« 2022年8月 | メイン

2022年9月

2022年9月20日 (火)

【No.613】1年生レポート No.2 2022 春セメスターでの学び

こんにちは、理学療法学科一年の岡田です。

 

夏休みも残り一か月を過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。

天候が不安定ですね。

体調管理には気を付けていきましょう。

 

入学してから半年がたちました。

この半年で特に印象に残っていることが解剖学実習です。

初めは「リハビリテーション学部なのにどうして行くんだ!」と思っていました。

しかし、解剖学実習を終えた後の講義の中で、実習中に学んだことが生かされる場面が多々ありました。

また、日頃よく使われる人体の専門用語の意味が鮮明にイメージされるようになったと感じます。

このような機会を設けてもらえることはなかなかないため、自分にとっていい経験になったと感じました。

今では行ってよかったと思っています。

 

1

 

もうすぐ秋セメスターが始まります。

春セメスターを通して私は予習と復習の大切さを実感しました。

「理解している」ことを前提に講義が進んでいくため、春セメスターではわからなかったことを講義中に何度も調べなおしたりしていました。

秋セメスターではきちんと内容を理解したうえで講義を受けていけるようにしたいです。

 

春セメスターでの学びを復習したうえで、今しかできないことを全力で楽しみます!

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。

2022年9月15日 (木)

【No.612】2年生レポート No.1 2022 実習と3セメスターを終えて

こんにちは、理学療法学科2年の櫻井です。

 

朝夕の風に秋の気配が感じられる季節となりましたね。

 

今私たち2年生は、入学後初めての学外実習を終え、秋から始まる秋セメスターに向けて準備を進めている所です。

 

9月上旬に、入学後初めての学外実習を行いました。

 

1年生の時には、新型コロナウイルスの影響で実習を行うことが出来ずに歯痒い思いをしましたが、今回の実習では、多くの施設や病院に協力をして頂き、学外実習をすることが出来ました。

 

 

今回の実習は、検査測定実習でした。

 

実習の前にはOSCEという実技試験があり、検査の手技や患者さんとのやり取りを練習しましたが、実際の患者さんを相手にすると、私たちの緊張が患者さんに伝わってしまったり、検査に時間がかかってしまったりなどと、未熟さを痛感することも多々ありました。

 

しかし、それだけではなく、実際の現場を見させて頂くことで多くの学びを得ることが出来ました。

 

実際の現場での検査測定はとてもスムーズで、患者さんに負担や緊張をかけさせない配慮が感じられました。

 

また、患者さんとのコミュニケーションのとり方や、評価を行う上で大切なポイントなど、検査測定以外の技術や患者さんに対する姿勢なども学ぶことができました。

 

 

そして、患者さんが笑顔で「ありがとう」と帰っていく姿から、私たちが目指している職業の役割や大切さを改めて感じ、さらに努力しようと感じることが出来た実習となりました。

 

 

OSCEの練習風景

1

↑検査をする前に、患者さんに検査の説明をします。

 

 

 

 

2

↑これは股関節がどの程度曲がるかを調べる検査です。

 

 

 

3

 

↑肘を曲げる筋力を検査しています。

 

 

秋セメスターからは、春に行ったOSCEという実技試験に加えて、口頭試問と呼ばれる知識確認試験が待っています。

 

これらの試験は、とても1人だけの勉強ではクリア出来ないと感じています。

 

さらにレベルアップするために、2年生全員で見聞を深めていきたいと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

2022年9月 7日 (水)

【No.611】1年生レポート No.1 2022 春セメスターの振り返りと秋セメスターに向けて

こんにちは、理学療法学科1年の袴田です。

 

9月に入りまだまだ厳しい残暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

体調管理に気をつけて、残りの夏も有意義に過ごしていきたいです。

 

 

さて、私たち1年生が入学をして約半年が過ぎようとしています。

私たちはこの半年の間、様々なことを経験し、学修してきましたが、その中で最も印象深かった臨床見学実習についてお伝えしたいと思います。

 

見学実習を行うにあたっては、実習場所でのルールやマナーを自分たちで話し合い、マニュアルの作成を行いました。

 

1

↑見学実習マニュアルの一部

 

マニュアルの作成は大変でしたが、自分が思っていた以上に医療現場や介護施設では考えることが多いことを知ることができました。

 

また、マニュアルの作成を通して、学科内での団結力が強まり、見学実習では効率的で有意義な学修を行えたと思います。

 

 

これから秋セメスターを迎えるにあたって、春セメスターに学んだ知識を基にして授業や学修が進んでいくと思います。

 

残りの夏をただの休憩の時間だけで終わらせるのではなく、復習や予習にあて、秋セメスターでの学びをより一層深いものにしていけるよう努力していきたいです。

 

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。

2022年9月 5日 (月)

【No.610】教員レポート No.5 2022 ~理学療法学科オリジナルTシャツで夏のオープンキャンパス!~

皆さん

こんにちは,教員の田中です.

 

8月6日と20日に夏のオープンキャンパスを開催しました.

 

【Tシャツ総選挙2022】でグランプリに選ばれました,理学療法学科オリジナルTシャツを着て,学生スタッフ・教員が一丸となって取り組みました!

 

感染対策を徹底し,対面にて高校生・保護者の皆様をお迎えして,模擬授業やキャンパスツアーを体験いただきました.

 

1

吉本先生の模擬授業

 

2

治療室・物理療法機器の紹介

 

3

8月6日の学生スタッフと教員

 

 

 

 

 

こちらは最新の筋トレマシンを使いながら,実際の筋肉の動きについて説明をしているところです.

 

4

5

講義教室・学生生活の紹介①

 

6

講義教室・学生生活の紹介②

 

7

8月20日の学生スタッフと教員

 

6日,20日の両日とも多くの高校生・保護者の皆様にご参加いただきました!

 

理学療法学科のオープンキャンパスでは学生・教員が楽しく,理学療法や大学生活についてご案内しております.

理学療法学科のことを知っていただき,興味を持っていただけたら嬉しいです.

 

また,理学療法学科では現在,Instagramでの情報発信も行っています!

ぜひご覧ください!

 

8_2

次回は9月17日にオープンキャンパスを予定しています!

リハビリテーション専門職に興味のある高校生のみなさん,ぜひご参加ください.

 

お申し込みはこちらからお願いします.

 

田中