2-8.在宅看護学領域 Feed

2017年6月16日 (金)

Samuel Merritt University(CA,USA)看護大学生、訪問看護を体験!?

  今年も、国際交流協定締結校の米国カリフォルニア州のサミュエルメリット大学の看護学部生と教員が本学に研修に来ました(6月4日~12日)。

  米国の看護学生の研修は、日本の保健医療福祉制度の講義をはじめ聖隷病院、施設の見学、本学部生との交流など多忙なスケジュールでしたが、初めての日本の医療看護を興味深く学んでいました。

  6月9日、研修の終盤、浜松市内の聖隷訪問看護ステーション4カ所での訪問看護の体験でした。日本の家庭で療養されている患者さんの生活や環境を伺えるこのプログラムは人気です。

1_5

訪問の当日、梅雨にも関わらず、木々の緑がまぶしいさわやかな天気に恵まれました。

 

  訪問した患者さんは、できるだけ自分のことは自分でできるようにリハビリを頑張る3世代家族の90代の女性と、病気の進行によって自分で身の回りのことをするのに不自由になっていく中で愛猫「ミーちゃん」の世話を支えに一人暮らしをする80代の女性のお二人です。

 お二人とも米国の看護学生の訪問を心待ちにされて、訪問すると、言葉が通じなくても、体が不自由にも関わらず、一所懸命お話しをしてくださったり、お茶を出してくださるなどなど、米国看護学生を暖かくおもてなしくださいました。

 訪問時の写真はありませんが、素晴らしい国際交流の場となりました。

2_3

3_2






 

2016年3月23日 (水)

訪問看護ステーションのインターンシップ(就業体験)はじまる!

インターンシップとは 在学中に企業などにおいて、自らの専攻や、将来のキャリアに関連した就業体験を行うことです。インターンシップの経験は、高い就業意識を身につけ、大学での学習意欲の向上につながるという効果がありますし、将来の進路選択における自らの適性や能力について実践的に考えるよい機会になります

Photo

この春休み聖隷クリストファー大学の看護学生も、聖隷病院はもちろんのこと、県内外の総合病院などのインターンシップに参加しています。

今日、わが国の医療保健福祉の現場や人々の考え方は大きく変わり、病気や障害があってもその人らしく家や地域で暮らすようになりました。そんな人々を支えるため、お宅に出向いて看護をする訪問看護師がとても必要になっています

そこで、県内の訪問看護ステーションでは、看護大学生が卒業後の就職先に訪問看護ステーションを選んでもらうようインターンシップ制度を始めました。本学の看護学部2年生がこのインターンシップに参加し、訪問看護師と1日一緒に訪問をしてとてもよい体験を得たようです。受け入れた訪問看護師も若い看護師を一人前の訪問看護師として育てたい思いを高め、看護学生に期待をしています。

2看護学生は入学時から看護への志を高く持っていますが、自分の興味や適性に合った看護の専門分野を探るのにインターンシップはよい機会となっているようです。

2016年2月 2日 (火)

在宅療養される高齢者への排泄ケアについて研究をしています

こんにちは。在宅看護学教員の田中です。

今回は、研究活動についてご紹介します。

私は、在宅で療養生活をされる高齢者の方への排泄ケアについて研究をしています。

本学教員として就職する前には、訪問看護ステーションで働いており、在宅での看護実践の中で排泄ケアに関心を持ちました。

私が訪問看護活動を行った地域は、高齢者世帯が多く、老夫婦のご家庭や、親も子も高齢になり介護を行っているご家庭も多く担当しました。

在宅で排泄のケアが必要になった場合、主には家族の方がそれを担っていきますが、高齢の介護者には介助の動作などの負担が大きく、ケアを必要とする側も気兼ねをしてしまう問題であり、なかなか排泄状況が改善しなくて難しさを感じるものでした。

しかし、ベッド上排泄からポータブルトイレ、トイレへと高齢者が本来の排泄行動を取り戻せるようにしたり、気持ちよく排泄ができるように支援することで、「調子いいよ!」という嬉しいお言葉をいただけたり、生活意欲も高まるというような変化もあります。

私にとって、在宅での排泄ケアは難しさを感じるものではありましたが、やりがいも大きく、排泄ケアを通じ、在宅で療養生活を送る高齢者の生活の質向上に役立ちたいと思い、研究を続けています。 

今年度は、日本看護技術学会第14回学術集会、第35回日本看護科学学会学術集会にて、研究成果を発表しました。

日本看護技術学会第14回学術集会は昨年10月に愛媛県松山市で開催され、在宅要介護高齢者の排泄状況の実態に関わる研究成果を口演発表しました。

学術集会初日第1群での発表で、かなり緊張しましたが、貴重なご意見もいただき、とても勉強になりました。

 

愛媛県は初めて訪れ、夏目漱石の小説「坊ちゃん」の舞台である道後温泉の風情ある街並み、ご当地の美味しいお料理も楽しみにしておりました。

下の写真は松山城です。

Photo

学術集会1日目、口演発表も無事終了しホッとしたところで、道後温泉駅まで足を延ばしました。

ちょうど17時で、駅前のからくり時計から坊ちゃん・マドンナが登場しました。

Photo_2

有名な道後温泉本館です。

エントランス陣幕は写真家・蜷川実花さんによるものだそうで、とても素敵でした。

Photo_3

帰りの松山空港では、「蛇口からポンジュース」に遭遇しました。

Photo_4

研究には、高齢者の皆様、ご家族、訪問看護師の皆様からたくさんのご協力をいただいております。来年度もコツコツと研究を積み重ねて、皆様の生活や看護に還元できるよう努力していきます。

2015年6月26日 (金)

在宅看護学実習 終了しました!

2014年10月20日から開始した在宅看護学実習が、2015年6月19日に終了しました。

2週間実習、159名が履修しました。

学生が同行訪問することにご協力いただきました地域の皆様、

実習施設のスタッフの皆様、ありがとうございました。

実習施設の学生駐輪場の栗の木も、冬の姿から、

6月の青々とした姿に変化しました。日々栗の木に励まされ頑張りました。

1 2週間実習、1日間はケアマネージャーさんと同行訪問をさせていただきました。

今日は、大学に隣接したケアマネージャーさんの事業所実習なので、歩いて移動します。

2

 5日間は、訪問看護ステーションで同行訪問をさせていただきました。

学生が後部座席に乗り込み出発するところです。1時間の訪問看護頑張りましょう!

3 スタッフカンファレンスにも参加させていただき、福祉機器取扱いの勉強会も参加してきました。

4

2週間実習最終日は、全員が帰校して、まとめのカンファレンスを行います。

学生の発表を傾聴し、ディスカッションをしています!なんだか楽しそうです。

5

6

このグループはカンファレンスが終了して、

 学生による実習評価を行っています。

 教員も学生から評価を受けます。

教員は席を外して学生が評価しやすい環境を提供しています。

7

写真の掲載については、実習施設・学生からの許可を得て掲載しています。

2014年11月17日 (月)

3年生 在宅看護学実習がんばっています!

今回は、現在3年生が履修している在宅看護学実習についてご紹介します。

 

在宅看護学実習では、2週間の実習期間のうち、

訪問看護ステーション実習を5日間、ケアプランセンター実習を1日間行います。

訪問看護師さん、ケアマネージャーさんと一緒に、

在宅療養をされている療養者さん、ご家族のお宅に伺います。

学生さんにとっては、毎日、毎回が「はじめまして」の出会い。

2週間の実習期間で、10人以上の療養者さん、ご家族とお会いすることになります。

2

この日は、実習2週目の初日です。

実習1週目に訪問をさせていただいた療養者さんの在宅看護計画について、

学内で検討を行いました。

実習生それぞれの在宅看護計画に対し、グループメンバーから多くの意見が出されました。

この一週間で、多くの療養者さん、ご家族への訪問看護を経験させていただき、

実習生の視野が広がったことを教員としても実感しました。

 

3年生の実習は始まったばかり。

在宅看護学実習での学びを、これからの実習でも、就職してからも、活かしてくださいね!

 

(在宅看護学領域教員 田中)

2014年2月28日 (金)

寒い時期の「在宅看護論実習」 学生も教員も頑張りました!

在宅看護論実習は、訪問看護師さんが運転する車に同乗させていただき、

自宅で療養されているお宅に学生も同行訪問させていただいています。

いつも学生の訪問にご協力いただいている地域の皆様、ありがとうございます。

Blog20142282jpg

これはいつも学生が同乗させていただいている訪問看護車です。

朝の出発を待っています。

Blog20142281

皆様のご自宅に伺う実習ですので、季節の移り変わりを肌で感じます。

昨年12月の頃には、日没の美しい風景に感動したりもしましたね。

Blog20142283

これは2月の冬の風景です。

写真で写すと小さく感じますが、この木は、とてもとても大きな栗の木です。

Blog20140228

秋にはたくさんの栗の実をつけていましたが、

真冬の2月は耐え忍ぶ姿に変化します。

まるで枯れているかのようですが、

春が来るのをじっと耐えて待っています。

 

毎日学生の自転車やバイクを、木の下に置かせてもらっています。

栗の木に見守られながら実習をしているように感じます。

つもどうもありがとう。

今にも雪が降りそうな寒空のショットです。

Blog20142285

17時に実習を終えて、帰宅します。

今日も1日寒かったですね。

それでも日が長くなってうれしいです。

防寒対策・花粉対策をして家路を急ぎます。

Blog20142286

2月21日(金)で今年度の実習は終わり、

回の実習の再開は、5月の中旬になります。

Blog20142287

季節は変わり、お茶の時期に中山間地域にもおじゃまいたします。

皆様どうぞよろしくお願いいたします。

在宅看護学 教員 山村江美子