イベント Feed

2021年7月26日 (月)

言語聴覚学科Webセミナーが行われました。

皆さん、こんにちは。

 

言語聴覚学科では6月22日(火)、6月29日(火)、7月8日(木)の3日間、本学科教員によるWebセミナーが行われました。

 

私は本学科の在学生ですが、オンラインでのセミナーということで申し込みをし、参加しました。

オンラインは気軽に参加できるのがいいですよね。

 

セミナーでは先生の実演や私たち自身が聴覚障害者の方の聞こえを体験できるような場面もあり、私自身も学びになることが多かったです。

 

私、個人の感想になってしまいますが、第1回の前半に行われた「英単語を覚えるにはどうしたらいいの?」が特に人気の講座だったような感じがしました。

 

3日間で180人以上の方がセミナーに参加してくださいました。

 

1講座でも参加してくださった方、誠にありがとうございました。

 

今回の言語聴覚学科Webセミナーについては、本学ホームページニュースでも取り上げてくださっています。

そちらも合わせてご覧ください。

 

最後に、今回のWebセミナーで言語聴覚士に興味を持ってくださった高校生の方にお知らせです♪

8月7日(土)、8月21日(土)に夏のオープンキャンパスが行われます。

8月21日(土)はリハビリテーション講座も開催されます。

ぜひ、ご参加ください!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

 

1年 K.Y.

2021年6月28日 (月)

6/19(土) オープンキャンパスを行いました

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

全国の言語聴覚士を目指す高校生のみなさんは、進路を考えている頃でしょうね。

私もちょうどこの頃、部活を引退して多くの大学のホームページを観ていましたよ。

 

さて、聖隷クリストファー大学 言語聴覚学科は6/19(土)にオープンキャンパスを開催しました。先生方は、第22回日本言語聴覚学会にご参加のため2人のみの参加でした。学生も2年生が特別講義の為に終日授業。4年生は実習中。1年生と3年生が力を合わせて頑張りました。

 

当日は人数制限もありましたので、参加したくても参加できなかった方が多くおられたと思います。そんな皆さんに向けて、ブログでバーチャルオープンキャンパスです。

 

 

まずは、学生が臨床技能を高める“観察室”から。観察室の名称は、各部屋で行われている演習をマジックミラーやカメラ映像で観察することが由来とのことです。臨床技能はまず観察からなのですね。

 

Image1

 

 

 

チラシが2枚貼ってあります。

左は、7/10(土)の特別講演会のチラシです。

https://www.seirei.ac.jp/opencampus/seminar/form.php?CN=318520

右は、6/22から始まったWebセミナーのチラシです。

https://www.seirei.ac.jp/opencampus/seminar/form.php?CN=316410

https://www.seirei.ac.jp/opencampus/seminar/form.php?CN=316411

Image2_2


 

『言語聴覚士とは、聞こえとことばと食べる機能をリハビリテーションするスペシャリスト』です。病院で働いていることが多いです。

2019年から国際コースが開設されました。3名が頑張っています。

言語聴覚学科は、ハワイ大学やテキサスA&M大学と連携しています。学生交流もあります。毎回楽しいです。今は自粛中...。

Image4


 

「Stroop Test」といって、色を答える検査で前頭葉の機能が推測できます。

 

Image5


 

 

次は、読字障害(Dyslexia)の疑似体験です。

ルールを読んで、問題①と問題②を行ってみましょう。

 

Image6

 

 

 

 

よーい スタート!!

Image8

Image7



 

 

次は失語症(Aphasia)の疑似体験です。

Image9

ルールを読んで。

Image10

よーいドン!!

 

Image12


Image11

次は、聴力検査です。

オープンキャンパスでは、専門的に聴力を測定します。

Image14_2

お子さん用の聴力検査機器です。

 

これも経験します。将来は、検査をする側ですね!!

 

Image16

 

 

ここからは部屋を移動します。

Image17

通称“音声室”です。入学後に声や話すことを主に学ぶ部屋です。

結構広い部屋です。壁際に、声・呼吸・音・話し方などを計測する機器がたくさん並んでいます。

写真は、声の大きさをどのように計測するかを説明しています。

実際に経験するのが一番理解できますよね。

 

Image18

 

 

わたしたちは色々な機器や用具を使って治療をします。

言語聴覚士は医療職ですので、血圧検査なども当然行います。そのための学習や演習もします。少し専門的ですが、身体の酸素飽和度も機器で調べながら行う方もいらっしゃいますので、その学びもします。

Image20


 

言語聴覚士は聴診器も使います。何に使うのでしょう?

 

Image21

 

 

 

答えは... 飲み込みの治療の時に、呼吸音を聞いたり、血圧測定をしたり、のどの音(飲み込みの時の音)などを聴きます。まさに医療職ですね。

 

Image22

次は、「喉頭を取ることになったら?」なんてショッキングなポスターです。

そんなこと考えられないですよね? でも、その方に寄り添って希望を与えられる職業が、「言語聴覚士」なんですよね。このポスターは年季が入っていますが、これを見るたび背筋が伸びます。真剣に勉強しないとと思います。声が出せなくたって普通に会話できるようにするのが私たちの仕事ですから…。 はい。頑張ります!!

 

Image23

 

これは、声質を調べる機器です。歌手とか俳優さんとか、職業で声を多く使う方はのどを痛めてしまわれる方がおられます。その方々を支える分野もあります。

 

Image24

声の高さの計測は、ピアノやキーボードを使います。

 

Image25

 

以上、いろいろ見てきました。

8月7日(土)と8月21日(土)もオープンキャンパスがあります。

その前には、7月10日(土)に入試相談会、7月17日(土)はリハビリテーション専門職体験があります。たくさんの方のご来場をお待ちしています!!

 

多くのみなさんにお会いできることを楽しみにしています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

勉強や部活がんばってくださいね。

 

言語聴覚学科学生一同でした!!

2021年6月18日 (金)

言語聴覚学科 オンライセミナーを開催します ~その2~

言語聴覚学科では,教員の研究内容を基に社会還元や言語聴覚学の魅力発信のために,オンラインセミナーを6月22日から実施します.

高校生や一般市民から専門職まで幅広く理解できる内容となっています.

聖隷クリストファー大学 言語聴覚学科の受験をお考えの方には必見です.

6/29の第2回目は,谷教授と佐藤豊展准教授です.

言語聴覚学科 オンラインセミナー へのお申し込みは こちら からどうぞ.

 

1_4

谷教授は,流暢性(りゅうちょうせい)障害の症状と原因論という内容で,流暢性障害の症状の特徴と原因について解説くださいます.流暢性障害とは,発音はうまくできますが流ちょうに話すことが難しい状態を指します.一般的には,吃音(きつおん)と呼んでいます.谷教授は,この原因や症状分析,または社会での不適応予防に関する研究をリードされています.研究から得られた知見を元に,多くの方が悩まれている流暢性障害についてやさしく教授頂きます.

 

2

佐藤豊展准教授は,舌運動の専門家です.舌は,話すこと,食べること,味わうこと など,私たちの生活には欠かせません.日本のおとぎ話の「舌切り雀」やことわざで「閻魔大王様に…」など舌にまつわるお話も多くあります.また世の中には,もっと活舌をよくしたいと思っておられる方も多いのではないでしょうか.今回のセミナーでは,専門的立場から,話すときや食べるときの舌の運動の特徴やトレーニング法のコツなどを教授頂きます.

2021年6月17日 (木)

言語聴覚学科 特別講演会を開催します

聖隷クリストファー大学では,「コミュニケーション障害の治療を探求する学問」である『言語聴覚障害学』の教授・研究とその専門職者である『言語聴覚士』(国家資格)の養成・育成を行っています.本学言語聴覚学科は静岡県内に設置された唯一の学科です.

言語聴覚学科では,コミュニケーションやコミュニケーション障害についてもっともっと知って頂きたいと願い,特別講演会を企画いたしました.

ことば,きこえ,発音,流暢性などコミュニケーション障害で悩まれる方は意外に多いのですが,なかなか他人に相談できずに本人や家族だけで悩んだり抱え込んだりして,苦しい日々をお過ごしです.やはり,専門家の育成や相談できる場の拡大が急務です.

1

今回は,「声」に焦点をあてました.声は普段気にしていませんが,他人に与える印象に随分影響をします.講師は,元アナウンサー・レポーター・司会者のご経歴を持ち,今は声に関する支援をされておられます,轟 美穂氏(ボイスコネクション代表)をお迎えします.欧米では,政治家・企業経営者など演説をされる方には,言語聴覚士が支援をしていると言われています.日本でもこれから活躍の場があるかもしれません.多くのみなさまのご参加をお待ちしています.ご希望の方は,こちら をご覧ください.

2021年4月 9日 (金)

ST学科交流会

3年の川久保です。2021年度の春セメスターから、言語聴覚学科のブログを担当させていただきます。初めてブログを書くということもあり、キーボードを打つ手が緊張で少し震えています。ここまでの文で何回かキーを打ち間違えました。皆様どうか生暖かい目で、ゆるーい気持ちで読んでいただけたら幸いです。

 

 さて、本日はST行事として交流会が行われました。この行事は1年生から3年生の学生交流と、学科の先生方との顔合わせも兼ねています。先生方の自己紹介では、新しい発見もあり、3年生の私からでも興味深い内容でした。ジム通いで6Kgも痩せた先生もいました。たしかに見た目がシャープになったような気が‥。

各学年2~3人で構成されたグループに分かれ、自己紹介をしたり、履修登録などについて、お話しすることができました。履修登録の話をするときに、とある1年生の子が配布された資料にメモや線を書いている姿を見て、自分の話しを参考にしようとしているのかなと嬉しく思うと同時に、何をどうすればいいのかわからない、そもそも履修登録とは何なのか、誰に頼れば良いのかもわからず頭の中で1人でごちゃごちゃと考えていた自分を思い出し、懐かしく感じました。(もちろん1年生の子を悪く言っているつもりは全くありません。)

 

 

1_2

 交流会の様子も写真に撮らせていただきました。解散直後の急なお願いにもかかわらず、快く写真を撮らせていただき、ありがとうございました。中には手を挙げてピースサインを掲げてくれたり、某おさるのぬいぐるみを出してくれる方もいて、写真をとる方としてもとても嬉しかったです。

 新年度も始まったばかりで、どの学年もまだまだ不慣れなことや初めてのことも多いかと思われますが、程よく、気張っていきましょう。

 

2021年3月15日 (月)

2020年度 卒業式・修了式が行われました

3月11日に2021年度の卒業式・修了式が行なわれました。

時が経つのは早いもので、この前入学したかと思っていましたが、もう卒業です。

 今年は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、時間も短縮して行うなど規模を縮小して行われました。

本学では、在学期間を通じて、学業成績が優秀で人物に優れた卒業生に対して、各学部1名に「学長賞」が送られます。本年度はリハビリテーション学部から、言語聴覚学科の伊熊さんが受賞されました。また、言語聴覚士会長賞を市川さん、リハビリテーション学校協会賞を大山さんが受賞されました。

 今年はコロナ禍の中での実習や国家試験勉強など大変でしたが、みなさんよく頑張りました。

1

2

3

4

5

2020年7月17日 (金)

1~3年生合同レクリエーション①

 7月7日に言語聴覚学科1~3年生でレクリエーションを開催いたしました。

1年生~3年生全員が顔を合わせるのはこれが初めてです。

そのため、最初は緊張した様子がみられましたが、フリートークや学校に関するクイズ大会を行う中で学年の壁を越えて仲を深めることができました。

クイズで最も正解数が多かったのは果たして何グループか・・・!?

1

2020年6月24日 (水)

言語聴覚学科1,2年生交流会②

交流会の後半では10グループほどに分かれてグループトークを行いました。2年生が中心になり学業やアルバイト、出身地など様々な話題に華を咲かせていました。1年生も最初は緊張した様子でしたが徐々に打ち解け、多くのグループから楽しそうな笑い声が聞こえていました。ぜひ今後も1,2年生間の交流を続けていきたいです!

2_2

4

2020年5月31日 (日)

WEBオープンキャンパスにようこそ!

6月20日(土)にWEB上でオープンキャンパスを行います!是非,参加してください!

1_3

お申し込みはこちらです!⇒https://www.bousai.seirei.ac.jp/opencampus/oc/form/20200620/

2_2

3_2



 

                                  

2020年4月27日 (月)

平穏な日々が戻ったらそうだ、京都に行こう。

言語聴覚学科には国内・国外からの学生さんがいらっしゃいます。今回は,京都出身の学生さんからのご当地情報です。

京都は季節によって見せる顔が違います。春はお寺と桜のコラボレーションが見られて綺麗です!

1

京都のみたらし団子は甘めのタレで味付けされているのでハマると抜け出せません。

今風に言うと、沼です。

2