« Gmailの転送設定 | メイン | 必携ノートパソコンの準備について(2020年度新入生の方) »

必携パソコン設定手順(2020年度)

   お知らせ
    
2020. 1.22  パソコン(大学推奨PC、および別途準備したPC共に)は、以下のマニュアルに沿って行ってください。
*自宅での設定、(1)から(8)を、できる範囲で実施してください。
ただし、ご自宅にインターネット接続環境が無い場合は、(1)、(2)のみ済ませておいてください。
(別途準備したPCは、自宅での設定手順(3)以降を実施してください。)
【重要】 PCに同梱している設定マニュアルは参照しないでください。(本学で必要な設定とは少し異なるためです。)
    
【事前準備】 キャリングケースを準備してください(*PCは精密機器です。落下や外圧に弱いので、持ち運び用のケースが必須です)
   dynabookの場合:13インチ用程度(PC外寸:約31cm×22cm×1.8cm)
   SurfaceGoの場合:10インチ用程度(PC外寸:約25×18×1.5cm)
  名前や学籍番号等のシールを、本体に貼ることをお薦めします。
   
【入学後】 学内設定オリエンテーションを4月2週より実施します。(入学後、日時等の詳細をご連絡します。)
   
   自宅での設定手順
   
  パソコンが届いたら、自宅で(1)から(8)の手順を実施してください。
   ⇒パソコン設定確認チェックシート(pdf)
   
(1) 受取り時、初期不良が無いかを確認します。(開封前の確認もあります)次に、保証登録をします。
 006666 A)Surface Go の場合 006666 B) dynabook の場合
  SurfaceGo、保証登録手順(必須)    (dynabookは保守登録済みです)
  修理・保証概要    ⇒修理・保証概要
   
(2) Windowsの初期設定
 

【重要】①箱に入っている設定書ではなく、以下のマニュアルに沿って初期設定してください。(初期設定の際、最初にWi-Fiを設定しないで以下のとおり設定してください)
②PCログインのアカウントを、「microsoftアカウント」で設定しないようにしてください。(後日、大学でOfficeをインストールする際に、アカウントを削除する必要が生じるためです)

*推奨PC以外を購入された方は、該当機種のマニュアルを参考に、適宜設定してください。

 006666 A)Surface Go の場合 006666 B) dynabook の場合
       
(3) Windows Updateの設定
   
(4) 自宅Wi-Fiへの接続
       
(5) Windows Updateの実施
       
(6) Google Chromeのインストール
  *Chrome起動後、ログインはしないでください。Ofiice365の設定の際に不具合が生じます。
       
(7) Acrobat Reader(アクロバットリーダー)のインストール
       
(8) Lhaplus(ラプラス)のインストール
   
(9) 参考:周辺機器について
  (周辺機器は必須ではありません)
 006666 A)Surface Go の場合  006666 B) dynabook の場合
   
   
   入学後、学内での設定手順
   (以下は入学後、閲覧できます)
   
(1) 学内Wi-Fiの設定手順
   
(2) 個人パソコン、学内利用申請フォーム
   *WebClassにログインし、「個人パソコン学内利用申請(2020年度生)」コースをクリックするとフォームが現れます。
   ⇒パソコン固有番号(mac addressの調べ方)
   
(3) ウイルスバスターCorpのインストール手順
   
(4) 学内プリンタの設定手順
   
(5) Office365のインストール手順
   
(5)-2 OneDrive同期解除、無効化設定 手順(必須)
   
(5)-3 Teams 自動起動の停止方法(参考)
   
   2,3,4年次生向け、利用申請について
  *以下より、利用したいサービスを選び事前申請してください。ICTセンターから折り返し連絡します。
*設定手順は上記の新入生向けマニュアルに準じます。
   
(1) Wi-Fi利用の事前申請フォーム
   
   ⇒パソコン固有番号(mac addressの調べ方)
   
(2) ウイルスバスターCorpの利用申請フォーム
   
(3) Office365の利用申請フォーム
   
   個人パソコンのメンテナンスについて
   
  年に1回、タブレット・PCのメンテナンスを実施することをおすすめします。
   ⇒タブレット・PC、年次クリーンアップの手順(pdf)