学生レポート Feed

2021年7月26日 (月)

【No.553】3年生レポート No.1 2021 ~理学療法評価演習Ⅰ:実技試験について~

皆さん、こんにちは

理学療法学科3年の関宮です。

いつもブログを見てくださりありがとうございます。

 

梅雨も明け、かなり暑くなってきました!

体調には気をつけていきたいですね。

 

さて、本日は7月20日行われた実技試験のOSCEについてお伝えしたいと思います。

今までのOSCEでは模擬患者役を学生が行い、評価者は大学の先生方でした。

しかし、今回は模擬患者役も評価者も学外の実習先の先生方に行っていただき、大学の先生方を含めた先生方に評価していただきました。

 

1週間前に整形外科疾患と中枢疾患の症例評価の2つの課題が提示され、症例情報を分析し必要な評価について考えていきました。

当日は必要な評価とその手技を決まった時間内で行わなければならず、また評価結果やその結果の解釈、評価を行った理由について、説明しなければならなかったので、とても大変でした。

 

準備や練習を何度も行ったのですが、OSCE本番では練習通りにいかないこともありました。しかし、自分ができることを精一杯行うことができました。

OSCEは何度もやってきていますが…やはり緊張しますね。

 

終了時に評価者や模擬患者の先生方から、評価の技術や考え方についての改善点をフィードバックしていただいたので、秋セメスターの臨床実習に生かしていこうと思います。

 

1

↑股関節屈曲ROMを練習している写真です

 

2

↑膝関節屈曲MMTを練習している写真です

 

これからは手技の正確さはもちろん、「評価を行う意義」や「結果の解釈」がより必要になってきます。

ただ評価を行うのではなく、その評価の目的を明確にし、評価結果から原因や問題点の分析へとつなげていけるように実力をつけていきたいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

2021年7月16日 (金)

【No.551】1年生レポート No.3 2021 ~高校3年生と大学1年生で痛みを学ぶ~

皆さん、こんにちは。

理学療法学科1年の平石です。

 

理学療法学科では、聖隷クリストファー高校3年生に向けた大学の学びを体験する「オープンカレッジ」を行っています。

 

在学生も参加し、高校生たちと共に学科の先生方の講義を聞き、課題についてのディスカッションや発表、実技的な演習を行います。

今回は、金原一宏教授による、「痛みを科学する-治療実践編-」について紹介します。

 

最初に『「痛み」はなぜ存在するのか?』グループでディスカッションを行いました。

「皮膚、神経、脳のうち、どれが痛みとして感じるのか?」という質問に対するディスカッションの結果、多くの高校生と私たち1年生は「脳」と答えました。

しかし、これら3つ全てが痛みを感じるのに必要な機構です。

高校生と共に、1年生も1つ大きな気付きが出来たのではないでしょうか。

 

私たち1年生は、人体機能学(生理学)などの専門基礎科目を学んでいますが、その科目の講義で詳しく扱われたことのない専門知識についての理解を深める良い機会となりました。

 

また、知識だけでなく、高校生たちに痛みの治療を実技で体験してもらい、楽しんでもらうことができました。

SLRテスト(=Straight Leg Raisingテスト)で痛みについて確認し、ストレッチング、大腿四頭筋トレーニングを行いました。

ストレッチングと大腿四頭筋トレーニングを行うことで、SLRテストの結果は向上しました。

 

この経験を通して、身体の仕組みに関してより一層興味を持ちました。

私はこれから、勤勉で温かい理学療法士を目指して、大学生活を送りたいと思います。

 

高校生のみなさん、将来に希望を持つことを忘れず、受験勉強頑張って下さい。

1

2021年7月 7日 (水)

【No.550】3年生レポート No.2 2021 ~初めての学生スタッフを経験して身についた力~

こんにちは、理学療法学科3年の石原です。

 

すがすがしい初夏の季節となりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

季節が移り変わる時は体調を崩しやすいので、気を付けていきたいですね。

 

さて、今回は6月19日(土)に行われたリハビリテーション講座とオープンキャンパスに

初めて学生スタッフとして参加し、学んだことをお伝えしたいと思います。

どちらも、学生同士でコミュニケーションをとり、先生方にご指導いただきながら、学生スタッフとしての役割を果たすことができたので良かったです。

 

学生スタッフとしての私の役割は、高校生と保護者に対して、普段使っている理学療法学科の教室を案内し、説明を行うことでした。

1

初めはとても緊張して上手く説明できなかったり、持ち時間を余らせてしまったり、と大変でしたが、先生から助言を頂きつつ何回か説明するうちに慣れていき、余裕をもって説明できるようになりました。

 

今回の経験を通して、誰かに対して説明する力や、臨機応変に対応するという力を高められたと思います。

 

教室の説明が終わった後には、参加してくれた高校生と会話する時間もあり、

初々しい高校生の様子に、私にもこのように大学に来ただけで緊張していた時期があったことを思い出しました。

 

1年生として大学に来た初日の緊張感と高揚感を今でも覚えています。

また3年生の今、大学生活の半分が終わり、残り約1年半となりました。

この時間をどのように過ごすのかは自分次第です。

初心を忘れず、今後の大学生活も自分の目指す就職先や大学院に向けて勉学に励んでいきたいと思います!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

2021年7月 6日 (火)

【No.549】1年生レポート No.2 2021 ~定期試験に向けて~

皆さん、こんにちは。

理学療法学科1年の坂本です。

 

 

春セメスターも終盤に差し掛かり、課題やレポートに追われる時期になりました。

6月もコロナ禍ではありましたが、感染対策をして対面授業を受けることができています。

 

 

私たちは解剖学の授業の一環として浜松医科大学へ解剖学実習に行きました。

御献体を用意していただき、実際の臓器に触れ、解剖学の授業で習った知識をより深めることができました。

特に肺が思っていたよりも軽いことに驚きました。浜松医科大学の教授に聞いたところ、スポンジ状だからだそうです。

 

 

リハビリテーション職種間連携の授業や臨床医学・医療概論などの授業は終わり、他の教科も終わりが近づいてきています。

また、来月末には定期試験がある教科があり、授業が終わってから期間が開いてしまう教科もありますが友人と学習し、先輩、先生方から教わりながら、1年生全員で頑張っていきたいと思います。

1

写真はレポートのまとめ方について友人と話し合っているところです

 

私たちはまだ知識も少ないですが、授業を通して国家試験への知識をつけるとともに理学療法士としての倫理観を身に付けていきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

2021年6月18日 (金)

【No.547】2年生レポート No.2 2021 ~OSCEを終えて~

こんにちは。

理学療法学科2年の広畑です。

 

2年生は6月11日にOSCEという実技試験がありました。

ここ数週間、この試験に向け空き時間を有効活用して、みんな練習に取り組んでいました。

 

試験では、検査中に患者さんの負担が最小限になるよう気を配ったり、検査を間違えたりすることのないようになど、とても緊張する中でも様々なことを素早く判断しなければならないことに大変さを感じました。

 

また、同日に体幹の触診の実技試験もありました。

課題は腹筋群や脊椎の骨などです。

 

OSCEの直後の試験だったけれど、無事に全員が合格することができてほっとしました。

この合格で満足することなく、これからの演習や学習に活かし、さらに知識を深めていきたいです。

 

試験を終え一段落したのも束の間、7月にもう1度OSCEがあります。

次は今回の検査項目に加えて、腱反射などもあるので、これからの授業や練習でしっかりと知識と技術を身に着けていきたいです。


みんなで協力しながら課題を把握、解決していき、少しずつそれぞれの目指す理学療法士の姿に近づいていきたいです。

1_3

写真はMMT(徒手筋力テスト)の練習風景です

2021年6月 3日 (木)

【No.545】3年生レポート No.1 2021 ~口頭試問へ臨むにあたり考えること~

こんにちは!

理学療法学科3年の松浦です。

 

長雨が続き、梅雨明けが待ち遠しい季節となりましたね。

 

現在、私たち3年生は口頭試問に臨んでおります。

口頭試問ではこれまで学んできた知識に加え、さらに多くの疾患やそれに対する治療や理学療法について学習しています。

口頭試問では単に知識を問われるだけでなく、言葉にして相手に伝えなければなりません。

 

私は考えていることを相手に伝えることが得意ではありません。

しかし、理学療法学科の仲間や先輩、先生と共にディスカッションを重ねながら学びを進めていくことで、どうすれば相手に伝わるのか、何を伝えればいいのか、を考えて伝えることができるようになりました。

また、声に出して伝えることで自分の苦手な分野を自覚し、足りないところを補足する学習ができます。

 

時々、勉強が嫌になり、投げ出したくなる時もありますが、理学療法学科の仲間が支えてくれるので頑張ることが出来ます。

 

理学療法士になるための国家試験までまだまだ先は長いですが、理学療法学科の仲間56人と最後まで走り切れたらいいなと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

↓学校付近の紫陽花がきれいに咲いていました

1

2021年6月 2日 (水)

【No.544】1年生レポート No.1 2021 ~大学生活が始まって~

皆さん、こんにちは。

理学療法学科1年の梶田です。

 

聖隷クリストファー大学に入学して2ヶ月が過ぎました。

大学生活にも慣れ、課題が多くなってきましたが、楽しい大学生活を送ることができています。

1_7


 

コロナ禍の中、感染対策をして対面授業を受けることができています。

 

授業ではキリスト教のことや、リハビリテーションの知識、理学療法の知識など初めて学ぶことが多くとても充実しています。

 

理学療法概論やリハビリテーション連携基礎の授業などでは、グループワークが多く、グループのみんなで協力してスライドを作り、発表するということをしていて、プレゼンテーション技術をつけることができています。

 

解剖学や人体機能学では中学、高校の頃よりもさらに詳しく人体のことを学べて、自分たちの興味のある分野のことをさらに深く学べてとても嬉しいです。

 

これからさらに専門知識をつけて行き、立派な理学療法士になるべく、勉学に励んでいきたいと思います。

2021年6月 1日 (火)

【No.543】2年生レポート No.1 2021 ~OSCEに向けて~

皆さんこんにちは。

理学療法学科2年の山本です。

 

 

2年生が始まって約2ヶ月、1年生の頃より専門科目が増えて演習の授業が始まり、忙しさをとても感じています。

 

先月、初めて実技試験である、上肢の触診テストを行いました。

とても緊張感があり、メジャーの使い方や進め方など自分の未熟さに気づくことが出来ました。

 

今は、来月にある下肢の触診テストや初めてのOSCEという試験に向けて実技の練習をしています。

OSCEとは、模擬患者に対して適切にコミュニケーションを取り、正しく検査や測定をする実技試験です。具体的な内容は、関節可動域測定や徒手筋力検査、バイタル測定です。

 

授業では何度も練習している時間はないので、空き時間や放課後を使って友達と一緒に練習をしています。

実技の練習に合わせて、解剖学的な基礎知識が必要なのですが、まだまだ私たちには足りていないことを授業で実感しているので、骨や筋肉、靭帯などの勉強も頑張っています。

それぞれの関節運動に作用する筋肉は多くあり、筋肉にはそれぞれ起始停止があるので、

筋肉がどこからどこにあって、どう作用するのか、練習をしながら結び付けて勉強しています。

 

夏には検査測定実習があるので、今のうちから接し方などをきちんと学んで、患者さんを想定した練習をし、試験に挑みたいです。

そして、仲間と協力し合って、教えあって、乗り越えていきたいです。

 

 

1

広報委員のメンバー

 

今年はこのメンバーでブログを作成したりオープンキャンパスを行ったりして理学療法学科の紹介をしていきます!

2021年4月 9日 (金)

【No.540】4年生レポート No.1 2021 ~最上級生としての自覚~

こんにちは!

理学療法学科4年の中村と工藤です。

4月1日に新学期のガイダンスが行われ、私たちは4年生としての1年間がスタートしました。

 

今までは、上級生の先輩方に勉強面や生活面など相談することが多くありましたが、今年からは私たちが最上級生となります。

そのため、下級生の勉強面や生活面のアドバイスやサポートをすると共に、理学療法士として求められる接遇、例えば日々のあいさつや目上の方たちに対する言葉遣いなど手本となる行動をするよう心がけていきたいと思います。

 

また4月12日からは6週間の総合実習Ⅰが始まります。

新型コロナウイルス感染症の影響により、実習をさせていただくことが難しくなっている中、受け入れてくださる実習施設の先生方に感謝をし、今まで学んできたことを臨床の現場で発揮できるように頑張っていきます。

 

1

 

1年後には実際に「臨床の現場で理学療法士として働くことになる」ということを念頭に置き、社会人になるという自覚を持って行動していきます。

 

学生生活最後となる4年次は実習だけでなく、卒業研究や就職活動、国家試験勉強など様々な課題があり、多忙な毎日を過ごすことになる私たちですが、全員で一丸となって卒業に向けて、頑張っていきたいと思います!

2021年3月31日 (水)

【No.538】3年生レポート No.12 2020 ~硬式野球部トレーナーの活動紹介~

皆さんこんにちは。

理学療法学科3年の森畑です。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

私は今、聖隷クリストファー大学野球部の学生トレーナーをしています。

学生トレーナーは私の他にもう一人いて、計2名で現在活動しています。

根地嶋先生・野球部のコーチ・トレーナーさんと一緒に、野球部がより強くなるために専門知識を生かして、サポートをしています。

トレーナーさんは現役の理学療法士のため、コンディショニングの面でもとても勉強になります。スポーツ領域における理学療法士としての知識を学ぶ場にもなっています。

 

主な活動は、定期的な測定です。体組成・握力・背筋力・スイングスピードを測定しています。

1

↑背筋力の測定

 

これらを定期的に測定することによって、今までのトレーニングの積み重ねがどのように身体に影響しているのか数値で見ることが出来ます。数値で見ることによって、より変化が分かりやすく、部員のモチベーションも上がると思っています。

測定は、何度もやることで精度が上がるため、授業以外でも測定をすることが出来るのは、貴重な経験です。

 

他には、身体を大きくさせるために筋力アップを狙い、栄養調査を行いました。

筋力をアップさせるために必要なのは、運動・栄養・休息とされているのでて、野球選手として五大栄養素をバランスよく必要な量を摂取しているのか調査しました。

部員の一週間の食事内容についてアンケート調査を行い、1品ごとに栄養素をだし、1日の摂取量を計算しました。その結果を部員一人一人まとめ、フィードバックしました。スポーツは、身体が資本のため、食事の重要性を学ぶことが出来ました。

 

学生トレーナー活動では、授業で学ぶこと以上のことも勉強することが出来ます。そして、試合当日では、実際にトレーナーさんが活動しているところを横で見学することもできます。トレーナーさんがどのように考えてコンディショニングしているか、お話を聞くこともできます。

 

私たちは、一緒に活動してくださる方を募集しています。

スポーツやトレーナー活動に興味がある方は、ぜひ一緒に活動しましょう!