2021年7月14日 (水)

ライフサイクルとソーシャルワーク

社会福祉学科ソーシャルワークコース1年春セメの「ライフサイクルとソーシャルワーク」(必修)では、現代社会の子ども・若者の諸問題や高齢者の医療福祉の課題などを、社会福祉学的視点から理解できるように、講義を受講し、グループで話し合いを行い、発表テーマを決定し、次の回でグループ発表を行っています。

今年度のテーマは「不登校・ひきこもり」、「発達障害・いじめ」、「若者の社会的自立・若者の自殺」、「高齢者の生活問題・社会的孤立」です。

 

この科目では、浜松市と本学の「包括連携協定」に基づく取り組みとして、浜松市こども家庭部次世代育成課 浜松市青少年育成センターの職員さんが、学生の発表の回には参加します(2021年度は2回)。

 

Photo_2

「発達障害・いじめ」に関する外部講師からの講義

 

この講義を受けての発表は、「なぜいじめるのか?」、「いじめの解決法」、「ADHDについて」でした。どの発表も聞きごたえがあり、発表後の意見交換も活発に行われました。特にこの回は、浜松市の職員さん達も参加し、学生と共に浜松市の子ども・若者の支援のあり方を考えました。

 

Photo_3

学生の発表を聞いた、浜松市職員さんからのコメント

 

学生さん、市の職員さんにとって、共通の学びの場と、社会的課題の共有により、今後地域での取り組みのきっかけになるのではないかと思います。講義を受講する前にも、関連した新聞を読んだり、文献を調べたりと、それぞれの興味や関心に基づき、事前学修にも取組みます。1年次から、アクティブラーニングを実施することで、主体的に学ぶ姿勢が身に着いていきます。

2021年7月12日 (月)

おススメ書籍の紹介「智恵子抄」 

1年も半分が過ぎました。春セメスターの授業も残すところあと2週間程度。

教員、学生共々、学修の総まとめに向けてラストスパートをかける毎日です。

 

さて、6月にアップする予定でした、佐々木先生のおススメ文献をご紹介いたします。

 

Image1

 
『智恵子抄』
高村光太郎著 日本図書センター

私は、高村光太郎の詩集『智恵子抄』を紹介します。この詩集は、高村光太郎が智恵子と結婚する前から、結婚し智恵子が亡くなるまでの折々を詩にしたためたものです。

智恵子は結婚生活の途中から精神疾患を患い入退院を繰り返すようになります。『智恵子抄』の「山麓の二人」の中に「この妻をとりもどすすべが今は世にない」と記されているように、智恵子が生きた時代は精神疾患を治療する方法がほとんどありませんでした。そして、精神疾患に対しての差別が激しい時代でした。精神疾患をもつ当事者としての智恵子、そしてその智恵子を支える家族としての光太郎が生きた苦難の歴史が描かれています。

Photo_2

佐々木先生

   

2021年6月30日 (水)

オープンキャンパスを開催しました。

 

雨が続く日がつづきますが、皆様いかがお過ごしですか。

 

オープンキャンパスのご報告です。先々週の6月19日(土)のオープンキャンパスでは、29名の高校生の方、21名の保護者様に来ていただきました。

当日は、学科紹介、入試説明、模擬授業、そして懇談会の内容でした。懇談会では、参加されている皆様から様々なご質問をいただきました。教員とオープンキャンパスのスタッフでそのご質問に答えさせていただきました。少しでも大学の雰囲気が分かっていただけたかなと感じています。

次回のオープンキャンパスは8月で、8月7日(土)で、8月21日(土)に開催予定です。分からないこと、知りたいことがあったらなんでも聞いていただくことができます。興味のある方は是非ご参加ください。

 

Photo

 

文責 佐々木

2021年6月22日 (火)

2021年5月のお菓子販売と6月7月販売のお知らせ(2ぴーすの活動紹介)

4月から再始動しました、2ぴーすのお菓子販売は、5月28日に今年度第2回目の販売が行われました。

焼き菓子(クッキー・パウンドケーキ)、生キャラメルなどを完売しました。

・以下は、だんだんさんからのお礼です。

こんにちは。だんだんです。5月28日に販売に伺いました。ボランティアの学生さんがとても元気よく声掛けをしてくれ、持っていった商品が完売しました!!

皆様お買い上げありがとうございました。また次回もよろしくお願いいたします!

                              だんだん一同

・販売も定着してきており、大城学長や佐藤学部長にもご購入頂きました。

Photo

大城学長ご購入

 

Photo_2

佐藤学部長ご購入

 

・次回は、冷たいお菓子の販売を予定しているとのこと。楽しみです。

 

就労支援の障害福祉事業所コロナウイルスの影響では、売り上げが落ちてきています。学生ボランティア2ぴーすは販売機会確保や、様々な協力をしていくことが出来ればと思います。6月・7月の販売予定は以下の通りです。なお、コロナウイルス感染拡大等の影響で中止になる事がありますので、ご了承願います。

・6月25日(金)11:45頃から(2号館1階食堂前)

・7月16日(金)11:45頃から(2号館1階食堂前)

 

                           社会福祉学科教員

2021年6月 7日 (月)

社会福祉学科特別講座のお知らせ 「社会福祉専門職とは」

こんにちは。社会福祉学科の教員の佐々木です。

特別講座のお知らせです。

 

2021年6月12日(土)10:00から12:00まで、聖隷クリストファー大学の社会福祉学部の学生と教員のインタビュー対談企画がZoomで開催されます。

社会福祉学部の社会福祉、介護福祉分野をめざす学生に対して教員から大学生活、実習や就職に関することを質問していきます。

現在の社会福祉や介護福祉分野の学びや仕事のことがよくわかる講座です。

また参加される方から学生への質問時間もあります。

なお、会場はコロナウイルス感染対策のためZoomでの開催となります。

 

Photo_10

 

興味のある方は是非ご参加ください

参加申込は以下のホームページからお願いいたします。

 

聖隷クリストファー大学 社会福祉学科特別講座のご案内

★社会福祉学科特別講座申し込みページはこちら

 

2021年5月31日 (月)

卒業生が大学を訪問してくれました

5月も本日で終わります。年度末から今月にかけて、フレッシュな社会人1年生をはじめ、何人かの卒業生が大学を訪ねてくれました。

 

まずは、この春に卒業し、社協に就職したMくん。先週末に、ボランティア情報を大学にもってきてくれました。いきいきとした表情で話をしてくれました。謝恩会ができなかったので、コロナが落ち着いたら、是非、皆さんとお会いしたいと思っています。

 

Image1


 

 

4月には、私のゼミを卒業して4度目の春を迎えた卒業生が、近況報告のために来学してくれました。一人前の職員として働きはじめていることを実感させてくれる話をたくさん聞かせてもらいました。

また、仕事とは別の「よい知らせ」もあるとのこと。仕事の疲れも吹き飛びました。

 

Image2_2


 

 

さらに3月には、卒業して6年たち、集中して仕事をすることから少し離れてみたという卒業生が、ふらりと研究室を訪れてくれました。学生時代彼女に対しては、社会で頑張り過ぎないようにと心配したものですが、今はゆったりとした構えで生活を送っている様子を聞かせてもらいました。時とともに人は育っていくものだと実感させてもらいました。

この6年間、どのような経験が彼女を育てたのか。改めてお話を伺いたいと強く思いました。

 

Image3


 

卒業生の皆さん、時々顔を見せに来てくださいね。

お待ちしています。

 

2021年5月26日 (水)

おススメ書籍の紹介「スティング」

大場先生より、昨日は“2ピース”というサークル活動の紹介をしていただきました。本学が対人援助のかかわる専門職の養成という特化した教育期間であることから、こうした特徴のあるサークルが少なくありません。こうしたサークルについても、ブログで順次紹介していきます。

 

さて、今月の教員によるおススメ書籍の担当は大場先生です。映画にもなった書籍を取り上げてくださいました。

 

 

Image1

『スティング』

ロバート・ウィーバーカ著 ; 村上博基訳        早川書房

かつて「読んでから観るか、観てから読むか」というコピーがあった。ある年、映画スティングを深夜TV で観て、巧妙なストーリと軽妙な音楽に魅了された、数年後、フェリーでの上海往復の旅中、文庫本を読んだ。

舞台は1930年代のアメリカ。ギャングを相手にしたコンゲーム(信用詐欺)を描いたもので、映画はポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが共演した。

荒れ狂う厳冬の東シナ海、ゴロ寝の大広間(2 等船室)、様々な国の人たちとの交流…。旅の追憶と共に忘れられない一冊である。

コロナ禍でおうち時間が続く中、読書や映画を通して、こころの栄養補給が出来るといいですね。

Photo_6

大場先生

2021年5月25日 (火)

2021年4月のお菓子販売と5月販売のお知らせ(2ぴーすの活動紹介)

主力の4年生が卒業し、サークル継続の危機でしたが、新2年生が引継ぎをしてくれたため、2ぴーすは2021年度も継続出来ることになりました。学生達もコロナ禍でのボランティア活動の難しさを実感しています。 

今年度第1回目の販売を4月16日に行いました。初めて参加した学生さんからの感想を紹介します。
 

●今回初めてだんだんの方々とお菓子販売を行いました。最初だったのでどれだけ売れるか不安がありましたが4年生の先輩や先生方、他のサークルメンバーの協力のおかげで無事完売させることが出来いいスタートを切ることが出来たと思います。これからもおかしの販売のサポートをしながらサークルメンバーやだんだんの職員の方、買いに来てくださる方々とのつながりを作り、よりこのおいしいお菓子を広めていけたらいいなと思います。


 

Photo

販売時の様子


 

●だんだんさんからも販売告知のメッセージを頂きましたのでご紹介します。

こんにちは!

多機能型事業所 だんだんです。

今月もお菓子の販売に伺わせていただきます。

 

5月28日(金)1145分~ 食堂前にて

焼き菓子(クッキー・パウンドケーキ)、生キャラメルなどを販売します!

ぜひ一度お立ち寄り下さい。                  だんだん一同


 

Photo_2

今月も販売お疲れさまでした

 

 

就労支援の障害福祉事業所もコロナウイルスの影響では、売り上げが落ちてきています。本学もまた、学生ボランティア2ぴーすも販売機会確保や、様々な協力をしていくことが出来ればと思います。6月・7月の販売予定は以下の通りです。なお、コロナウイルス感染拡大等の影響で中止になる事がありますので、ご了承願います。

・6月25日(金)11:45頃から(2号館1階食堂前)

・7月16日(金)11:45頃から(2号館1階食堂前)

 

                                                                               社会福祉学科教員

2021年4月30日 (金)

おススメ書籍の紹介『「待つ」ということ』

早いもので、4月も今日で終わりとなり、明日から5月を迎えることになります。

1日から在学生のガイダンスがはじまり、2日には入学式が挙行され、7日に授業開始。あっという間に4月が終わるというのが実感です。

 

今年度、社会福祉学科は3年編入生を含む53名の新入生を迎えるとともに、子ども家庭福祉を専門とする泉谷朋子先生が新たに赴任してくださいました。

フレッシュな新入生と在学生、新たな教員体制で、皆さんが充実した大学生活を送ることができるよう、教員一同、皆さんを側面的に支えていきます。

 

なお、今年度の本コースのブログでは、学内イベントの紹介のほか、学生・教員がおススメする書籍や映画や、現場で働く卒業生の活躍などをお伝えする予定です。

 

早速ですが、コース所属教員である福田のおススメ書籍を紹介します。

 

Photo

 

鷲田清一 『「待つ」ということ』角川選書、2006年
めまぐるしく流れ続ける時間の中で、ひと息ついて自分を取り戻したいと思うとき、手に取りたくなるのが本書です。決して「易しい」内容ではないけれど、ひとの価値は“doing”にあるのではなく、“being”にあることを確認させてくれる「優しい」本です。

 

2021年4月22日 (木)

脱孤立支援プロジェクト

「頼るところがない、誰に相談したらいいかわからない」と社会で孤立してしまっている人たちがいます。

たとえば、ひとり親家庭であったり養護施設の出身であるなど様々な事情から生活が困窮してしまっている人、障がいによって暮らしに困難が生まれやすい人、現代の学校が合わずにひきこもるようになってしまった人、ドメスティックバイオレンスなどの暴力に追われている人といったように、生きづらくなったり、時として命までもが危険にさらされるような深刻な孤立状態にいる人たち。

つまりさまざまな生きづらさから生じる孤立を課題と捉え、孤立状態の解消や予防によって、当事者が尊厳をもって生きていける仕組みづくりを目指す事業の一つに脱孤立支援プロジェクトがあります。

 

社会福祉学科の教員もこの補助事業にエントリーし、こども食堂や、経済困窮の人への食支援活動を行っています。

社会福祉学科の学生もボランティアとして活動に参画しています。

地域共生社会の中で何ができるかを社会福祉学科で考えてみませんか?

Image1_3

Image2