« 米国サミュエルメリット大学との交流 | メイン | 2013海外ボランティアガイドブック »

実施期間:2013年3月15日~3月22日の8日間
参加人数:14名
訪問地:重慶、北京、上海

本学交流協定締結校である第三軍医大学(重慶市)を受入れ拠点として、2012年度中国研修を実施しました。第三軍大学やその附属病院での講義や見学を通して中国の保健医療福祉について理解を深めると同時に、日本の隣国である中国の歴史と文化を学ぶため世界遺産である天安門広場や故宮博物院、万里の長城も訪れました。

第三軍医大学では、本研修の事前研修の一環としてSKYPEを通して交流を行った時の学生達と初めて会い、SKYPEで約束した卓球をしたり、互いの国の文化を披露しあったりして友好を深めました。また、同大学の英語授業にも参加し、英語のゲームに挑戦するなど、英語でのコミュニケーションに苦戦しながらも、いつもの授業とは違う雰囲気を楽しむことが出来ました。

Cimg05501 Cimg05521 Cimg05851

↑世界遺産見学①(天安門広場) ↑世界遺産見学②(万里の長城) ↑病院見学@西南医院

Cimg05931 Cimg0605 Nec_0005

↑講義@西南医院 ↑リハビリテーション病棟@西南医院 ↑無料健康相談@地域保健センター

Cimg06271 Cimg06321 P1020970_3

フリータイム@重慶の旧市街
 (磁器口)
磁器口の古い街並みに溶け込んだ外観の地域保健センター ↑全員集合! 帰国前夜@上海 


第三軍医大学のHPでも本研修について紹介されましたのでご覧ください→第三軍医大学HPへ

※本研修は独立行政法人日本学生支援機構平成24年度留学生交流支援制度(ショートステイ、ショートビジット)採択プログラムです。参加者には奨学金が支給されました。