2019年1月11日 (金)

【No.403】教員レポート ~「地域理学療法学の実践」の紹介~

 

こんにちは、教員の田中です。

2019年がスタートしました!

 

今日は理学療法学科の実践型授業についてご紹介します。

 

理学療法学科の「地域理学療法学の実践」という科目では、学生が実際に地域の施設の職員と連携し、施設の介護予防・生活支援サービス事業を利用される方の健康増進に取り組むアクティブラーニングを行っています。

Image1

 

初回はアンケート調査を行い,活動内容に反映されるための情報収集を行いました。

Image2 

2回目以降は、転倒予防に役立つ運動を行ったり、

Image3

骨粗鬆症を予防するための講話を行ったり、

Image4

認知機能を鍛えるレクリエーションを行ったり、

と、利用者さんや職員の方からの要望や課題に応える形で一人ひとりが自ら考えて、また学生間で協力し合って、活動を進めました。

Image5

 

最終回には再度、アンケート調査を行い、自分たちの活動に関する満足度や振り返りを行いました。

 

このように理学療法学科では、実践的な活動を授業に取り入れて、学生の主体的な学びを促し、建学の精神である「生命の尊厳と隣人愛」に基づき、地域社会に貢献する理学療法士を育成する教育を行っています。

 

ぜひ、一緒に学びましょう!

2018年12月21日 (金)

【No.402】聖隷クリストファー大学理学療法学科卒業生研修報告 Vol.6

 

こんにちは、理学療法学科9期生の笹田教太郎です。

今回は11月8日に開催した、第6回卒業研修会の報告をさせていただきます。

 

今回は8月に「膝関節の触診」について講義を行なっていただいた3期生の石井裕也さんに「膝関節の評価」を中心に講義をしていただきました。

Image1_3

理学療法の過程として病態評価、機能評価、治療があります。

そのなかでも病態評価・機能評価の考え方、評価方法について実技と講義をしていただきました。

Image2_2 

まず、病態評価では結果因子の追及をすることの重要性について解説していただきました。

患者さんの訴える症状に対して、どの組織が、どの程度損傷しているか、回復段階、疼痛の増減する刺激を評価することが必要であると理解できました。

Image3_2 

次に、病態を掴むことができたら、なぜそのような症状が現れるようになったのか、その経緯を評価するために機能評価を行ないます。

 

機能評価では原因因子を追及するため、その人の生活での動作や実際の症状が現れる動作を評価する必要があります。

問診の情報から理学評価として動作指導、筋収縮・徒手誘導で症状が緩和する刺激を見つけることが治療へ結びつける評価となることがわかりました。

 

↓の写真では実際に徒手誘導で膝蓋骨の動きの誘導を行っています。

Image4

機能評価として徒手誘導を行った後の運動時の症状の変化を見ていくことが重要です。

病態として損傷のある部分への機械的ストレスの変化をみていくというシンプルな考え方のためとても分かりやすかったです。

Image5

しかし、この評価は病態の評価ができていなければ行うことが難しいため、ここでも病態評価の重要性について再度確認することができました。

 

 

↓の写真は整形外科的テストとして内外反テストを行っている様子です。

Image6

整形外科的テストは病態の評価としてどの組織の損傷かを評価するために行います。

 

今回は教科書にある一般的な手技とは異なり、膝関節の回旋運動を生じさせずに靭帯へのストレスをかけるため、「腋窩で下腿遠位を固定して、下腿近位を内外反方向へ動かす」といった臨床で行なっている評価方法が分かり、病態をより正確に評価するための工夫を知ることができました。

 

その他にもMC murrayu testやSquatting testなどの実技も行ない、それぞれの評価でどの組織へどのような刺激を与えるテストなのかを分かりやすく説明していただきました。

 

 

最後には、立位での全身での回旋運動による膝関節の動きとの関係性を評価する方法について教えていただきました。

実際の動作ではCKCでの運動が多く、膝関節のみでなく他の関節からの影響も受けており、視野の広い評価をすることも重要だとアドバイスをいただきました。

Image7 

今回の講義と実技を通して、前回の8月の講義を含め、より一層評価の重要性が実感できました!!

講師の石井裕也さん、ファシリテーターの皆さん、参加者の皆さん、当勉強会にお集まりいただきありがとうございました!

今後も、皆さんと一緒に実技やディスカッションを通して、臨床へ活かせる様な勉強会を企画していきたいと思います!

 

次回については、詳細が決まっていませんが2月下旬に「研究や症例などの発表」に沿ったテーマを予定しています。

次回も多くの方のご参加をスタッフ一同お待ちしております。

2018年12月13日 (木)

【No.401】1年生レポート10 ~浜松市との連携事業:高齢者対象講座の実践報告2~

 

皆さんこんにちは!

理学療法学科1年の伊藤由菜です。 

 

11月30日に浜松市の連携事業として、県居協働センターで高齢者の方を対象とした転倒予防、認知症予防の講座を担当させていただきました。

 

自分たちで講座を開くことは初めての経験で、とても良い勉強になりました。

Image1

 

今回の講座は「高齢者の方々に少しでも予防の意識を持ってもらう」ことを目標に、転倒予防と認知症予防について、私たち1年生が中心となって計画をしました。

 

講義の内容について紹介します。

 

最初に自分たちが大学で学んでいることや今回の講座について簡単な紹介をしました。

 

今回の講座は転倒予防についての説明から始めました。

説明の中で「家の中で一番転倒が起こっている場所は何処か」というクイズを出したのですが、私たちも参加者の皆さんと一緒に楽しく考えました。

 

説明の後は転倒予防体操を行いました。

この体操は転倒しそうになった時に、転倒を回避する能力をつけることを目的に行いました。

参加者の皆さんは掛け声を出しながら、真剣に体操に取り組んでくださいました。

 

転倒予防体操の内容

①帯結び運動(前)

帯結び運動(後ろ)

もも上げ運動

バランス運動

つま先立ち運動

Image2

 

休憩を挟んだ後、認知症予防の説明を行いました。

認知症の基礎知識、認知症を予防するために必要なことなどについて説明をしました。

 

説明の後はビンゴゲームを行いました。         

ただのビンゴではなく、お題に合わせたものを3×3のビンゴカードに書き、一番多くビンゴしたチームが勝ちというルールで、頭を使ってよく考えることを目的に行いました。

ビンゴゲームはとても盛り上がり、参加者の皆さんはとても良い笑顔をして楽しんでいました。

Image3

講座全体を通して、自分たちが想像していた以上に参加者の皆さんが積極的に参加してくださり、楽しんでくださいました。

感想では、「和やかな雰囲気で楽しかった。家でもやってみたい。若い人たちと交流できてよかった。」という声をいただきました。

 

準備の段階では、初めての講座で思うようにいかないこともありましたが、先生方、先輩方にアドバイスをいただきながら、改善を重ね、良い講座にすることができました。

お忙しい中、力を貸して下さり本当にありがとうございました。

 

今回の経験を今後に活かしていきます。

2018年12月11日 (火)

【No.400】1年生レポート9 ~2018年度聖灯祭にて健康祭を開催しました!~

 

こんにちは。PT学科1年の田淵心と赤堀誓です!

 

11月3日に聖隷クリストファー大学では聖灯祭が行われました。

私たち1年生は、「健康祭」というものを開催しました。

 

健康祭では、現在の自分自身の身体能力を知ってもらうことを目的に、

「片足立ち」、「握力」、「長座体前屈」、「リーチテスト(バランスのテスト)」

の測定を行いました。

 

↓健康祭の様子

Image1

大学の職員の方も来てくださいました!

Image2

こどもたちも来てくれて、握力測定や長座体前屈に挑戦してくれました!

Image3

スタンプラリーも楽しんでくれました!

 

 

来場してくださった方々は、「平均を超えていてうれしい」や「意外と難しい」と言っておられました。

 

健康祭のために、まだ授業でも行っていない検査について調べたり、使ったことのない検査器具を使ったり、と新しい知識を得ることが出来たので、とても良い経験になりました。

 

今回、クラスのみんなで協力して、健康祭を創り上げることができました!

 

Image4

1年生・2年生の聖灯祭実行委員

 

 

「健康祭」をきっかけに理学療法士について興味を持つ人が増えてほしいです!!!

2018年12月10日 (月)

【No.399】教員レポート ~浜松市と大学との連携事業:学生による地域高齢者対象の講座を開催します 第3回~

 

こんにちは、教員の田中です。

 

10月26日(金)蒲協働センターの講座に続き,

11月30日(金)県居協働センターの講座も盛況に終えることができました!

 

さて、いよいよ最後の第3回目の講座を

12月10日(月)北部協働センターにて開催します!

 

第3回目講座を担当する1年生講師たちは共通科目の講義があるため、当日の講師は3年生の有志の先輩方にお願いしました。

 

転倒予防のための基礎知識や認知症に関する基礎知識などをまとめ,

脳トレや体操など講座で実施してほしい内容を3年生に向けてプレ講座を行いました。

Image1

 

今回の北部協働センターも、嬉しいことに定員数の参加申し込みがありました!

3年生と講座の内容や進行について意見交換を行い、またアドバイスをたくさんいただき、

本番に向けて、資料の内容や運動の進め方など改善点の修正ができました!

 

講座の様子は、開催後に報告させていただきますので、楽しみにしていてください!!

 

 

大学ではクリスマスツリーが飾り付けられました!!

https://www.seirei.ac.jp/news/detail.php?CN=257320

 

 

12月12日(水)16:30~ 遠州栄光教会三方原礼拝堂および正門前でクリスマスツリーの点火祭も行います。

https://www.seirei.ac.jp/event/detail.php?CN=255843

 

みなさま、温かい服装でご参加ください。

2018年12月 4日 (火)

【No.398】4年生レポート9 ~理学療法技術特論 固有受容性神経筋促通法~

 

こんにちは。

理学療法学科4年の山下功太郎です。

 

11月29日に行った理学療法技術特論の講義について報告させていただきます。

 

今回は、こぼり整形外科クリニックの杉浦武先生にお越しいただき、固有受容性神経筋促通法(PNF:Proprioceptive Neuromuscular Facilitation)について講義をしていただきました。

 

講義の内容としては、

まず治療の基盤となる考え方についてお話いただき、患者さんの良い部分を見つけてアプローチすることや全体像を捉えることなどを学びました。

その後治療の原理・手段についてのお話をいただき、触覚刺激、視覚刺激、最適な抵抗などどのようにアプローチをすると反応が良くなるのか学ぶことができました。

 

終始実技を交えながら講義をしていただいたため、その場で反応を確認でき治療法について理解を深めることができました。

 

今回、理学療法士として今後働いていくために必要な視点について学ぶことができ、とても有意義で楽しい時間を過ごすことができました。

学んだことを卒後の臨床場面で活かしていきたいです。

Image1_3

杉浦先生、本日は貴重なご講義をしていただき、ありがとうございました!

2018年12月 3日 (月)

【No.397】学内レポートNo.14 ~Team 聖隷クリストファー大学 完走!~

 

皆さん、こんにちは!

理学療法学科3年山中 翔太郎と2年山本 流生です。

 

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

11月18日(日)に浜名湖ガーデンパークで行われた、遠州リレーマラソン大会に参加しました。

私たちは、「Team 聖隷クリストファー大学」として先生や卒業生の方々と参加しました。

 

1チームで42.195㎞をリレー形式で走ります。

Image1_2

田中先生と山本のさわやかなツーショット

 

当日はかなり冷え込んだ天気でしたが、それに負けないくらいの熱い気持ちをもって、

たすきをつなげていきました。

Image2_2

余裕の表情を見せる俵先生

Image3_2

ラストスパートに差し掛かり笑みを見せる矢部先生

Image4_2

Team聖隷のアンカーを務めた有薗先生

 

12人でたすきをつなぎ、無事完走することができました!

 

私たち理学療法学科では、先生と学生の壁を越えた活動が数多くあります。

先生方と学生のつながりが強いということは本学科の強みのひとつでもあり、他の学校にも誇れることです。

これからも勉強に私生活に充実した大学生活を送っていきたいです!

Image5

最後にみんなで集合写真

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

2018年11月29日 (木)

【No.396】教員レポート ~浜松市と大学との連携事業:学生による地域高齢者対象の講座を開催します 第2回~

こんにちは、教員の田中です。

 

10月26日(金)蒲協働センターの講座は盛況に終えることができました!

その様子はこちらから↓

https://blg.seirei.ac.jp/pt/2018/11/no388181-e0fd.html

 

 

さて、今週が第2回目の講座を

11月30日(金)県居協働センターにて開催します!

 

第2回目講座を担当する1年生講師たちも、事前の準備に余念がありません。

転倒予防のための基礎知識や認知症に関する基礎知識など,

また脳トレや体操を参加者と学生とが一緒に体験する講座を企画しています!

 

第2回目も4年生に参加者役になってもらい、プレ講座を行いました。

Image1

 

今回の県居協働センターでは、嬉しいことに定員30名を超える参加申し込みがありました!

そのため、1年生は互いに協力し合って、参加者を想定した準備をしています。

Image2

 

4年生からの的確なアドバイスをたくさんいただき、

本番に向けて、資料の内容や運動の進め方など改善点の修正も十分にできました!

 

 

講座の様子は、開催後に報告させていただきますので、楽しみにしていてください!!

 

 

最後にお知らせです。

最終回の第3回は12月10日(月)北部協働センターにて開催します!

まだ、お席に余裕があるようなので、ご興味が沸いた方はぜひ、ご参加ください。

https://www.seirei.ac.jp/event/detail.php?CN=250381

 

 

週末からは師走になりますね~

大学ではクリスマスツリーが飾り付けられました!!

ドイツ式のクリスマスツリーはなかなか見られないと思いますので、この機会にぜひ大学1号館・5号館へ見に来てください!

12月12日(水)には正門前でクリスマスツリーの点火祭も行います。

https://www.seirei.ac.jp/event/detail.php?CN=255843

 

朝晩の冷え込みが増していますので、みなさま体調管理にはお気をつけください。

2018年11月27日 (火)

【No.395】卒業生レポート No.9 ~11期生の近況報告~

こんにちは

理学療法学科11期生の豊田裕規です。

 

11月9、10日の2日間にわたって行われた呼吸ケアリハビリテーション学会にて

感動の再会を果たしました田中先生から依頼されましたので、近況について書かせていただきます。

 

私は、今年の4月から東京都清瀬市の公益財団法人結核予防会複十字病院で働いています。

 

病院紹介は、9期生の大野一樹先輩が過去のブログ

https://blg.seirei.ac.jp/pt/2016/11/no2429no2-64ed.html

でしてくださっているので割愛させていただきます...

 

就職して、あっとういまに7ヶ月が経ちました。

 

自分の力不足を感じながらも患者様と接する楽しさ・やりがいを感じているところです。

 

臨床現場に立ってみると、大学の授業で先生方が与えてくださった課題の大切さをふと思い出したりして、学生時代の資料を掘り出して見返したりもしています。

 

在学生の皆さん、日々の授業の内容がいつか生きるかも知れませんよ(笑)

Image1

 

さて、先日の呼吸ケアリハビリテーション学会では、複十字病院の先輩方が非結核性抗酸菌症に関する発表をされました。

 

非結核性抗酸菌症は中高年の女性を中心に世界的に増加していると言われています。

複十字病院では特に患者さんが多くいらっしゃいます。

 

今後、私達の理学療法の対象となることが増えてくる疾患の一つかもしれません。

そのため、先輩方の報告はとても大切な役割を果たしていると思います。

Image2今回、私は聴衆としての参加でしたが、来年は発表する立場として参加します!

 

最後に

遅くなりましたが、4年生は実習お疲れ様でした。

就職活動、卒業研究、国家試験などまだまだ大忙しだと思いますがもうひと踏ん張り

頑張ってください!

国家試験を乗り切ったあとの1ヶ月はすごく楽しいですよ!

また、関東に就職する予定の人はお待ちしています、食事に行きましょう!

 

1・2・3年生も4年生の在学中にいろいろ聞いておきましょう。

私達も在学中・就職後ともに先輩たちに大変お世話になっています。

聖隷の強みでもある縦のつながりを大切に学校生活を過ごしてください。

 

以上、簡単ですが11期生の卒業生レポートでした!

2018年11月23日 (金)

【No.394】卒業生レポート No.8 ~ホームカミングデー2018~

皆さん、こんにちは。
理学療法学科11期生の久原望未、鈴木康介です。

いつもブログを御覧頂き有り難うございます。

11月3日(土)ホームカミングデーを開催しました!
私達は実行委員として事前の準備から関わらせて頂きました。

当日は学部生の聖灯祭も行われており、模擬店や舞台演出など大変盛り上がっていました。


卒業後初めてのホームカミングデーでしたが、同期だけでなく、多くの先輩方が参加されました。

リハビリテーション学部では「みんなまとめて祝う会」として、
祝い餅を参加者でつき、一年の出来事をお祝いする会を行いました。

Image1写真1:餅つきの様子

理学療法学科11期生は20名が参加し、会を盛り上げてくれました!!
県内だけでなく、関東方面など遠くからも集まってくれ、思い出話や現在の近況報告など話は尽きませんでした。

同時に国家試験全員合格をお祝いしました。
国家試験の前に全員合格を祈願して後輩達が贈ってくれた必勝達磨の右目に目入れをしました!

Image2写真2:目入れをする竹内さん

Image3写真3:最後にみんなで一枚

久しぶりに会う仲間と思い出話に盛り上がる大変有意義な時間でした!
今年参加できなかった方も、来年は是非とも御参加ください。

最後までお読みいただき有り難うございました。

久原望未
鈴木康介