« 2015年1月 | メイン | 2015年5月 »

2014年度海外研修・国際専門研修 2015年 4月24日 更新

【シンガポール研修】

全学部・全学年を対象に9月6日(土)~9月14日(日)の日程で、ナンヤン理工学院を受け入れ教育機関とし行われました。看護学部1年次生5名、2年次生7名、リハビリテーション学部理学療法学科1年次生1名、2年次生2名、3年次生1名、作業療法学科2年次生4名、引率者2名の計22名が参加しました。

 ・スケジュール

 ・参加者のコメント

★異文化に触れ、日本にはないシステムや制度を学べた。シンガポールを楽しみながら、現地の人との交流や医療福祉制度についての理解を深めることができた。

★ホームステイ体験を通して、文化の違いやシンガポールについて学べた。帰国後も連絡を取り続けていて、とても良い交流の機会だと思う。

★初日は緊張していてなかなか自分から話すことができなかったが、次第に自ら英語で話しかけることができるようになった。相手に察してもらおうとするのではなく、間違っていたとしても自分の意思を伝えることの大切さを学べた。

【アメリカ看護研修】

看護学部を対象に2015年3月18日(水)~3月28日(土)の日程で、アメリカサンフランシスコ郊外にあるサミュエルメリット大学を受け入れ教育機関とし行われました。2年次生4名、引率者1名の計5名が参加しました。

 ・参加者のコメント

★アメリカの看護について多くを学べた。アメリカの学生の勉強に対する姿勢からたくさん刺激を受け、モチベーションが上がった。

★世界的な視点で看護について考える良いきっかけとなり、自分の考えが変わった。

★日本の看護の良さを発見することができた。今後は日本の看護の強みを知ったうえで講義を受けることができるため、参加して本当に良かった。

【海外英語研修(ニュージーランド)】

本学グローバル教育推進センター(旧国際交流センター)では、英語研修希望者(全学部・全学年)を対象に渡航までの手続支援を行っています。2014年度は、オークランド大学附属集中英語コース(ニュージーランド:3週間)へ1名が参加しました。