3.学習支援アドバイザー紹介

学習支援アドバイザー紹介

宮前 珠子  

 メッセージ

学生の皆様、こんにちは.私は、今年(2019年)3月に本学教員を退職し、4月からの月・水学習支援アドバイザーになりました.(学期中のみです).
基本姿勢は「クライエント中心」、個々人の意向に沿ってできるだけ短期解決志向で支援します.
・もしうまくいっているのなら、変えようとするな.
・もし一度やって、うまくいったのなら、またそれをせよ.
・もしうまくいっていないのであれば、(何でもいいから)違うことをせよ.
と言う基本ルール(森・黒沢:解決志向ブリーフセラピー.ほんの森出版)で一緒に考えたいと思います.
なお、私の専門は「作業療法」です.「作業」は「ADL、仕事、あそび」からなりますが、これらのバランスが重要です.「人」は「意志、習慣、遂行」から、あるいは「スピリチュアリティ、認知、身体、情緒」からなり、「物理的、制度的、文化的、社会的」環境の影響を受けながら作業を遂行します(Kielhofner:人間作業モデル、カナダOT協会:作業療法の視点).現在の私の楽しみ作業は、オカリナ吹奏と、田舎の庭の草刈りです.
求めよ,さらば与えられん、尋ねよ,さらば見出さん、門を叩け,さらば開かれん(マタイ伝7:7-12)という姿勢でどうぞお気軽に5604へご来室下さい.よろしくお願いします.