聖隷奨学会Q&A

質問 回答
現在は就職するつもりでいますが、奨学生に採用後、進学希望になった場合は、どうなりますか? 進学した後も、聖隷奨学会加入施設のいずれかに就職する意思が明確であれば、奨学金の貸与を受けた施設と相談の上承認されれば、進学期間中の返還猶予が認められます。
成績の結果が悪かった場合はどうなりますか? 「成績が著しく不良」と判定された場合は、奨学生としての身分を取り消されることがあります。奨学生の身分が取り消された場合、その時点までに受けた奨学金貸与額全額を、当該事項発生後1ヵ月以内に年3%の利息を含めて返還することになります。
休学することになった場合はどうなりますか? 休学中は貸与が中止されます。休学理由が解消し、当初の予定通り卒業後に就職希望施設に勤務できる状況にあると確認された場合は、復学後貸与が再開されることもあります。ただし、特別奨学生としての身分を継続することは、大変難しいと思われます。奨学生の身分が取り消された場合、その時点までに受けた奨学金貸与額全額を、当該事項発生後1ヵ月以内に年3%の利息を含めて返還することになります。
やむを得ない事情で奨学金を受けている施設への就職ができなくなった場合はどうなりますか? やむを得ない事情で奨学金を受けている施設に就職することができないとわかった時は奨学生としての身分を取り消されます。その時点までに受けた奨学金貸与額全額を、当該事項発生後1ヵ月以内に年3%の利息を含めて返還することになります。特別な事情がある場合は相談してください。
取得すべき国家資格試験が不合格だった場合はどうなりますか? 原則として奨学生としての身分を取り消されます。ただし、翌年の国家試験合格後、奨学金の貸与を受けた施設に勤務することを希望する場合は、その旨を施設に願い出てください。奨学金の貸与を受けた施設と相談の上承認されれば、原則として1年間を限度として奨学金の返還を猶予してもらうことができます。