2021年4月16日 (金)

シアトルパシフィック大学(SPU)とのオンラインによる国際交流会

お互いに教育について専門的に学んでいる、こども教育福祉学科の3年生30名とシアトルパシフィック大学の4年生20名が、オンラインによる国際交流会を実施しました。

 

210415_img_6296_2

210415_img_6298_3

 

当日は、以下の流れにより1時間程のプログラムを実施しました。


 ①開会のあいさつ
 ②グループセッション
 ③交流のまとめと報告

 

グループセッションでは学生たちが、米・日混合の5グループに分かれ、''Discussion Topics''を準備して話し合いました。
(トピックスは、教育、COVID-19、日常生活、趣味・興味、旅行)

こども教育福祉学科の学生たちは、事前学習してきた英語のメモを手元に置き、相手に届けようとする姿勢を持続しながらコミュニケーションを図っていました。
また、SPUの学生さんたちは非常にまじめで、教育に熱い気持ちをもっている方々ばかり
だという事が会話を通して伝わってきました。

 

210415_img_6274_2

210415_img_6275

 
最後のまとめで印象的だったことは、
シアトルが航空産業、飲食産業(スターバックスコーヒー発祥)、IT関連ビジネスが盛んであり、産業の街「浜松」と共通点がある、ということです。

交流による心の繋がり、街と街の繋がり、いずれも大切にしていけたら良いですね!!
またお会いしましょう。

 

〈今回の関係者に感謝をこめて〉
・シアトルパシフィック大学4年生のみなさん
・Prof. Mvududu, Prof. Renn, Prof. Baliram, Prof. Norton, Prof. Bishop, Prof. Preciado, Prof. Jalalian-Chursky
・こども教育福祉学科3年生のみなさん
・本学教員、グローバル教育推進センター

  

太田、Patterson、二宮

2021年4月 9日 (金)

子育てひろば たっくん 再開

新年度スタートと共に

子育てひろば たっくん も再開しました!

 

さっそく、新4年生もボランティア参加して、

手遊びや絵本を実践してくれました。

Dsc_0883_1

原則毎週火曜日に開催されます。

子育てひろば たっくんのページ↓

https://blg.seirei.ac.jp/hirobatakkun/

新年度がスタートしました

4月1日より、在学生ガイダンス、

4月2日 入学式、

4月5日、6日 新入生オリエンテーション、

そして 7日から授業と

2021年度がスタートしました。

 

1年前と違って、対面でのスタートです。

環境が整い、にぎやかなキャンパスで

学びをすすめられることに感謝します。

Img_1532今年は桜が満開になるのがはやく、

1週間ですっかり若葉の美しい季節に。

つつじが咲き出しています。

Img_1556

Img_1558

   こども教育福祉学科 和久田佳代

2021年4月 1日 (木)

国際バカロレア初等教育プログラム(IB PYP)勉強会を開催しました。

2021年度からこども教育福祉学科で国際バカロレア教員養成プログラム(PYP)が始まります。

それに先駆けて、3月24日(水)にこども教育福祉学科の教員を対象としてIB PYP勉強会を開催しました。

クリストファーこども園や聖隷クリストファー小学校の教員も含め40名が参加しました。

グループワークを通して、IBのフレームワークや学習者像、国際的な視野、エージェンシーについて理解を深めました。

※PYP(Primary Years Programme)は、国際バカロレア機構(IBO)が提供する3歳から12歳を対象とした初等教育プログラムです。

 

Img_6007

Img_6013

Img_6029

Img_5379

※写真撮影時のみマスクを外しています。

--------------------- 

On March 24th, we had our very first IB PYP Professional Development Workshop with professors from SCU and teachers from Christopher Kodomoen and Seirei Christopher Elementary School. The purpose of the workshop was to strengthen our community and to start building a culture of inclusion, belonging, ownership, openness, respect, understanding, and trust.

 

The professors and teachers were divided into groups. The facilitators employed active learning strategies to increase the participants’ motivation and improve their collaborative learning skills. Also, participants were encouraged to be involved in higher-order thinking to get a deeper understanding of the IB framework and topics such as transdisciplinary, the IB learner profiles, international mindedness, and agency in action.

 

This workshop was a start of the journey for Seirei Gakuen. Hopefully, this experience had contributed to a shared sense of purpose across schools, brought across new ideas regarding educational standards and practices, and aligned us behind a set of shared educational values and a new vision to be considered in the light of global education.

2021年3月30日 (火)

インマヌエルカレッジとの国際交流

こども教育福祉学科とオーストラリアにあるインマヌエルカレッジがオンラインによる国際交流を行っています。こども教育福祉学科では、日々、保育・教育に関する様々な学修を行っています。今回は、保育内容「ことば」と「こどもと音楽」の講義をコラボレーションして日本の昔話である「おむすびころりん」を英語で発表しました。
 
※Youtubeの動画が開きます。
 
この動画は、大学の保育、教育に関する講義の中で、日本の昔話を元に、布や各種素材を使いエプロンシアターを作成し、そこに音楽をつけた創造的な学修の一事例です。
 
こども教育福祉学科の学生たちは、フェルトなどの生地を用いて場面に応じたアイテムを作成してエプロンの土台の上でこどもたちに物語を展開しています。またそこに、効果音として音楽(木琴、鉄琴、鈴など)を加える事により、物語が立体的に伝わっています。
 
また、この物語を英語に翻訳して学生がナレーションすることで、オーストラリアに日本の昔話、日本の保育の一場面を伝えています。
 
ご視聴いただければ幸いです。

2021年3月10日 (水)

「国際支援アクティブラーニング」インド聖隷希望の家プロジェクト

こども教育福祉学科の学生が、「国際支援アクティブラーニング」の講義を履修しており、聖隷希望の家プロジェクトの一環として、「手作りマスクの作り方」を動画で作成しました。

その動画をインドにあるインド聖隷希望の家の施設長や関係者の方々とシェアし、英語による交流を行いました。

動画の作成の後、インド聖隷希望の家の施設長であるアブラハムさんから以下のお礼のメールが届きましたので、掲載させていただきます。

 

゚+:。.。:+゚゚+:。.。:+゚゚+:。.。:+゚゚+:。.。:+゚

 

フェイスマスクの作り方の素敵な動画をありがとうございました。

安価で簡単に作れるため、より多くの地域の方々のためになり嬉しく思います。

皆様の研究と技術には本当に感謝しております。

私たちを助けるために貴重な時間を割いていただき、本当にありがとうございました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

聖隷クリストファー大学の皆さん、本当にありがとうございました。

聖隷Asha Bhavanの地域とスタッフのみんなより、愛と感謝の気持ちを送ります。

皆様のご勉学と今後のご活躍をお祈りしております。

 

聖隷インド希望の家 施設長

Varghese Abraham

 

゚+:。.。:+゚゚+:。.。:+゚゚+:。.。:+゚゚+:。.。:+゚


また、マスクの作り方については、以下のURLをクリックしご視聴いただければ幸いです。

インド聖隷希望の家インスタグラム

2021年3月 9日 (火)

アダプテッド・スポーツ(2)

アダプテッド・スポーツの授業の続きです。

車いすツインバスケットボール

Img_0979

Img_0983ナイスシュート!

ゴールが2つあるので、ツインバスケ。

パラリンピック種目である車いすバスケよりも

より重度な障がいの方たちが参加できる種目です。

ゴールやバスケ用車いすは

「静岡バリアーズ」からお借りしています。

 

ブラインドサッカーImg_1135

アイマスクをしてドリブル

Img_1136

視覚に障がいのある方のサッカーです。

ボールの大きさはフットサルボールと同じで、

内部に金属のプレートが取り付けられており、

転がると音がします。

日本ブラインドサッカー協会から

ボールをレンタルして行っています。

ブラインドサッカーもパラリンピック種目です。

 

様々な種目を体験すると同時に

種目や障がいについて探求し、

プレゼンテーションもしました。

 

学生はこの授業での学びに加えて、

「地域実践アクティブラーニング」で

実際に地域のアダプテッド・スポーツ活動に

参加しています。

 

希望する学生は「初級障がい者スポーツ指導員」資格を

取得することができます。

         こども教育福祉学科 和久田佳代

2021年3月 2日 (火)

アダプテッド・スポーツ(1)

3月になり、卒業式が近づいてきました。

2月中には、2年生は保育実習ⅠA、

3年生は保育実習Ⅱ・Ⅲを順調に実施しています。

 

2020年度は授業がオンラインになったり、

実習が延期になったり、様々な制約がありましたが、

そのような中でも学びを止めずに来られたことを

実習現場のみなさまや環境を整えてくださったみなさまに

感謝します。

 

今日は秋セメスターの授業を振り返って、

1年生選択科目「アダプテッド・スポーツ」の様子を

お伝えします。

ボッチャImg_1156

Img_1159

Img_1161白いジャックボールに、赤・青6球ずつのボールを

投げて近づけます。

何回か練習していると最後にはこんなに近づけることが

できるようになりました。

シッティング・バレーボールImg_0914

Img_0919どちらもパラリンピック種目です。

車いすバスケやブラインドサッカーも体験しました。

また次回紹介します。

          こども教育福祉学科 和久田佳代

2021年2月22日 (月)

JICA課題別研修「乳幼児ケアと就学前教育(アフリカ・中東)」

JICA課題別研修「乳幼児ケアと就学前教育(アフリカ・中東)が行われており、地域別研修先として聖隷クリストファー大学、こども教育福祉学科に依頼がありました。そこで、本学の太田教授が講師として英語による講義を行いました。当日は、JICAの方々も出席されておりました。
 
講義ではクリストファー大学付属こども園の年間を通じた保育・教育の営みについて映像やパワーポイントの資料を用いて紹介があり、遠隔形式でアフリカ・中東地域の、行政官、指導主事など各国の幼児教育を牽引していく人たちに向けて「こども主体の保育を行うためには環境構成を整える事が重要である」、「こどもの育ちを支える者は感受性が豊かでなければならない」と述べておられていました。
 
当日は、参加者から多くの活発な質問があり、日本、アフリカ、中東の教育事情について意見交換がなされ、まさに「グローバル」な研修が行われました。
 
次年度は来学していただき、例年通りの対面形式で研修会が行われることを祈っております。
 

Dsc_1492

Dsc_1494


2021年2月16日 (火)

Graduation Research Presentations 卒業研究発表会

Hello everyone, 

Another school year is almost over. One of the highlights of this school year, was the graduation research presentations. (Also see Wakuda-sensei's blog post from November.) Students chose many interesting topics related to social welfare and children’s education. For example, my zemi student researched the current situation of the coronavirus in India. I was glad to be able to see the students' presentations in person. Congratulations to all the fourth-year students. I look forward to seeing you at graduation next month!

 

1

2


 Donald Patterson

-----------------------

みなさん、こんにちは。

もうすぐもう一学年が終わります。今年度のハイライトの一つは、卒業研究発表会でした。(11月の和久田先生のブログ記事もご覧ください。)例えば、私のゼミ生はインドのコロナウイルスの現状を研究しました。学生の発表を生で見ることができてよかったです。4年生の皆さん、おめでとうございます。来月の卒業式でお会いできるのを楽しみにしています!

ドナルド・パターソン