教員 Feed

2021年9月 2日 (木)

新版の紹介

言語聴覚学科の大原です。

一緒に聴覚障害の勉強をしているグループの先生方と一緒に本を書きました。

言語コミュニケーション指導に新しい価値をもたらしうる教科書です。

僕は、ナラティブの評価と指導について担当しました。

その他の章も行間から執筆した先生方の息吹が聞こえてくるような面白い内容となっています。

8月1日に発売されました。

アマゾンで発売中なので、ぜひ読んでください。

1

2021年9月 1日 (水)

評価演習が終わりました(3年生)

教員の佐藤です。

6月24日から3週間にわたり、3年生の評価演習が行われました。

本演習は実際の言語聴覚障害の方にご協力いただき、評価・診断を行わせていただきます。

今回は4名の方にご協力いただきました。

2名は外部の方、もう2名は浜松十字の園の利用者さんにご協力いただきました。

昨今の社会情勢のなか、ご協力いただいた患者さん、浜松十字の園の関係者の皆様、誠にありがとうございました。

 

1回目は患者さんに初めてお会いするということで、インテーク面接を行いました。

1_2

学生さんは初めての面接のためとても緊張していました。

患者さんにご配慮いただき、何とか初回を終えました。

年齢の違う方と話す経験はなく、会話をすることがとても難しかったようです。

面接や観察から会話評価、行動評価を行いました。

考えられる障害をより詳しく調べるために、2・3回目に行う総合的な検査を考えました。

また、患者さんの症状を把握し、なぜ話しにくいのか、なぜ飲み込みにくいのか、その発生機序をグループで考えていました。

 

1回目で患者さんが「貼り絵が好き」という情報を得たので、2回目の時に貼り絵を作っていました。

 

2_2

患者さんにプレゼントする貼り絵です。

3_2

演習前にグループで最後の確認です。

 

4_2

5_2

6_2

7_2

3回目には感謝の意を込めて『プレゼント』を渡していました。

学生さんが自身で考えて準備をしていたようです。素晴らしい!

こちらのグループは一緒に撮影した写真を色紙に貼っていました。

 

8_2

こちらのグループは、患者さんの好きなお花や嵐の写真を貼っていました。

 

9_2

患者さんも嬉しそうにされていました。

我々言語聴覚士は『障害』をみるのではなく、『障害を持った人』をみています。

患者さんにはいろいろな背景があります。

性格や特徴などを把握し、その人にあった対応ができると良いですね。

2021年7月 1日 (木)

【国際リハビリテーションコースの紹介】

みなさん、こんにちは。教員の高瀬です。

 

 

今回は、国際リハビリテーションコース(国際リハコース)の活動内容をご紹介いたしますね。

 

今年3年目になる国際リハコースでは、PT,OT,STの選抜された学生が国際的な舞台で活躍することを目指し、日々学修に励んでおります。

 

ただ今、2年生は英語のスピーキング練習とTOEIC受検などに向けて準備をしているところです。今月から夏休みに入ったアメリカの大学生と、毎週1回テーマを決めてスピーキング練習をしています。

 

2

 

今週のテーマは、「さまざまな場所」についての紹介です。初めて会う海外の方とよくする話題といえば、”Where are your from? (どこから来たの。)“ですが、”I’m from Shizuoka, Japan.” と返答した後に「会話が続かない」と言った悩みをよく聞きます。

 

日本人同士の会話ではそこまで意識しないと思いますが、海外の方の場合、このあとに何を伝えるかでコミュニケーションがさらに深まったり発展したりします。

 

2年生のみなさんは、昨年度に比べて随分と成長したことでしょう!ネイティブの大学生と会話をする機会はあまりないですが、このご時世であっても確実にスキルアップしていることと思います。

 

 

自ら質問もできるようになって、会話のやり取りが続くようになっています。それは、とても頼もしい進歩です!夏には、アメリカの大学の先生による海外留学同等の授業を受講する機会もありますので、さらにブラッシュアップできるでしょう。

 

国際コースでは、学生による英語インスタも行っているので、ぜひご覧ください。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

Instagram: seirei19post

 

3

4

2021年6月18日 (金)

言語聴覚学科 オンライセミナーを開催します ~その2~

言語聴覚学科では,教員の研究内容を基に社会還元や言語聴覚学の魅力発信のために,オンラインセミナーを6月22日から実施します.

高校生や一般市民から専門職まで幅広く理解できる内容となっています.

聖隷クリストファー大学 言語聴覚学科の受験をお考えの方には必見です.

6/29の第2回目は,谷教授と佐藤豊展准教授です.

言語聴覚学科 オンラインセミナー へのお申し込みは こちら からどうぞ.

 

1_4

谷教授は,流暢性(りゅうちょうせい)障害の症状と原因論という内容で,流暢性障害の症状の特徴と原因について解説くださいます.流暢性障害とは,発音はうまくできますが流ちょうに話すことが難しい状態を指します.一般的には,吃音(きつおん)と呼んでいます.谷教授は,この原因や症状分析,または社会での不適応予防に関する研究をリードされています.研究から得られた知見を元に,多くの方が悩まれている流暢性障害についてやさしく教授頂きます.

 

2

佐藤豊展准教授は,舌運動の専門家です.舌は,話すこと,食べること,味わうこと など,私たちの生活には欠かせません.日本のおとぎ話の「舌切り雀」やことわざで「閻魔大王様に…」など舌にまつわるお話も多くあります.また世の中には,もっと活舌をよくしたいと思っておられる方も多いのではないでしょうか.今回のセミナーでは,専門的立場から,話すときや食べるときの舌の運動の特徴やトレーニング法のコツなどを教授頂きます.

2021年6月 1日 (火)

言語聴覚学科の高い研究力 -所属教員7名中6名が科研費(研究代表者)に採択‼-

聖隷クリストファー大学言語聴覚学科の強みは科学性に基づいた理論の教授です.

所属教員7名中6名が,国の競争的研究費である,日本学術振興会科学研究費(通称:科研費)に採択されています.

言語聴覚学科の採択率は,85.7%です.

全国的には下図に示すように採択率20%台ですので,本学言語聴覚学科教員の研究力や科学性がいかに高いかをご理解いただけると思います.

全ての専門授業では最新の研究に基づいた教授が展開されています.

聖隷クリストファー大学言語聴覚学科のモットーは理論の教授であり,将来的に言語聴覚学分野の学術的発展を目指す人材育成です.

1_2

出展:日本学術振興会HP( https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/27_kdata/data/2-1/2-1_r2.pdf )

【言語聴覚学科教員の科研費研究】※2021年度科研費研究課題(分担研究課題を含む)

・思春期吃音児の自己肯定感促進要因の検討~社交不安障害や自死の防止を目指して~

・舌骨上筋群表面筋電位パタン解析を用いた至適食品選択手法の開発

・窒息事故軽減に向けた児童の食行動調査と指導計画の開発

・パルス磁気刺激装置による摂食嚥下訓練の効果の筋電図学的評価

・舌骨上筋群表面筋電位パタン解析を用いた市販食品分類

・認知症高齢者の摂食嚥下障害に対する原因疾患別予防プログラムの多職種共同開発

・深層学習を用いた舌骨上・下筋群の協調パターン解析に基づく嚥下機能評価技術の確立

・ポジティブ心理学による認知症患者の介護者の特性解明と新たな介入方法の効果検証

・認知症と介護者の睡眠障害に関する特性分析と新たな介入方法の開発・検証

・通常学校で学ぶ聴覚障害児の語音聴取の機序と無線補聴システムの要件に関する研究

・軽中等度難聴児の学童期課題の発生の機序と言語発達支援要件の検討に関する研究

・母語話者とのビデオレターによるスピーキング能力向上特性の解明

・舌運動による喉頭挙上訓練法の開発‐舌骨上筋群の筋力強化プログラムの検討‐

2021年5月31日 (月)

言語聴覚学科 オンラインセミナーを開催します.

言語聴覚学科では,教員の研究内容を基に社会還元や言語聴覚学の魅力発信のために,オンラインセミナーを6月22日から実施します.

高校生や一般市民から専門職まで幅広く理解できる内容となっています.

聖隷クリストファー大学 言語聴覚学科の受験をお考えの方には必見です.

トップバッターは,高瀬准教授と柴本教授です.

言語聴覚学科 オンラインセミナー へのお申し込みは こちら からどうぞ

1

 

高瀬准教授は,『英単語の学習法』について,言語学や英語教授学の立場から教授くださいます.

高校生の皆さんは,日々英単語を暗記しておられると思いますが,力づくでは難しいです.それは,ことばは数えられないほどあるからです.

最新の研究理論を基盤に,とても分かりやすくお話しくださいます.英語の成績が伸びずに困っている方,もっと英語を学びたい方必見です.英語に興味ある方,たくさんあつまれー‼

柴本教授は,Asia Pacific Society of Speech Language and Hearing といって,アジア環太平洋地区の言語聴覚学会の会長をお務めになられました.アジア環太平洋地区で先生のお名前を知らない方はおられません.現在も,ベトナム国への支援,カンボジア国での言語聴覚士大学教育のカリキュラム構築に尽力されています.今回のオンラインセミナーでは,今社会で話題になっています,『誤嚥性肺炎』に焦点を当てて,人間にだけ生じる理由や対処などをわかりやすくお話しくださいます.食べること・話すことという人間の進化とそれに伴う生命リスクについて興味ある方は,ぜひお聞きください.

2

2021年4月12日 (月)

言語聴覚学科のみなさんへのメッセージ~2021年度を迎えるにあたって~

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。また、2年生から4年生の皆さんも無事進級したことをお祝いいたします。

 新年度を迎え、皆さんそれぞれに気持ちも新たに、これからの学生生活について色々と考えることの多い時かと推察します。コロナ禍への対応を迫られる日常は、いましばらく続くことでしょう。しかし昨年来の経験をもとに、毎日の過ごし方にも、より建設的な心構えを持って進んでいこうと意気込んでいることと思います。私たち教員一同も、皆さんを支援し、ともに頑張っていきたいと思う次第です。

 昨春からの一年余りは、学生の皆さんにとって、また私たち教員にとっても想像しなかった過酷な経験を強いられるものでありました。緊急事態宣言下での新学年の始まりは、学生生活の基本的なあり方をどのように確保し、いかなる方法で確実なものにするかという課題に終始直面する日々となってしまいました。入学式は簡素化し、授業は日程を変更の上にオンラインに依存せざるを得ない状況に追い込まれました。こうした環境の劇的な変化や制約により生じる不安と苦悩を、どのように解消していくかという課題にも直面することとなりました。また、在学生におきましても、国家試験や就職等の進路選択に直面する4年次生をはじめ、学年それぞれに取り組むべき課題に向き合いつつ、さまざまな制約を乗り越えて頑張ってきたと言わねばなりません。

すなわち、皆さんはこれらの経験を通じて、感染症への対応について学んだだけでなく、どのように事態を把握し、いかなる方法で解決していくべきか考え、そして行動してきたはずです。そしてその行動により、新たな経験や得がたい心的経験を味わうこともあったことでしょう。この点は、過去一年が大学受験を控えた毎日であった新入生の皆さんにも共通するものであったと思います。皆さんへお伝えしたいのは、不自由な状況におかれても、私たちは考え方ひとつで状況の捉え方を変化させ、能動的な行動ができるということです。皆さんの若者らしいみずみずしい感性をさらに磨く機会は大学生活の中に今なお沢山あるのです。

学生の皆さん、コロナ禍への対応は、ワクチン接種の進行など新しい光明も見えてはいますが、飛躍的に好転するとは言い切れない状況がしばらくは続くものと思われます。感染症への対策は怠ることなく毎日を過ごしてください。そして大学と、キャンパス全体と皆さんとの関係がより密接なものになるよう、私たち教員も努力していきます。皆さんにとっての学生生活が、健康で、生気あふれ、そして学生らしいものでありますよう心から祈念する次第です。

2020年10月12日 (月)

10月は国際拡大代替コミュニケーション啓発月間 International Augmentative and Alternative Communication (AAC) Awareness Month

毎年10月は国際拡大代替コミュニケーション啓発月間になります。皆さんは拡大代替コミュニケーションをご存じですか?話す代わりに筆談をしている人を見たことがありませんか?ジェスチャーを使ってコミュニケーションをとっている人を見たことがありませんか?写真を指差したり、コンピュータのボタンを押したりして、コミュニケーションをとっている人を見たことがありませんか?これらはすべて、拡大代替コミュニケーション(AAC)に含まれます。AACには、会話の代わりに自分の考えや感情を共有する全ての方法が含まれます。実は私たちは皆、毎日AACを使っています。話す代わりに表情やジェスチャーを使う時、友人にメモを渡す時にもAACを使っています。

国際拡大代替コミュニケーション啓発月間の目的は、拡張代替コミュニケーション(AAC)の認知度を高め、会話以外のさまざまなコミュニケーションの方法を一般の人々に知らせることです。以下のHPから、エジプトやシンガポールからのAAC啓発ビデオが視聴できます。興味がある方は見てみてください!

https://isaac-online.org/english/aac-awareness/international-aac-awareness-month/

1

2020年9月18日 (金)

耳鳴りってご存じですか?【海外言語聴覚ニュース】

世界では約 7 人に 1 人が耳鳴りを経験していると言われています。耳鳴りとは,「体の外部に音源が無いのにも関わらず,ブザー音、クリック音、その他の音などを知覚すること」です。世界各国の知識人によるスピーチ動画を配信しているアメリカの非営利団体TEDが耳鳴りに関する教育動画をアップロードしました。この動画はイーストテネシー州立大学の教授で耳鳴りの研究をしているMarc Fagelson氏が監修しました。皆さんも,聴覚システムとは,耳鳴りがなぜ起こるか,どうやったらコントロールできるかなどを学びたい方は以下の動画を観てみてください。ちょっと耳に残るかもしれませんのでご注意ください。https://leader.pubs.asha.org/do/10.1044/2020-0908-tinnitus-teded-video/full/

1

2020年6月 5日 (金)

浜松市通級指導教室言語担当教員研修

本日はオンラインで浜松市の通級指導教室言語担当教員向けの研修会がありました。先生方,真剣です。楽しんでいただけたとよいのですが,いかがでしたでしょうか?

1

2

3

4