オープンカレッジ

地域の保健医療福祉の更なる質の向上のため、市民を対象としたオープンカレッジを実施しています。

2019年度 オープンカレッジ

表題

0001_2


“我が事”意識に基づく地域共生社会構築に向けて

基調講演:“我が事”意識に基づく地域共生社会構築の必要性

シンポジウム:浜松市三方原地区における地域共生社会構築の現状と課題



講師

日本福祉大学副学長 社会福祉学部教授 原田正樹 氏

シンポジスト 聖隷クリストファー大学社会福祉学部教授 佐藤順子(コーディネーター)
三方原地区社会福祉協議会 会長 小倉一夫 氏
地域包括支援センター三方原 所長 澤本友子 氏
浜松市社会福祉協議会北地区センター長 金森徳之 氏
日時

2019年10月5日(土)13:30~16:30 

会場 浜松市地域情報センター ホール
内容

子ども・高齢者・障がい者など全ての人々が地域・暮らし・生きがいを共に創り、高め合うことができる「『我が事・丸ごと』地域共生社会」構築が大きな課題となっています。本講座では、地域住民が地域づくりを「我が事」として取り組むことの重要性と、今後そうした実践を広げていくための課題を明らかにすることを目指します。

定員 150名
受講料 無料
申込方法

インターネットでのお申し込みはこちらから

FAXでのお申し込みは 用紙をダウンロード

表題

最期まで、自分らしく生きるとは



講師

聖隷ホスピス 所長 井上聡 氏

日時

2019年11月9日(土)13:30~15:00 

会場 聖隷クリストファー大学1号館7階1705中教室
内容

終末期のケアに携わっている臨床の医療従事者を講師に迎え、人生の最終段階における支援の在り方について参加者の方々と一緒に考えます。

定員 50名
受講料 無料
申込方法

準備中です