2017年3月27日 (月)

 

 2016年11月17~18日に行われた身体障害者リハビリテーション研究集会2016で、講演、シンポジストの役を務めさせていただきました。この研究集会は、全国身体障害者更生施設長会、全国身体障害者更生相談所長協議会、国立障害者リハビリテーションセンターが主催し、毎年行われているもので、全国の障害者支援施設、身体障害者更生相談所に勤務する方々が主たる参加者になります。

 「障害受容再考」というタイトルにて講演させて頂くとともに、その後に時間に行われた「旧更生施設の今後の在り方を探る~めざすべき独自性とは~」というタイトルのシンポジウムにてシンポジストも務めさせていただきました。

 実は作業療法士養成校を卒業後、10年近く身体障害者更生相談所に勤めいていたことがあり、なつかしく思い出すとともに、当時と現状の異なりを痛感する機会となりました。時代の流れが介護保険制度主流となり、2号被保険者が対象となる(旧)更生援護施設において利用者獲得の難しさがあり、それをどのように克服していったらよいか、といった点が中心となる話題でした。

 旧来の中央集権的施設入所の体制から地域点在型へのシフトが必要ではないか、あるいは、(旧)更生援護施設で行われる生活訓練のノウハウを、もっと、他施設に伝達し、連携強化を図っていくべきではないか等、様々なディスカッションが行われました。

 

 

 

 

 

2017年3月25日 (土)

 大阪大学の村上靖彦先生にご恵贈いただき、丁寧に読んでご紹介しようと思っていたら、なんと今になってしまいました。ご無礼どうかご寛恕くださいましたら幸いに存じます。
 哲学が取扱う射程や現象学的研究方法が専門職の実践に絡み合うと、実践に奥行がこれだけ広がって見えるものかと大変面白く拝読しました。
 先生は「プラットホーム」という交錯の場を表現し、実践の規範と自由(楽しさ、創造性、共同性・・)の折り重なり、逆に言えば、相対立するかに見えるもの共存や相互影響について、看護師の語りから析出なさっており、専門職の実践の魅力はまさにそこだよな、それがあるからこそ、専門職は実践のなかに主体を創りあげることが可能になるのだよなと感銘を受けました。
 最終章では「現象学的なナラティブ研究の方法論」という副題の章を設けておられ、決して長い文章ではないのですが、エッセンスが濃縮した、とても示唆に富む素晴らしい章だと思いました。
 たとえば、現象学的研究をするとき、「真理は触発力を持つ現象=リアリティが生起する構造」(p228)だと書かれてあります。それは普遍だからではなく、むしろ特異性を内包しているがゆえだ、というのです。確かにそうだと思いました。先生のご著書を読んでいると、「そうそう!」と熱いものが込み上げる瞬間が幾度かあるのです。それは文章に書かれた意味が私の心と共鳴し、触発を受けた瞬間だと思うのです。唯一な経験を研究する、その結果の真理は、人の心に投げかけるものがあるかどうかにかかっているということを表現されているのだと思います。それこそが、その章のタイトルである、「現象とはリアリティ」ということの神髄なのだとも思いました。
 素晴らしいご著書を執筆くださり、またご恵贈くださり、本当にありがとうございました。

以下は、出版社による著書の紹介のURLです。

http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b217860.html

2016年10月31日 (月)

 

テーマ:ピア・サポート

日時   H28年12月10日(土曜日) 13時~16時30分

場所   クリエート浜松中部協働センター5階51会議室   

             遠州鉄道西鹿島線「遠州病院駅」すぐ、JR浜松駅より徒歩8分       

             住所:浜松市中区早馬町2番地の1

参加費   一般・大学院生:1000円 学生500円

参加申し込み  期日:2016年12月8日   

<プログラム>

○13時~14時15分○

◇基調講演:伊藤智樹先生(富山大学人文学部准教授)

◇テーマ: 「ナラティヴ・アプローチからみるピア・サポート -物語の聞き手について考える」

・伊藤先生のご紹介:セルフヘルプ・グループ(自助グループ)へのフィールドワークを行ないながら、人々が行なう「病いの語り」を研究テーマとして活動。 ・著書:編著『ピア・サポートの社会学――ALS、認知症介護、依存性、自死遺児、犯罪被害者の物語を聴く』(晃洋書房、2013年)ほか

○14時30分~15時30分○

◇発表者:神田太一氏(聖隷クリストファー大学 リハビリテーション科学研究科)

◇テーマ:「脊髄損傷者のピア・ポート 障害経験を活かした役割」

○15時45分~16時30分○

◇発表者:木村奈緒子氏(東京医療学院大学 作業療法学専攻)

◇テーマ:「回復期リハビリテーション病棟におけるピア・ボランティアの効果」

問い合わせ先:田島明子 akiko-t@seirei.ac.jp

2016年10月26日 (水)

 2016年10月1日(土)、14時から16時30分、石川県リハビリテーションセンター 4階大研修室にて講演をさせていただきました。石川県内でリハビリテーションにかかわるPT、ST、OT、50程度の皆様が参加なさっていました。

 それにしても2時間30分も人の話を聴くのは苦痛以外の何ものでもないです。そういうわけで私の話は1時間15分程度、残りの時間はグループワークを行いました。グループワークの課題は2つ、①対象者の「障害受容」が難しいと感じた経験について、②対象者のよりよい暮らしのためにどのようなサポートするとよいと思うかでした。最後に各グループに発表をしていただきましたが、信頼関係づくり、チームアプローチ、患者会・ピアサポートの紹介など、経験を踏まえたいろいろなアイデアを共有しました。グループワークがよかったという感想が多かったです。おそらく忙しい臨床ではこのようなテーマでじっくり療法士としての経験をシェアしあう時間がないのではないでしょうか。そういう時間を持てると臨床の活力につながるのではないかと感じた時間でもありました。

Photo_2

Photo_3

 

2016年9月20日 (火)

はじめまして。院生の岩田祐美です。平成28年9月9日から11日まで北海道札幌市で開催された第50回日本作業療法学会に参加、発表してきました。私は「国外での作業的公正における作業療法士の介入と規範に関する文献レビュー」というタイトルで発表させていただきました。内容は、「作業的公正」についての英語論文を読み、自分なりにまとめたものです。理不尽で不当な差別を受けることなく、すべての人が自分とその社会にとって意味のある作業ができるような状態である作業的公正は作業療法においてとても重要な概念であるにもかかわらず、まだまだしっかりとした概念が確立されていない現状があります。海外での現状を日本でどう生かすのか、微力ではありますが今後も少しずつ勉強していきます。

個人的には久しぶりに参加した全国学会でしたが、多くの分野から参加する学会ならではの発表の出会いなどもあり、やはり参加する意義があると実感しました。市民公開講座やシンポジウムも面白い題材であっという間に時間が過ぎましたし、他の方々の口述・ポスター発表を拝見するとこちらの勉強になりますね。

来年は東京で開催されるとのこと。できればまた参加して多くの方々とディスカッションしたいと思っています。

14225351_1105285132893791_259964490

14330037_683570565126806_99852464_2

14322453_683570581793471_91373186_2

2016年7月 1日 (金)

20160629
 2016年6月29日、立教大学(新座キャンパス)で「障害受容について考える」というテーマで講演をさせて頂きました。 

 堀越喜晴先生*の担当なさっている障害学入門という講義でお話しをさせて頂きました。

 「障害受容」という言葉への違和感から出発した私自身の足取りは、私を形成する重要な要因になりました。そうした経験をお話しすることで、障害学という視点が、自分事として考えるきっかけになるものだということが学生さんに少しでも伝わったら嬉しいなと思います。

*堀越喜晴 (ほりこしよしはる)
所属団体 日本キリスト教文学会、C.S.ルイス協会、「言語と文学」研究会
職位:明治大学政治経済学部講師、立教大学講師、相模女子大講師 専攻:言語学・キリスト教文学

 

2016年6月13日 (月)

 最近、大変勉強になる学習会や研究会に参加させて頂く機会が結構あり、お声かけ頂かないことにはそのような学習会や研究会の存在すら知らない訳ですので、大変ありがたく思っています。

 さて、そのなかで、今回はVHO-net東海学習会の参加の感想を書こうと思います。

 この学習会は、ファイザー株式会社が社会貢献の一貫として資金援助を受け、運営しているのですが、筋ジス、CMT、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、ベーチェット病など、各障害・疾患の団体のリーダーが集まって成り立っており、私が参加したときには20名程の参加者がありました。内容は、講演会活動の模擬練習、社会資源(会議が行える施設)の情報共有などをしていました。

 個別の作業的な視点でみると、講演講師という役割活動でのスキルアップ、地域資源へのアクセシビリティの向上などが期待できるのかなと思いました。

 私が強く印象に残ったことが障害・疾患を超えた集まりである点でした。同じ障害を持った当事者団体の活動はよく見かけるのですが、そうではないこのような集まりは初めてだったのです。

 ただよくよく考えてみると、各団体のリーダーの課題は、障害・疾患による否定的な経験を肯定的な経験へと変換する作業的機会を創出する、そのために、社会との交流を増やしていくことで共通しているのではないかと思いました。

 今日、講義のなかで、久しぶりに作業療法士の藤原茂先生が行う夢のみずうみ村についてのNHKの番組を見ましたが、「障害を持ったからこその楽しい・輝く人生」という言葉が心に深く残りました。それと同じことではないかと思うのです。障害・疾患による否定的な経験は社会から与えられる部分が多々あると思います。それをいかにご本人にとって肯定的な意味を抱ける経験に変換していくか。それは作業的な機会を操作する作業療法士にとって最もやりがいのある仕事であると藤原茂先生の番組を見て、あらためて思いました。

 そのことに関して当事者団体と作業療法士は同じ方向を向いています。だからこそ、一緒に何かを探りあてていくなかで、障害・疾患を持つ人にとって楽しい豊かな暮らしの創造につながってゆけるのではないかと感じたしだいです。

 

2016年2月19日 (金)

 

515jrhyaihl1

 

好評発中ですhappy02

 2012年からはじめた「障害受容について/から考える研究会」のメンバーが中心になって論考を執筆しています。

 いろいろな立場の人がメンバーになっておりまして、実際に身体に障害を持つ人、障害を持ちつつ支援を行う人、作業療法士という立場から執筆しています。

 いろいろな立場の人が執筆したものを一冊の本にまとめるというのは読み手にとってみると、一貫性のなさを感じ、つなぎ合わさらないパズルのピースを持たされたような、ちょっとした不快感を感じてしまう可能性があります。

 しかし編者として全体を読み通してみると、不思議と主張に共通性があるなと思えまして、本書のまとめとして下記の4点に整理しました。

1.完全に「障害受容」することなどできない。

2.専門家・支援者は「障害受容」は対象者に絶対に押し付けるな!

3・専門家・支援者は「障害受容」を求めるのではなく、サービスの選択肢の少なさや障害に対する負の烙印を問題視すべきである。

4.「障害受容できていない」と思わせる人は「孤立した状態にいる」と捉え、行為レベルで一歩でも踏み出し、その人にとって希望の感じられる仲間(もちろん自分がなってもよい)やその人にとっての目前の課題をクリアできる支援につながるよう働きかけよう。

 ぜひ手に取ってご一読をお願いいたしますlovely

 

2015年8月26日 (水)


 質的研究をしてみたいが、どのような方法があるのかわからない、行っている途中だがこの方法でいいのか自信がない…等々、質的研究に興味がある作業療法士の方たちのための共同研究会を開催します。初心者の方々にも興味をもってもらえるような内容となっています。


日時:9月5日(土)13時~18時
場所:信州大学医学部地域保健推進センター3階多目的講義室
参加費:無料
参加申し込み:以下のHPから8月30日までにお申し込みください
http://u111u.info/mkIr


プログラム
13時~14時 レクチャー「質的研究法を選ぶということ」
山崎浩司(信州大学医学部保健学科准教授)
<発表 + スーパーヴァイズ>
14時10分~15時10分「多雪地帯における高床式住宅が居住高齢者の生活に及ぼす 影響」
慶徳民夫(山形県立保健医療大学)
15時20分~16時30分「小児期受傷の高次脳機能障害者の就労支援に関する研究」
大塚 栄子(千葉県千葉リハビリテーションセンター・
筑波大学人間総合科学研究科M2)
16時40分~17時40分「“ライフレビューブック”作成が学生に与える影響」
野尻明子(熊本保健科学大学)
17時40分~18時 全体での質疑応答
共催:作業療法を社会学・障害学する研究会、日本質的心理学会研究交流委員会

お問い合わせ:t-akiko@themis.ocn.ne.jp まで