« 中国研修 参加者用ページ | メイン | JOCS海外保健医療協力セミナー2011 »

◆ナンヤン理工学院研修生との交流

2011年3月5日~10日 本学の交流協定締結校であるシンガポールナンヤン理工学院(NYP)から看護、理学療法、作業療法を学ぶ研修生22名を受け入れました。研修生たちは、講義や施設見学等を通して日本の保健医療福祉について学びました。また、学生交流やホームステイ、茶道体験を通して日本の生活文化にも触れました。

ご協力いただいた全ての方に深くお礼申し上げます。

P1010740_2  P1010772_3 P1010788

↑ 講義(看護教育)          ↑講義(日本の社会保障制度)       ↑講義(理学療法教育)
P1010780  P1010750 P1010794

↑ 光トポグラフィの説明                     ↑身障者施設での作業体験        ↑老年看護疑似体験                     
P1010804_2 P1010810_2 P1010829


↑本学学生主催学生交流会      ↑学生交流会準備(うなぎパイも!)  ↑本学学生代表による歓迎の挨拶
P1010829P1010814_2 P1010822 P1010846

↑いよいよ交流会開始、乾杯っ!   ↑日本のダンス(?)を一緒に踊りました  ↑シンガポールの踊りも教わりました
            
P1010851     P1010852
                      ↑NYP学生代表によるお礼のことば             ↑交流会後の記念写真(全員入りきらずごめんなさい!)
Dscf4072 2011030518280001_2 Dsc00664_2
↑@龍譚寺                 ↑Yey!                                                ↑学生宅での鍋PARTY
P1000979_2 Dscn0492 Photo
↑どちらにお連れしましょうか      ↑@竜ヶ岩洞               ↑特製オムライスを作ってみました
Dscf5694 Cimg1168 P1010863 
↑@舘山寺                 ↑廻る廻る廻る寿司             
↑研修後の学生意見交換会

~NYP研修生から寄せられた感想をいくつか紹介します~

  • ホームステイが最高でした!聖隷の学生達は自分たちのために滞在中のアクティビティをとてもよく計画してくれて、滞在期間中とても楽しい時間を過ごすことができました。ホスピタリティーに溢れる姿勢に感動しました。
  • ホームステイを通して日本の文化に対する理解を深めることができました。
  • 日本の医療福祉施設は技術面が優れているだけでなく、そこで働いている人々が常にポジティブで患者(利用者)の方を中心に物事を考えケアを行っていることが印象深かったです。多くのことを学ばせていただきました。
  • 訪問先の施設で働く職員の皆さんはとても創造性に富んでいると思いました。そしていつも笑顔で心が温かい人たちでした。
  • 学生交流やホームステイを通して、日本の友達が沢山できたことが一番嬉しかったです。
  • 至るところに花が植えられとても美しい環境でした。食べ物も美味しかった!
  • 人々が丁寧で、創造性に富み、手助けを惜しまない日本の文化を好きになりました。
  • 高齢者施設の進んだ設備と職員の方の利用者の方に対する丁寧なケアに驚き感動しました。
  • 日本の学生が実際に演習で行っていることを体験できたことが貴重な経験となりました。