« 2012年12月 | メイン | 2013年3月 »


今年の3月に実施する中国研修に参加する本学学生14名が、訪問先の1つである第三軍医大学(重慶市・本学交流協定締結校)の学生とSkypeを通して交流しました。


一人ひとり英語または中国語で自己紹介し、趣味や学生生活のこと、3月の第三軍医大学での交流では何をしたいかなど互いに質問しあいました。第三軍医大学の学生からは、重慶では名物料理の火鍋を食べて欲しい、第三軍医大学訪問時には卓球をして交流をしよう!といった話しがあり、英語でコミュニケーションをとることの難しさを感じながらも多いに盛り上がりました。実際に訪問する前に訪問校の学生と顔を見て交流できたことで、研修参加者の研修に対する意識もさらに高まったようです。 

Skype2Skype1Skype3

↑1体1での会話、というとなかなか緊張するようです ↑英語だけでなく漢字も使ってコミュニケーションをとりました


【中国研修】
本学交流協定締結校である第三軍医大学(重慶市)及び同大学附属病院を中心に、関係する保健医療福祉施設等を見学や第三軍医大学での講義を通して、中国のヘルスケアについて理解を深めます。8日間の研修のうち3日間は北京に滞在し、万里の長城や故宮博物館などの世界遺産を見学します。
本研修は今年度日本学生支援機構留学生交流支援制度(ショートステイ、ショートビジット)に採択されたことを受け、参加者に奨学金が支給されることになりました。