« ホストファミリー募集のお知らせ | メイン | 【参加者募集】ナンヤン理工学院(NYP)研修生受入れプログラム »

2017年度アメリカ看護研修は、2018年3月15日から25日の間、アメリカのサミュエル
メリット大学(SMU)で実施します。

研修に参加する8名の看護学部2年次生は、2017年11月から国際的な視野を深めたり、
日米の保健医療制度を学んだりするため事前研修に参加しています。

先日行われた事前研修では、SMUでのシミュレーション授業を想定し、看護学部教員と
英語担当教員の指導のもと、本学の高機能患者シミュレーターを使って英語で事前研修を
行いました。この高機能シミュレーターは異常な呼吸音の再現や、血圧を測定することが
できます。2グループに分かれて、シミュレーターの症例と提供できる看護ケアについて
話し合いをし、英語で発表しました。学生たちは、日頃学んでいる看護の知識を英語で
表現する大変さと楽しさを実感できた様です。

Img_6759

Img_6768

SMUには更に高度なシミュレーターが複数あると知り、学生からは現地でも事前研修で
得た知識やコミュニケーションを取るコツを活かして頑張りたいとの声がありました。
出発まで1ヶ月を切った今、研修への期待が更に高まる事前研修となりました。

Img_6773_3