暴風警報等発令時における授業・試験の取扱いについて(ガイドライン)

 本ガイドラインにより、自然災害等の影響により、学生の安全や通学手段に支障が出る場合に、大学の授業を休講(定期試験、課外活動等の中止を含む)するために必要な事項を定める。

(1)気象警報等が発令された場合

静岡県西部地方(遠州南、遠州北)または愛知県東三河地方(東三河南部、東三河北部)に特別警報(大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪、津波、火山噴火、地震(地震動)のいずれか)又は暴風、暴風雪、大雪警報(以下特別警報とまとめて「気象警報等」という。)が発令された場合、一斉休講とする。

(2)避難情報等が発令された場合

浜松市が大学所在区域(三方原)に避難勧告又は避難指示を発令した場合、一斉休講とする。

(3)公共交通機関運休の場合

遠州鉄道バスの運行が休止となった場合、一斉休講とする。

■一斉休講となる警報等一覧

気象警報等

特別警報

(警戒レベル5)

大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪、津波、火山噴火、地震

静岡県西部(遠州南、遠州北)、愛知県東三河地方(東三河南部、東三河北部)での発令で一斉休講

警報

暴風、暴風雪、大雪

避難情報等

(警戒レベル4)

避難指示

三方原地域での発令で一斉休講

避難勧告

(4)一斉休講時の授業の取扱いについて

警報等、遠州鉄道バス運休の解除時刻

授業の取扱い

実習の取扱い

午前7時までに解除された場合

1時限目より開始

平常通り開始

午前7時から午前10時30分までに解除された場合

4時限目より開始

(水曜日は3時限目)

午後から開始

午前10時30分を過ぎてから解除された場合

終日休講

終日中止

※授業中の警報等発令時には、居住地の状況により学内に滞留する。

(5)居住地または通学経路内に気象警報・避難情報等が発令された場合

一斉休講の条件に合致しない地域、居住地または通学経路内で、特別警報、警報、避難勧告、避難指示等が発令されている場合や交通機関の運休、道路が冠水、遮断される等通学困難な場合、後日「欠席届」を教務事務センターに届出ることで公欠に準じた取扱いとする(当該授業に相当する学修の成果をもって出席扱いとする)。

欠席届は学生が気象警報・避難情報等の発令、交通機関の運休等を明らかにする書類等とともに提出すること。

(6)気象条件の悪化等により、通学が困難となることが事前に予測される場合の判断について

台風の接近により、台風の暴風雨の影響に入ること、また台風による被害から通学が困難となることが予測される場合など、学長の判断により、警報等の有無にかかわらず事前に一斉休講を決定することがある(授業中や翌日の授業に関する判断をすることがある)。

(7)一斉休講時の周知方法

 ユニバーサルパスポートを利用して一斉休講を通知する。

 学生はガイドラインから判断できない場合、自らの安全を第一として行動し、後日教務事務センターに相談する。