国際実習

本学では、国際社会に貢献できる人材養成を行うために国際実習を行っています。本学の交流協定校および海外にある聖隷関連施設の協力のもと、各国の保健医療福祉事情や文化を学び体験することで、異なる価値観や異文化を受容できる保健医療福祉の専門職としての素養を身につけることを目標としています。

国際実習は引率者は同行せず、実習中は受け入れ教育機関や施設の実習指導者が学生の指導にあたります。派遣国や派遣時期・期間は各実習により異なります。

詳しくは下記のサイトでご確認ください。

◆看護学部

国際看護実習

◆社会福祉学部

国際福祉実習

国際教育実習 ※2020年度開始

◆リハビリテーション学部

国際理学療法実習

国際作業療法実習

国際言語聴覚療法実習 ※2020年度開始