2019年2月28日 (木)

新年度(2019年度)に向かって

 2月は、各種の国家試験の時期です。本学でも、看護学部、社会福祉学部、リハビリテーション学部のそれぞれの学生が遅くまでラーニングコモンズや学生ホール、演習室などで勉学に励んでいます。それぞれの力が存分に発揮され、良い結果が導かれることを祈っています。

 

また2月、事業評価と計画策定の時期でもあります。今年度は、各学部の教育特徴の強化、国際化、社会福祉学部の再編などに取り組み、それぞれの成果がこれから現れてくるだろうと評価しています。次年度も今年度のこれらの事業を着実に推進するとともに、1)内部質保証、特に教育と学習の成果の可視化に向けたDP(ディプロマポリシー:学位授与方針)ルーブリックの策定とeポートフォリオの導入、2) 社会福祉学部の社会福祉と介護福祉の学科統合による教育体制の再整備、3) 学費無償化(授業料等減免と給付型奨学金の支給)に向けての学内整備、などを重点課題としています。

聖隷学園では、2020年にクリストファー小学校が開学します。英語イマージョン教育、探究型教育を柱とした新時代を担う新たな教育が始まります。これにより、こども園から大学・大学院までの一貫した聖隷の教育体系が整うことになります。そして、次なる目標には、メディカルスクール構想があります。大学でも、これらの学園構想に中で、さらなるグローバル化の推進とメディカルスクールにつながる教育体制の構築を進めていきます。

このようなビジョンの実現に向けて、2019度は大きな飛躍のための準備の一年であり、大きなターニングポイントの年となるでしょう。これからの聖隷学園と大学の発展をご期待ください。

2019年1月30日 (水)

2019年の座右の言葉 「天地の道理」

新しい年を迎え、ひと月が過ぎました。皆さんそれぞれ、今年の目標に向けて始動されていることでしょう。先日、卒業生が訪ねて来て、今年の言葉は何ですかと尋ねられました。この学長歳時記を読んで、その年の「言葉」を一つの指標としているとのことで、大変嬉しく思いました。

 

昨年の言葉は、松尾芭蕉の「不易流行」でした。時代が変わっても決して変えてはならない普遍の真理と、社会の変化に応じて、新たな発展と価値創造を意味する言葉でした。その言葉通りに思索し行動できたかは、これからの評価であろうと思います。

 

さて、今年の座右の言葉は、「天地の道理」という渋沢栄一の「論語と算盤」からの言葉です。先号の学長歳時記にも書いたように、昨年は企業の不祥事が相次ぎました。論語と算盤は、経営の理念と利益の両立を図り、国と人々、富を求めた経営哲学と戦略を著したものです。本書を昨年末もう一度で読み直し、心に残った言葉が天地の道理です。天地の道理とは、人としての正しい考え方や生き方と言えます。目の前の利益や成功・失敗にとらわれず、物事の本質を見極め、天地の道理に適うかを自ら問い判断し、誠実に努力するという意味です。今年、虚栄心や利己心を排斥し、素直さと謙虚さ、感謝の気持ちを忘れず、正しい判断と行動ができるよう努めたいと思います。

 

今年もまた本学の教育研究並びに諸活動に、ご支援をお願いいたします。皆様のご多幸とご健勝を心より祈念いたします。

2018年12月28日 (金)

2018年を振り返って

2018年、今年の言葉は「災」でした。全国各地で災害が発生しました。年末を迎えた今日も、悲しみや困難な生活にある方々がおられると思います。新たな年のご多幸をお祈りいたします。そのような受難のなかで、ボランティアの方々が被災された方々の援けとなっています。心からの敬意を表します。

 

聖隷の事業も、一人の結核を患った青年を引き受けることから始まりました。当時結核は、不治の病で、身内からも感染の恐怖から忌み嫌われました。先人は、周囲の住民からも度重なる迫害を受けることになります。しかし、自らの全てを犠牲にして、苦しむ人、疎外された人、病気の人、障がいを持つ人に愛を尽くしました。聖隷の事業の元始には、受難と愛があったといえます。それは、「自分のように、隣人を愛しなさい」という聖書の教えに忠実な生き方でした。受難に直面した人たちを思うことは、愛をも見いだすことに他なりません。

 

また今年は、企業の不祥事も相次ぎました。最近では、カルロス・ゴーン氏の逮捕に言葉を失いました。企業は、社会の繁栄に尽くすことが理念であり、存在意義であるだろうと思いますが、その企業理念と道理を失い、自己の利益と富と地位を追求した結果なのかもしれません。「施し散らして、なお富を増す者あり、与えるべきものを惜しんで、かえって貧しくなる者あり。」この教えも、本学の先人の生き方でした。

 

2019年も、建学の精神を大切にした専門職業人の教育と、新たな発展と価値創造を目指します。

2018年11月30日 (金)

心の医療と教育

先日、第63回日本新生児成育医学会・学術集会に参加いたしました。教育セミナーのコメンテーターと、サテライトセミナーの講師をさせていただきました。本学会は、乳幼児の成長と発達を支援する医師や看護師など医療職者を対象とした学会です。今回の学会でも、科学的根拠に基づいたエビデンスベースの医療(evidence-based treatment/practice)の研究成果が示されています。一方、教育講演やシンポジウムでは、医療における心への語りかけの医療ナラティブ・アプローチ(narrative-based approach)の大切さも指摘されました。その両者の視点と感性を持つことの大切さを改めて感じた、あたたかく素晴らしい学会でした。

 

日本における新生児医療は世界のトップレベルです。いわゆる未熟児の赤ちゃんの救命率は他の先進国と比較して高く、看護ケアも赤ちゃんと家族に大変優しいケアが推進されています。赤ちゃんの救命とともに、tender loving care(優しく思いやり深いケア)、family-centered care(赤ちゃんと家族を中心としたケア)が我が国の新生児医療の基本理念になっています。それは日本の医療者の相手の心をおもう繊細さによるものでしょう。

私達は、その医療者の心を大切に育成しなければなりません。ややもすると、科学的な根拠に偏った心を忘れた医療に流れていくきらいも感じます。医療は、科学的根拠に基づいた治療やケアを適切に活用するとともに、その背景には対象者の心のケアがなされなければなりません。「サイエンスとアート」と言われる所以です。

赤ちゃんもまた心を持った存在です。心の発達基盤となる快・不快を表します。その心の状態を察知して、その心に寄り添うケアを行うことで、赤ちゃんのあたたかな心が育ちます。愛された人(loved one)は、自分自身をも愛すべき者(lovely one)に、やがて人を愛する者(loving person)へと成長していくでしょう。

 

本学の歴史の始まりには、はじめに愛がありました。当時は、医療者と医療を受ける人々の心の交流と癒やしに基づいた医療でした。私たちは保健医療福祉を担う専門職業人を育成する教育者として、先人が実践してきた愛による癒しの医療を再確認し、そしてそれを支える医療者の心をも大切に育成することを再認識した学会でした。

2018年10月31日 (水)

2040年の高等教育に向けて

過日、日本私立大学協会第149回秋季総会が仙台にて開催されました。主要なテーマは、2040年の高等教育に向けての論点整理と課題解決の方略についての検討でした。

2040年には、人口は1億2,500万人(2018年度)から1億728万人となって1,800万人も減り、18歳人口も2017年の120万から88万人になる推計です。2040年が高等教育の大きな転換期となるということで、大学は強みや特色の強化を図り他大学との差別化を明確にして、学修者中心の質の高い教育を提供することが問われることになります。また社会の背景は、超スマート社会(Society 5.0)といわれるように、IoT(Internet of Things)や人工知能(AI)、ロボットなどの技術革新が進展し、今までにない新たな価値や社会システムが生み出されるといわれます。加えて健康寿命が延伸し、人生100年時代のシニアの活躍や、外国人雇用などによるグローバル化がさらにすすみます。このような社会背景のなか、大学は建学の精神を遵守・堅持するとともに、学修者中心の質の高い教育を提供し、社会に貢献する人材を輩出しなければなりません。

 

本学における教育改革は、現在以下のような取り組を行い、他大学には無い質の高い教育を目指しています。

・現場での実践教育の充実:聖隷グループ等の病院施設や地域での実践

・教学マネージメント:学修者を中心とした教育の質保証と学修成果の可視化

・2040年に必要とされる人材育成:技術革新を活用した教育カリキュラムと教育方法

・卒業生・修了生のマルチステージでの活躍(キャリア)支援

・社会人の学び直し支援(リカレント教育)

・高大接続入試改革:保健医療福祉領域への関心の喚起

・地域連携(産学官連携プラットフォーム形成)等による地域貢献

・グローバル化への対応:英語教育の充実、海外交流協定校等々の研修・実習

 

本学は、建学の精神「生命の尊厳と隣人愛」に裏付けられた保健医療福祉の専門職業人の育成を通して、人々の健康と幸福、そして地域と世界の福祉に貢献することが使命です。そのためには、一人ひとりの学生が柔軟な強い精神と他者を愛する豊かな人間形成を目指し、専門的な知識と技術を身につける事が必要です。普遍的な建学の精神を尊重し、一方では次の時代を見据えた教育改革をすすめ、未来を担う保健医療福祉の人材養成を目指します。

2018年9月28日 (金)

今流れつつある時間を大切に生きる

日々の仕事に追われ、我々は何者であるかを見失いがちになります。毎月の大学部長会及び教授会で、その時々に応じた聖句が宗教主任の先生から教員に送らます。建学の精神を再確認し共有する良い機会となります。今月9月の聖句は、フィリピの信徒への手紙 3章13節(目標を目指して)でした。

 「なすべきことはただ一つ、後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、・・・目標を目指してひたすら走ることです。」

夏休みが明け、秋セメスターの始まりにおいて、学生を迎える時期に相応しい聖句です。時間には物理的時間と心理的時間があります。物理的時間は、いわゆる時計の時間で、それは1分1時間と量的に皆に共通です。一方、心理的時間は、その時々の時間を一人ひとりがどのように過ごすかによって変わってくる質的な時間です。哲学者ベルクソンは、心理的時間を「流れつつある時間」と表現しました。今この時の流れつつある時間を大切に生きることが、それぞれの人生を豊かにすることを表わしているのでしょう。私たちには自由意志があります。今のこの時間をどのように過ごすか、その選択が委ねられているのも人間の素晴らしさです。

もう一つ、この聖句がパウロによる書簡であることから読むことができます。パウロは、はじめは熱心なユダヤ教徒で、キリスト教徒を激しく迫害をもしていましたが、イエスに出会いキリスト教徒に回心した人物です。この聖句の「・・・後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、・・・」には、過去の自分に決別し新しい生き方をするという意味が込められているようです。同様に、パウロによる書簡であるコロサイの信徒への手紙(3章9節)には、「古い人をその行いと共に脱ぎ捨て、造り主の姿に倣う新しい人を身に付け、日々新たにされて、真の知識に達するのです。」とあります。今、この流れつつある時間を生きること、過去にとらわれない新たな生き方をすることは、新しい人へ成長することでもあります。

秋セメスターの始まりにあたって、学生皆さんが、今流れつつある時間を大切にし、日々新たに成長されることを願います。

2018年8月30日 (木)

聖隷歴史資料館の人体骨格標本

先日、来客者があり、学内に設置してある聖隷歴史資料館をご案内しました。歴史資料館には、1926年(大正15年)、長谷川保ら若きクリスチャンによって創立された社会事業「聖隷社」の歴史の始まりから、今日の聖隷学園及び聖隷グループの沿革と史料が展示されています。我が国の保健医療福祉・教育の発展を支えてきた聖隷の事業と、その精神をみることができ、その学術的価値も大変貴重なものです。

この資料館に、1体の人体骨格標本が置かれています。その人体骨格標本は、本学創立者の長谷川保先生の献体によるものです。先生は日頃から、「神様からいただいたものは、全て神様へお返しする」と言われていたそうです。聖隷の根底にある、創立者の想いを知ることができます。

丁度その折、本学の解剖学の教授から、解剖学実習の献体について、お話を伺いました。本学の解剖学等でもお世話になっている浜松医科大学の開学当初、献体が少ない状況が続いたそうです。当時、聖隷三方原病院や聖隷浜松病院の医療、並びに本学の看護・介護福祉の教育には、浜松医科大学からの医師派遣等の医療支援や非常勤講師等の教育支援をいただいており、その献体の事情を聞かれた長谷川保先生が中心となって、献体の支援組織「新天会」を発足されました。長谷川保先生自身も、会員第一号として登録され、献体活動に寄与されました。これを契機に、会員登録者が増え、献体が不足することなく解剖学実習が可能となったとのことです。また、浜松医科大学の解剖学実習室内には、生前に聖隷病院に奉職された医師ご夫妻の骨格標本2体があり、これも新天会からの献体と聞きます。ここにも、聖隷の精神が、医学教育と医療保健福祉の発展に貢献してきた史実を知ることができます。 

全てのものは神様へ、この教えは容易に実践することはできないように思います。しかし、聖隷の歴史や本学の教育は、神様への感謝と畏敬に基づいた、先人の生き方や実践の上に成り立っていると、人体骨格標本を拝見するたびに痛切に感じます。

(参考)

・聖隷歴史資料館 https://www.seirei.ac.jp/history-material-pavilion/news-from-museum.html

・浜松医科大学白菊会 http://www.hama-med.ac.jp/education/fac-med/dept/organ-tissue-anatomy/shiragikukai.html

・「新天会」聖隷福祉事業団本部(浜松市住吉)事務所

2018年7月31日 (火)

春セメスターの終わりを迎えて

連日、日本各地で最高気温を記録する猛暑が続いています。大学では定期試験が始まり、学生皆さんが、学生ホールや図書館ラーニングコモンズで自己学修をすすめています。一人ひとりが暑さに負けず、この春セメスターの学びを総括されることを祈念しています。

先日、書店でたまたま目にした(「あなたの人生の意味」デイヴィッド・ブルックス著、夏目 大訳、早川書房)を購入し、“アダムⅠ”“アダムⅡ”という言葉に出会いました。もとは、Joseph B. Soloveitchikが“Lonely Man of Faith”という本で、人間の対立的な2つの自己を表現した言葉だそうです。アダムⅠは外に向かう自分で、何かを築き上げたり、生み出したり、発見したりすることを望む社会的成功を求める自己です。アダムⅡは内に向かう自分で、謙虚さや道徳的資質など自分の精神世界を大切にする自己です。他人に愛を注ぐこと、奉仕すること、自己を犠牲にすること、良き存在であることを求め、深みのある人間を目指します。Soloveitchikは、アダムⅠとアダムⅡは、常に自分の中でゆらいでいるといいます。

学生の皆さんは今、人生の正午前を過ごしています。夏の太陽が外に向かって燦々と輝く、アダムⅠの世界にいるようです。しかし正午を過ぎると、アダムⅡが私たちを支えることになってくるでしょう。私たち聖隷の先人は、聖書の教えに従い、アダムⅡの生き方を大切にしてきました。そして現在の私たちがあるように思います。

本学では、週1回の礼拝で、黙祷を捧げ、奨励を聴き、静かに自分の心を見つめます。この春セメスターを終えるにあたり、皆さんが学んだ知識や技術とともに、礼拝の一時をも振り返って、アダムⅡの生き方を考えてみると良いでしょう。

2018年6月28日 (木)

未来を見つめる

七十二候の「腐草為螢(くされたるくさ、ほたるとなる)」のときです。昔の人は、腐りかけた草の下で蛍が光る情景をみて、腐った草が蛍になるのだと信じていたといいます。このような人間の豊かな感性と情操が、創造的な文化と社会を生み出してきました。IoT(Internet of Things)、AI、ロボットなどによって、私たちの生活や社会環境が変化する現代社会において、人間の感性と情緒の豊かさがよりクローズアップされ、人間の尊厳や幸福とは何か私達は問われることでしょう。

さて、大学では2019年度入試に向けて、オープンキャンパスや大学説明会が始まりました。多くの高校生や保護者の方々にご来学いただき、教職員や在学生から生きたアドバイスをもらって、「ここに行きたい!」という気持ちが高まっているように感じます。本学の場合、オープンキャンパス等の参加者は、将来なりたい職業と大学選択が結びつくことから、目的意識が高いようです。アンケートをみると、「将来なりたい仕事に直結した学部学科がある」「教育環境や実習が充実している」「教育レベルが高い」「国家試験の合格率が高い」「就職に有利」「教育理念への共感」「保健医療福祉の総合大学」「大学院がある」「国際交流が盛ん」「卒業生が活躍している」「聖隷グループの大学」など実質的な回答が多く、本学のことを良く研究されていると関心します。生の大学を見に来ていただき、本学の魅力を感じとって、進路選択に役立てていただきたいと願います。

我が国は今、人口減少、少子高齢化、多死の時代です。2016年の統計では出生数約97万人、死亡数約130万で、その乖離はますます進展しています。また静岡県では、若者の首都圏への流出が大きな課題です。このような社会情勢の中、この地域の人々の生命と生活、教育・福祉を守り支える人材育成が不可欠です。受験生の皆さん、人間の真の幸せや豊かさ、そして、この地域の未来に自分自身がどう貢献できるか、未来を見つめてください。

蛍のように、それぞれに与えられた生命が輝くことを祈念いたします。

2018年5月29日 (火)

小島操子先生 2018年春の叙勲受章の慶び

学長室の窓から、実をつけはじめた紫陽花がみえます。新人生の皆さんは、入学から2ヶ月が過ぎ、大学で学ぶことの楽しさや喜び、また難しさも感じ始められている頃のように思います。学生ホールや図書館ラーニングコモンズ、演習室で、級友や先輩後輩や先生方と、ディスカッションが弾んでいる様子をみると嬉しくなります。保健医療福祉のプロフェッショナルを目指す学生として、日々自己研鑽し、長い視野で自身のキャリアを形成していっていただきたいと願います。

さて、この度、本学前学長で名誉教授の小島操子先生が、2018年春の叙勲にて瑞宝中綬章を受章されました。先生の栄誉を称え慶びとともに、本学にとっても大変名誉なことと大変嬉しく思います。先生は、看護(学)のパイオニアとして、我が国の看護(学)と医療の発展に大きな役割を果たしてこられました。1959年に看護師免許を取得され、1965年に米国ニューヨーク大学看護学部がん看護課程を修了され(フルブライト奨学生)、1976年にミネソタ大学大学院修士課程を修了されました。その後、千葉大学、聖路加看護大学(現:聖路加国際大学)、大阪府立看護大学学長(現:大阪府立大学)を経て、2005年4月に本学にご就任されました。2007年よりは2017年3月の退職まで10年間、学長として奉職されました。同時に、日本がん看護学会理事長、日本看護科学学会理事、日本生命倫理学会理事、がん医療研修機構理事などの要職も歴任されています。このように先生は、大きく転換する時代を背景に、看護(学)を取り巻く社会・教育環境が大きく変化するなか、先進的かつ最高レベルの看護学と看護教育を追求してこられました。

今回の受章は、この長年に渡るご専門のがん看護学・看護倫理学の研究、看護学教育の功績(特に専門看護師及び認定看護師の制度化)、そして我が国の看護(学)と医療の発展に対する多大な功績を称えてのことです。また本学でも、大学改革の波のなかで、リーダーシップを発揮され、社会の要請に先駆けて、様々な大学改革を推進し、地域における保健医療福祉系の高等教育機関として、学部および大学院博士前期・博士後期課程の教育や研究の充実・発展に取り組まれました。そして、それぞれの分野における高度な実践と教育・研究の人材を育成・輩出されました。今日の本学の発展に、大きく貢献いただきました。

今回の先生の栄誉を受け、その業績と誇りを受け継ぎ、次世代を担う優れた保健医療福祉の専門職業人とその指導者を育成していかなければならない。その思いを新たにいたしました。