« 2012年度シンガポール研修参加希望者面接時間 | メイン | 平成24年度留学生・奨学生地域交流集会 »

  • 1.研修目的・目標、内容およびスケジュール
  • 2.事前研修
  • 3.英語学習
  • 4.持ち物リスト
  • 5.海外旅行保険および海外渡航時の健康管理上の注意
  • 6.単位認定について
  • 7.出発日&帰国日について
  • 8.ホームステイアプリケーション
  • 9.Q&A

  • 1.研修目的・目標、内容およびスケジュール

    ・国際的な視野で保健医療福祉を考えるきっかけとする
      (アメリカにおけるヘルスケアシステムを学び、その中で看護職が担う役割について日本との違いや共通点を考える機会とする

    ・アメリカの生活や文化に直接触れることで、人間・社会・環境への理解を深める
      *アメリカの家庭で生活する体験を通して人々の暮らし、価値観、健康への関心などを理解する
      *異文化体験から日本の文化、地域社会、自然環境、家庭などを見直す機会とする

    ・アメリカの人々とコミュニケーションに挑戦する
      *出会った人々と積極的にコミュニケーションができるように試みる

    <研修内容>
    アメリカ看護研修では、アメリカの医療・高齢者ケア施設での看護研修が行われます。アメリカで高度な専門職として働く看護師に、1日シャドー・ナースとしてベッドサイドに同行することができます。 また、病院だけでなく、高齢者施設や福祉施設、地域保健施設も訪問します。外国での看護についての知識を深め、日本の看護について改めて考える良い機会となるでしょう。
     そのほか、研修期間中を通しアメリカ人一般家庭に滞在することで、アメリカの文化を肌で感じることができるだけでなく、英語でのコミュニケーション能力向上も期待できるでしょう。

    研修スケジュール(学内専用サイト)

    ページトップへ


    2.事前研修

    2週間の研修を安全にかつ有意義に過ごせるよう、研修参加者は全ての事前研修に参加することが求められます。但し、実習や授業等で出席できない場合には、事前に国際交流センターへ申し出てください。

    *アルバイト等、私事の理由による欠席は認められません。

    事前研修スケジュール(学内専用サイト)

    ページトップへ


    3.英語学習

    講義や施設見学の際は通訳が同行しますが、シャドーイング中は各病棟に通訳の方がいるわけではありません。事前に英語学習を計画的にしておくと現地でのコミュニケーションに必ず役立ちます。本学の英語担当の先生が紹介している看護英語サイトなども活用し研修に備えましょう。

    ページトップへ


    4.持ち物リスト

     下記のサイトにある持ち物リストを参考に、各自準備を始めてください。特に出発前は定期試験があるため、計画的な準備が必要です。搭乗予定便に預けられる荷物は1人23kg(3辺の和が157センチ)までです。また、機内への持込み荷物は1人1個(三辺が56×36×23cm以内であること)となっています。重量オーバーの場合、超過料金をチェックイン時にカウンターで支払う必要がありますので注意してください。荷物について不明な点は国際交流センターへ確認してください。

    持ち物リスト参考(学内専用サイト)

    国際線航空機客室内への液体持ち込み制限について(中部国際空港公式サイト)

    ページトップへ


    5.海外旅行保険および海外渡航時の健康管理上の注意 

      通常皆さんが日本で加入されている傷害保険は、海外で起きた事故、病気に対する治療などは適応外となります。また、クレジットカードに付帯されている保険では、海外の高額な医療費をカバーするには不十分です。つきましては、研修前に必ず海外保険に加入するようお願いいたします。加入するべき最低保障額については、事前研修で配布される「大学主催の海外研修のための海外旅行保険」で確認してください。大学で紹介する保険会社以外で加入される方は、必ず保険内容の写しを渡航までに国際交流センターへ提出してください。

    大学で紹介する海外旅行保険代理店の詳細

    ◎海外渡航時の健康管理上の注意
       
       厚生労働省検疫所 海外感染情報

    ページトップへ


    6.単位認定について

    研修参加者は事前研修およびアメリカでの研修プログラムに参加し、帰国後所定のレポートを提出することで、「国際看護論」(1単位)が認定されます。

    詳しくは学内専用サイトを確認してください。

    ページトップへ


    7.出発日&帰国日について

    本研修の集合・解散場所は、中部国際空港です。中部国際空港へは、各方面から電車、バスが空港へ乗り入れています。詳しくは下記HPをご覧ください。

    中部国際空港公式WEBサイト

    浜松から中部国際空港への直行バス(遠鉄E-wing)

    出発日詳細は学内専用サイトを確認してください 。

    ページトップへ


    8.ホームステイアプリケーション

    学内専用サイトにあるフォームを利用し作成してください。

    ページトップへ