« 通学に関する注意事項について | メイン | 通学ルールの背景 »

許可後の手続き

許可された方は、事前に以下の注意事項をよく確認した上で、窓口で諸費用を納付することで、駐車カードと許可シールを受け取ってください。

許可保留者は不備(書類の不備、交通安全講習会未受講など)を無くした後、手続きをしてください。

自動車通学に関する注意事項(重要)

キャンパスライフで「通学ルール」のページを必ず確認してください。注意事項を守らないなど、本学の指示に従わない時、内容によって段階的な罰則処置を取るので注意してください。(自動車通学の許可取り消しを含む) 

駐車場の位置(第1・第2・第3・第4・第5駐車場いずれも使用できます)

※第1駐車場は校舎に最も近いため、1限の通学の際は特に混雑し、駐車場の内の接触事故も最も多く報告されています。免許取得して運転経験の浅い方は、それ以外の駐車場の利用をご利用いただくか、早い時間に駐車する事をおすすめします

②駐車許可シール

汚れをよく落としてから貼り付けてください。

 ▷ シール貼付位置

 ※指定の場所(リアウィンドウの右下の位置)に貼られていない場合、許可車両として認められず、無断駐車として取り扱われます。

③駐車カードの利用方法

 駐車場のゲートでは、ゲートが開いていたとしても「出るとき」も「入るとき」も必ず「カードを挿入」してください。

▷ カードを通さないとこんな事態が。。

④右折禁止・大谷橋は通行禁止ルール(朝9時まで)

自動車については渋滞緩和と交通安全のため、朝9時までは第1・第2・第3・第4駐車場への朝9時までの入場は左折入場をしてください。

▶自動車右折禁止ルール(9時まで)

▶自動車右折禁止ルール(9時まで)PDF版

 ▷右折禁止ルールの制定の理由

 ⑤申請は今年度分、次年度の継続手続きは12月・1月に実施します。

通学中、事故を起こしたら必ず行うこと(PDF)

無届通学や第1・第2・第3・第4・第5駐車場(P37)以外への駐車、バイク・自転車の専用駐輪場以外への駐輪は、無断駐車・駐輪となりキャンパスルールを守らない学生への対応に関する内規(P52)に基づき注意、指導及び処分の対象となります。

・キャンパスルールを守らない学生への対応に関する内規

車輌通学関係の規程
・大学・専門学校の学生のための自動車、自動二輪車、原動機付自転車ならびに自転車通学許可運用内規
・大学・専門学校の学生のための駐車場及び駐輪場利用内規