8月4日(木)に中国出身のリハビリテーション学部の顧教授を講師としてお招きし、
国際交流イベントプログラムである、中国文化体験をテーマとした「水餃子料理教室」を開催しました。27名の学生が参加しました。

はじめに、顧先生から中国の文化や2017年3月に実施する中国研修についてのお話がありました。

Photo_3
早速調理開始です。
本場の餃子らしく皮から作りました!

Photo_5

Photo_6


顧先生の指導のもと餃子の皮に包んでいきます。

Photo_7


最初はなかなかうまくいかず、苦戦していましたが…

Photo_8

Photo_9

Photo_10


最後には上手に包めるようになりました!

Photo_11

Photo_12
その後は、包んだ餃子を茹でて完成です。

Photo_13


茹で上がった餃子を特製スープと一緒においしく頂きました!

Photo_14

参加した学生は、本場中国の味に大満足でした。

中国研修は2年に1度しか開催されません。
今回は中国と日本の保健医療福祉の違いを体験するチャンスです。

受入れ先の第三軍医大学は、国立の基幹大学で、3つの附属病院を有し、
エボラ出血熱の際も医療団を派遣するなどの社会貢献をしています。

募集は10月より開始します。まずは、10月に実施する説明会にご参加ください!
詳細は決定次第、国際交流センターホームページや学内掲示板でご案内します。