました。

Photo_6

挙上制限の主たる要因として上腕骨頭の前上方偏位が挙げられます。

今回は前方偏位を引き起こす原因となる筋として三角筋前部・後部線維、大胸筋を中心に触診を行いました。

まずはデモンストレーションを行っていただき、方法について参加者全員で共有しました。

Photo_7

どのような強さで筋に対して触察を行うかについて解説していただいています。

Photo_8

次に触診の練習に移ります。

肩関節は自由度が高い関節であるので持ち方から配慮が必要となります。

Photo_9

疑問点はアシスタントの方々と一緒に解決していきます。

Photo_10

実技では肩関節後方タイトネスの評価を目的に肩関節水平内転も行いました。

Photo_11

実際に行ってみると肩甲骨を固定しておくことに難しさを感じている参加者も多くいました。

本研修会は参加者と講師・アシスタントとの距離が近いため、すぐにアドバイス・フィードバックを受けられる点が強みであると思います!

以上、2019年度第6回卒業生研修会の内容について報告させていただきました。

講師の澤田さん、お忙しい中参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

今年の研修会は本日で終了となり次回は1月に上半期の内容を応用した内容の企画をしております。

企画内容が決定次第、案内させていただきます。

ぜひ参加をお待ちしております。

最後までご覧いただきありがとうございました。

【No.443】卒業生レポート No.1 ~第24回日本ペインリハビリテーション学会参加報告~

こんにちは、理学療法学科11期生の足立です。

9月21、22日に名古屋で開催されました第24回日本ペインリハビリテーション学会学術大会に参加してきました。

Photo_2
写真の右から2番目が私です。

私を含め、金原先生の痛みゼミメンバーである大学院生および卒業生が発表しましたので報告させていただきます。
まずは、同じ11期生で大学院博士前期課程1年目の河瀬智文です。

Photo_3

ポスター発表で活発な意見交換をしていました。

私にとっても大変勉強になりました。
次は、後輩で12期生の河合洋輔です。

Photo_4

卒業後半年で初の学会発表をしました。

緊張していましたが、発表後の質疑応答では大変活発なディスカッションをしておりました。
最後に、私、理学療法学科11期生の足立功浩です。

Photo_5

初の学会発表でしたが、貴重な体験をさせていただきました。

経験豊富な先生方から質問やアドバイスなどをいただき、充実した学会となりました。

今回学んだことを臨床で生かしていけるようこれからも精進して参ります。

本学会では、ゼミの指導者である金原先生が教育講演にて「慢性疼痛のリハビリテーション多面的評価」について講演されました。

また、ゼミの先輩である7期生の佐久間さんが「NRS最小値0と答えたことのある慢性疼痛患者の特徴」をポスターで発表されました。

以上、学会参加報告でした。

ご閲覧いただきまして、ありがとうございました。

2019年10月 8日 (火)

【No.441】聖隷クリストファー大学理学療法学科卒業生研修会報告 Vol.5

こんにちは。

理学療法学科9期生の笹田教太郎です。

9月も終わり、涼しい時もあれば真夏のような不安定な気候が続く日々ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

私事ではありますが、最近はエアコンを使い過ぎてしまい電気代が嵩んでしまいました。

これから涼しくなり電気代の節約になることを祈るばかりです!

 

話が脱線してしまいました。本題です。

9月3日に行われた聖隷クリストファー大学理学療法学科卒業生研修会の内容について報告させていただきます。

聖隷クリストファー大学では卒後教育として、また卒業生の集まる機会として、卒業生による研修会を企画し、定期的に開催しております。

現在、本学卒業生および聖隷福祉事業団の1~3年目のセラピストの方々に参加いただいております。

 

今年度の目的としては「セラピストの知識・技術の向上、また臨床での悩みを共有できる機会とすること」であり、理学療法士における触診の講義・実技・ディスカッションが中心の内容となっています。

今回は7期生の川合弘基さんに「足関節背屈制限に関わる筋の触診」について講義と実技をしていただきました。

Image1

今回は足関節背屈運動の可動域制限の要因となりやすい腓腹筋、ヒラメ筋、後脛骨筋、長趾屈筋、長母趾屈筋、長短腓骨筋の触診を行いました。

 

触診の実技では、初めに講師の川合さんにデモンストレーションを行っていただき、触診の方法について全員で共有しました。

Image2

今回は川合さん自らの体を使いながらデモンストレーションが行われました。

被験者として準備していた松井くんは少し残念がっていました。

Image3

その後、時間をかけながら、それぞれ触診の練習を行いました。

屈筋支帯を通過する、後脛骨筋、長母趾屈筋、長趾屈筋を触診することに苦戦しましたが、卒業生のスタッフや他の参加者とディスカッションをしながら感覚を共有していきました。

Image4

↑デモンストレーションと同じように自分の体で確認をしています。

Image5

↑自分での触診を行なった後は被験者の筋の触診をしていきます。

Image6

↑腓骨筋の触診では参加者の中に分かりやすい人がおり、第3腓骨筋の触診も行うことができました。

 

今年度の研修も5回目となります。

毎回参加してくださる方や初めて参加する方も積極的に意見を交わすことができており、自分でも感じたことをアウトプットする機会があり、気づくことが多い研修会であると感じています。

 

以上、2019年度第5回卒業生研修会の内容について報告させていただきました。

講師の川合さん、お忙しい中参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

 

次回は

10月8日(火曜日)の19:30より聖隷クリストファー大学3号館にて

「肩関節の挙上制限に関わる筋の触診」

を7期生澤田将宏さんに講義をしていただく予定です。

次回の参加もお待ちしております。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

2019年8月 9日 (金)

【No.429】聖隷クリストファー大学理学療法学科卒業生研修会報告 Vol.4

こんにちは、理学療法学科9期生の池田圭介です。

 

聖隷クリストファー大学では卒後教育として、また卒業生の集まる機会として、卒業生による研修会を企画し、定期的に開催しております。

現在、本学卒業生および聖隷福祉事業団の1~3年目のセラピストの方々に参加いただいております。

 

今回は7期生の川合弘基さんに「股関節外転制限に関わる筋の触診」について講義と実技をしていただきました。

 

実技では股関節外転運動の可動域制限の要因となりやすい長内転筋、薄筋、大内転筋、短内転筋の触診を行いました。

Image1_2

はじめに外転制限に関わる筋の見つけ方として、股関節・膝関節肢位を変化させて鑑別する方法についてデモンストレーションを行っていただきました。

Image2 

デモンストレーション後には実際に長内転筋、薄筋から触診を行っていきます。

各筋の走行を確認しながら進めていきます。

Image3

触診方法に対する疑問点があがれば実際に実技を行っていただき、参加者全員に共有していていきます。

Image4


 

大内転筋、短内転筋等の触診に自信が持てない筋については、実際に講師・アシスタントの方々と共に触診を行い、触れる感覚について共有をしていきます。

 

 

短内転筋については人によっては触れにくい筋でもあるため、特に触りやすい被験者として9期生の松井君を触診していただいています(笑)。

Image5

そして今回は根地嶋先生にも参加していただき、ご指導をいただけました。

 

 

今年度の研修は触診時間を多く確保しています。

参加者の方々が少しでも自信持ちながら筋の触診を行い、明日の臨床の気づきに繋がればと考えております。

 

講師の川合さん、お忙しい中参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

 

 

次回は9月3日(火曜日)の19:30より聖隷クリストファー大学3号館にて「足関節の背屈制限に関わる筋の触診」の講義・実技を予定しています。次回の参加もお持ちしています。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

2019年8月 1日 (木)

【No.427】聖隷クリストファー大学理学療法学科卒業生研修会報告 Vol.3

こんにちは。

 

理学療法学科9期生の笹田教太郎です。

 

聖隷クリストファー大学では卒後教育として、また卒業生の集まる機会として、卒業生による研修会を企画し、定期的に開催しております。

現在、本学卒業生および聖隷福祉事業団の1~3年目のセラピストの方々に参加いただいております。

 

今年度の目的としては「セラピストの知識・技術の向上、また臨床での悩みを共有するできる機会とすること」であり、理学療法士における触診の講義・実技・ディスカッションが中心の内容となっています。

 

今日は7月9日に行われた研修会の内容について報告させていただきます。

 

今回は7期生の川合弘基さんに「股関節伸展制限に関わる筋の触診」について講義と実技をしていただきました。

Image1_13 

 

股関節伸展可動域は歩行での立脚中期から後期に必要となり制限があることで効率的な歩行動作の阻害因子となってきます。

 

今回は股関節伸展運動の可動域制限の要因となりやすい大腿直筋、大腿筋膜張筋、縫工筋、腸腰筋の触診を行いました。

Image2_3

 

 

触診の実技では、初めに講師の川合さんにデモンストレーションを行っていただき、触診の方法について全員で共有しました。

Image3_2

 

その後、時間をかけながら、それぞれ触診の練習を行いました。

Image4_2

 

今年度の研修会では実技練習の時間を多くして行っています。

 

分からないところがあれば、卒業生のスタッフや他の参加者とディスカッションをしながら触診の感覚を共有していきます。

Image5↑講義内容や、デモンストレーションの分からなかった内容は講師の方にもう一度詳細に聞いて教えてもらえます。

Image6↑ファシリテーターと一緒に触ることで実際の触診の感覚を共有しています。

 

Image7↑実際に臨床で行う触診から筋への治療方法について話し合っています。

 

今年度の研修も3回目ということで参加している方とのディスカッションの量も増えてきており、活気のある研修会になってきていると感じています。

 

以上、2019年度第3回卒業生研修会の内容について報告させていただきました。

 

講師の川合さん、お忙しい中参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

 

次回は

8月6日(火曜日)の19:30より聖隷クリストファー大学3号館にて

「股関節の外転制限に関わる筋の触診」

を7期生川合弘基さんに講義をしていただく予定です。

次回の参加もお待ちしております。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

2019年6月26日 (水)

【No.426】聖隷クリストファー大学理学療法学科卒業生研修会報告 Vol.2

こんにちは。

 

理学療法学科9期生の笹田教太郎です。

 

聖隷クリストファー大学では卒後教育として、また卒業生の集まる機会として、卒業生による研修会を企画し、定期的に開催しております。

現在、本学卒業生および聖隷福祉事業団の1~3年目のセラピストの方々に参加いただいております。

 

今年度の目的としては「セラピストの知識・技術の向上、また臨床での悩みを共有するできる機会とすること」であり、理学療法士における触診の講義・実技・ディスカッションが中心の内容となっています。

 

今日は6月14日に行われた研修会の内容について報告させていただきます。

 

今回も前回に引き続き7期生の聖隷クリストファー大学大学院の澤田将宏さんに「膝関節屈曲制限に関わる筋の触診」について講義と実技をしていただきました。

 

前回の内容はこちら↓をご覧ください

https://blg.seirei.ac.jp/pt/2019/05/no418vol1-284a.html 

 

 

Image1_3


 

最初に膝関節の解剖の知識として、膝蓋大腿関節と脛骨大腿関節があることはみなさん、ご存じでしょうか?

膝関節の屈曲運動には膝蓋大腿関節の「膝蓋骨の下方移動」、脛骨大腿関節の「脛骨の内旋運動」が重要となります。

 

今回は脛骨大腿関節の内旋運動の制限となりやすい腸脛靭帯と大腿外側広筋、膝蓋骨の下方移動の制限となりやすい大腿直筋の触診を行いました。

Image2_3


 

触診の実技では、初めに講師の澤田さんとファシリテーターの川合さんにデモンストレーションを行っていただき、触診の方法について全員で共有しました。

Image3_3


 

その後、時間をかけながら、それぞれ触診の練習を行いました。

 

Image4_3


 

練習中でも分からないところがあれば、卒業生のスタッフや他の参加者とディスカッションをしながら触診の感覚を共有していきました。

 

Image5


 

みなさん真剣に「今、どの筋をどのように触っているか」考えながら触診をおこないました。

 

Image6


 

以上、2019年度第2回卒業生研修会の内容について報告させていただきました。

 

第1回、第2回と2回に分けて膝関節について講義をしてくださった澤田さん、お忙しい中参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

 

次回は

7月9日(火曜日)の19:30より聖隷クリストファー大学3号館にて

「股関節の伸展制限に関わる筋の触診」

を7期生川合弘基さんに講義をしていただく予定です。

次回の参加もお待ちしております。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

2019年5月20日 (月)

【No.418】聖隷クリストファー大学理学療法学科卒業生研修会報告 Vol.1 

 

こんにちは。理学療法学科9期生の池田圭介です。

2019年度の卒業生研修会の運営をしています。

 

5月16日に開催した第1回目の研修会の様子について報告させていただきます。

 

本研修会では聖隷クリストファー大学の卒業生および、聖隷福祉事業団の1~3年目のセラピストを対象に、技術・知識の向上を目的とした勉強会を開催しております。

 

第1回目は2018年度に本学を卒業された12期生を中心に多くの方々に参加していただきました。

 

 

今回は「膝関節伸展制限に関わる筋の触診」をテーマとして、本学7期生の澤田将宏さんに講義をしていただきました。

「膝が伸びない」ということは新人が悩む問題の1つだと思います。

Image1

臨床で膝関節伸展を獲得することの重要性を説明していただいた上で、「膝関節の理想な伸展」について変形性膝関節症患者と健常人を運動学的に比較しながら解説していただきました。

Image2


 

その後、触診の実技に移り、今回は大腿二頭筋、腓腹筋、腸脛靭帯を中心に触診を行いました。

実技の前に7期生で講師の澤田さん、ファシリテーターの川合さんによるデモンストレーションを行い、触診方法・ポイントについて説明していただきました。

Image3


 

実際に筋の収縮を確認しながら触診を開始しました。

Image4

Image5

 

 

苦戦したポイントについては、講師やファシリテーターと一緒に触診を行い、「どのような感覚が筋に触れている感じか」などの感覚的な面も含めて確認することができました。

Image6


 

研修会の時間ぎりぎりまで実技の確認を行いました。

Image7


 

今回の研修会を通して臨床の中でも触診を意識することに繋がればと思っています!

 

講師の澤田さんをはじめ、ファシリテーターの川合さん、参加者の皆さん、勉強会に集まっていただきありがとうございました。

今後も、皆さんと一緒に触診を中心に実技、ディスカッションを行い臨床へ活かせるような勉強会を楽しく作っていきたいと思います!

 

次回は

6月14日(金)19:30~21:00

「膝関節屈曲制限に関わる筋の触診」をテーマに勉強会を行う予定です。

次回も多くの方の参加をスタッフ一同お待ちしております。

2019年4月15日 (月)

【No.416】聖隷クリストファー大学理学療法学科卒業生研修報告 Vol.7

こんにちは、理学療法学科9期生の笹田教太郎です。

新年度になりましたが、昨年2月に開催した、第7回卒業生研修会の報告をさせていただきます。

 

2018年度最後となる今回の定期勉強会では

「臨床研究を考える新人セラピストに向けて」

というテーマを7期生の佐久間俊輔さんに講義をしていただきました。

Pt1


 

内容としては

臨床研究の必要性から臨床での研究の視点を持つために必要なことを実際に行っている研究を交えて講義をしていただきました。

 

 

最初に臨床研究の必要性に関して、ガイドラインを例に出して話しをしてくださいました。

Pt2

理学療法士の治療指針として使用されているガイドラインでも、全ての患者に当てはまるということはありません。

そのため、目の前の患者に適応するのか考慮する必要があり、その判断には評価(アセスメント)する能力が重要となります。

ガイドラインは多くの患者に対して有効な治療指針ですが、必ず当てはまらない患者がいます。そうすると新たなデータが必要となってくるので、今までのエビデンスでは解決しない問題に対して臨床研究は必要であることがわかりました。

 

佐久間さんは、

「患者さんの問題点となりやすい痛みに対して運動療法が推奨されているが、運動療法による痛みが軽減するメカニズムは明らかになっておらず、そのメカニズムを解明するために日々研究を行っている」

と話してくださいました。

Pt3


 

 

次に臨床研究の導入するためのポイントとして自らの臨床疑問(クリニカルクエスチョン)を探索することが必要だと話していただきました。

病態の理解、治療効果の検証を欠かさずに行い、症例検討を行うことの積み重ねが臨床研究につながることや一人で悩まずに先輩や周囲の人に相談する臨床のコミュニケーションにより、よりよいアイデアが生まれることも理解することができました。

また、臨床疑問の探索の方法としてPI(E)COや文献のはじめに・背景の文脈を理解することの重要性についても話していただけました。

Pt4


 

最後には「百聞は一見に如かず」の熟語の本来の持つ意味から、臨床研究につながる熱いメッセージをいただきました。

Pt5


 

今回の講義から臨床研究は何か大きいことをやらなければいけないことはなく、日々の臨床の評価を丁寧に行うことが臨床研究の第一歩となることがわかりました。

 

講師の佐久間俊輔さん、本当にありがとうございました。

 

今回の研修をもちまして2018年度の卒業生による勉強会は終了となります。

聖隷クリストファー大学の先生、講師の先生、運営スタッフ、たくさんの参加者のみなさんに感謝いたします。

2019年度も多くの方と学ぶことのできる勉強会を企画していきたいと思いますので、気軽に参加していただければと思います。

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

Pt6

最後に研修会に参加してくださった先生方と

 

9期生 笹田 教太郎