« 2012年3月 | メイン | 2012年5月 »

2011年度海外研修 2012 年 4月24日 更新

1.アメリカ看護研修
2.シンガポール研修
3.オーストラリア語学研修

2011年度アメリカ看護研修

看護学部3年次生12名と2年次生3名の計15名が、3月17日(土)~3月29日(木)の日程で、アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス市にて看護研修を行いました。

スケジュール   
写真集
アンケート 

参加者のコメント

★本当に行ってよかった。価値観も変わったし、自分の知らなかったアメリカの良くも悪くも現状がわかった。日本の看護師はアメリカのように仕事をもっと分担すべきだし、アメリカは日本のように患者を敬うようなケアをすべきだと思った。保険の制度が違うから患者層も入院期間も違って、何が患者にとって大切なのかを考えると、求められる看護も違ってくるのがわかりました。このことで自分がすべきことがなんとなくわかった気がするので実習でも役立てていきたい。

★英語は絶対に身につけておくべきだと身をもって感じた。また、アメリカでは、看護師のできる仕事の範囲が広く、そこはよい部分であるし、日本もこれからそうしていくべきだと思った。けれども、日本の看護師はアメリカの看護師よりも献身的であり、丁寧で繊細な看護をしており、そこは日本の看護のとてもよい部分であり、これからもその精神を大切にしていくべきだと感じた。

★研修に参加するまでは、医療が進んでいるアメリカが全て良いと思っていましたが、実際の現場を目の当たりにすると保険などの問題が山積みということが分かりました。またアメリカは日本の医療の20年先をいっているといわれているようですが、アメリカの医療が優れているとか、日本の医療が遅れているというわけではないことを知りました。お互いに良い部分も悪い部分もあり、文化の違いによっても考え方が違うので、どちらが良いというものではないことを学びました。これから看護の学びを進めていく中で、偏った視点から物事をとらえるのではなく、様々な視点から柔軟に物事を考えていきたいと思いました。

2011年度シンガポール研修

看護学部およびリハビリテーション学部・全学年を対象に9月3日(土)~9月10日(土)の日程で、ナンヤン理工学院を受け入れ教育機関とし行われました。2011年度は、看護学部1年次生3名、2年次生2名、リハビリテーション学部作業療法学科生1年次生2名、2年次生5名、理学療法学科生1年次生1名、2年次生1名、3年次生1名、引率者1名の計16名が参加しました。

スケジュール 
写真集
・アンケート

参加者のコメント

★初めての海外だったので、見るもの食べるものすべてが新鮮に感じられ、とてもよい刺激になりました。また、研修のカリキュラムは大変充実していて、常にメモを取っていなければならないほど得るものが多かったように思います。進んだ医療技術だけではなく、医療の考え方や、患者さんに対する姿勢など、将来のためになる「学び」ができ、さらには同じ職を志す海外の仲間とふれ合えた、本当に貴重な体験ができたと光栄に思います。(作業療法)

★今までそんなに話す機会のなかった他の学科の人や先輩や先生方とたくさん話すことが出来てすごく嬉しかったです。シンガポールの学生とは、英語やジェスチャーでお互いに伝えたい!という気持ちと理解したい!という気持ちで接することでコミュニケーションを取ることができて良かったです。今回シンガポールでたくさんの刺激を受けたので、これから志を高くもって、OTを目指したいと思います!(作業療法)

★多民族国家であるシンガポールは、異文化や異宗教を尊重している。それは、医療現場でも顕著に表れていた。島国である日本との大きな違いであった。そして、2・3ヶ国語を平気でしゃべる学生が多く、驚いた。自分自身も英語を話せるようになりたいと強く思うきっかけとなった。そしてなにより、おもてなしの心、ホスピタリティーがすばらしかった。シンガポール研修が毎日楽しかったのは、現地の人のホスピタリティーのおかげである。シンガポール研修は楽しかった思い出しかない。この研修の楽しさを多くの人に知ってもらいたい。(理学療法)

★当たり前のことだが世界中に病んでる人、患者がいて、同じように命を救うため、癒すために医療者がいる。言葉や文化、制度は違うけど、人を助けよう、よい医療を提供しようという医療者の気持ちや思いは同じなのだと実感した。私は今回初めて海外に行ったので特にそれを感じた。同じように看護師を目指すホストファミリーがシンガポールで日々勉強や実習を頑張っていると思うと自分も頑張らなければならないと思った。(看護)

2011年度オーストラリア語学研修

全学部・全学年を対象に2012年3月6日(火)~4月1日(日)の日程で、モナッシュ大学附属語学学校で行われました。2011年度は、看護学部2年次生4名、3年次生1名、社会福祉学部こども教育福祉学科2年次生2名の計7名が参加しました。

・スケジュール
・写真集
・アンケート

参加者のコメント(準備中)

     

【終了しました】

2012年3月に韓国の東明園にて実習を行った社会福祉学部3年次生5名による発表会を下記の通り行います。

インド・ブラジルでの実習に関する説明もあります。

国際福祉実習に興味がある方はどなたでも参加できますので、お誘い合わせのうえ是非ご参加ください。

Fukushi_jisshu2011

【終了しました】

静岡県留学生等交流推進協議会では現在「話っ、輪っ、和っ!2012」実行委員を募集しています。静岡県内の他大学で学ぶ日本人学生・留学生との交流機会です。本学からも実行委員として学生が参加したことがあります。興味のある方は、下記ポスター内にある静岡大学国際交流センター袴田先生にお問い合わせください。(申込み〆切:4月25日)

Wawawa2012_2 Wawawa20122

【終了しました】

2012年度に実施される大学主催の海外研修および個人参加型の語学研修についての説明会を下記の通り行います。参加を決めていない方や今後の参考にしたい方などどなたでも参加自由です。興味がある方は是非説明会においでください。(途中入室、退室可)

Poster_3