« 2011年1月 | メイン | 2011年5月 »

今年もシンガポールでの研修を実施します。シンガポールを代表する国立病院や医療福祉施設の見学だけでなく、同じ専門職を目指す同世代の学生との「学生交流」に重きを置いているのがシンガポール研修です。英語でのコミュニケーションに不安があっても問題ありません。過去に参加した学生の多くが、研修後もシンガポールの学生とメールやFACEBOOK等で交流を続けています。

●過去の研修の様子や申込みフォームはコチラ

Announcement

【終了しました】

2010年に国際福祉実習として韓国、インドに行った社会福祉学部生(現在4年次生)から、実習時の現地の様子を報告していただきます。発表会の日時は以下の通りです。国際交流および海外の福祉事情に興味がある方は、どなたでも是非お越しください。

20110510report_poster_2

2010年度海外研修 2011 年 4月18日 更新

1.アメリカ看護研修
2.シンガポール研修
3.中国研修

2010度アメリカ看護研修

看護学部3年次生8名が、8月5日(木)~8月17日(火)の日程で、アメリカのネブラスカ州リンカーン市にあるネブラスカ・ウェスリアン大学(NWU)を受け入れ教育機関とした看護研修に参加しました。

スケジュール 
写真集
アンケート(参加者コメント含む)

参加者のコメント

★自分から学ぼう、知りたいという姿勢を持つことや、ずっと同じ環境に自分を置くのではなく、新しい環境にチャレンジすることを学んだ。アメリカの看護、医療システム、を知ったことから、いろんな価値観や違いを見て、自分の視野が広まったと思う。大学での学びは与えられたものだけではなく、自分から興味を持ってやっていく事が大切だと改めて感じた。大学での生活にこれから活かして行くことが出来ると思っている。また大学で得ていた知識を今回の研修で活かし新しい学びができたので、それをまた新たに大学での学びに繋げていけると思う。
ホストファミリーや学生友達の生活を見て、普段の生活の楽しみ方を知り、自分の普段の生活に取り入れることができた。また長い間生活をともにした経験から、普段からの人への思いやりや、興味を持つことの方法や楽しみを、これからも続けていけると思う。
英語でのコミュニケーション経験によって、これからの自分の自信や学習への意欲が沸いて、普段から英語に親しみをもてるようになった。 

2010度シンガポール研修

看護学部およびリハビリテーション学部・全学年を対象に9月16日(木)~9月23日(木)の日程で、ナンヤン理工学院を受け入れ教育機関とし行われました。2010年度は、看護学部2年次生4名、3年次生1名、リハビリテーション学部作業療法学専攻2年次生2名、理学療法学専攻2年次生1名、引率者1名が参加しました。

スケジュール
写真集
動画
アンケート

参加者のコメント

★初めてホームステイをして、自分がいかに英語ができないかを痛感した。でも、ホームステイはとてもいい経験になったと思う。聖隷とNYPの勉強の違いを見たいと思い参加したけど、思っていた以上にすごくてとてもびっくりした。聖隷でもNYPと同じようなシステム、施設があったらもっと勉強が楽しくなりそうだと思った。(看護)

★日本と生活の仕方に違いが多くて驚いた。平日の朝以外はほとんど外食であったり、家にヘルパーさんがいたり、ホームステイをさせてもらい知ることができた。日本と違う文化や生活を学ぶことは面白いと思った。また、ナンヤンの学生さんにいろいろな所に連れていってもらい楽しかった。英語で会話するのは大変だと思っていたけど、意外と通じていろいろなことを会話することができ楽しかった。これからもっと勉強を頑張ろうと思った。積極的に様々な活動に参加して良いOTになりたいと思った。(OT)

2010度中国研修

全学部・全学年を対象に2011年3月15日(火)~3月22日(火)の日程で、第三軍医大学を受け入れ教育機関とし行われました。2010年度は、看護学部1年次生3名、2年次生3名、社会福祉学部社会福祉学科2年次生2名、引率者1名が参加しました。

スケジュール
写真集
アンケート

参加者のコメント

★中国の病院や大学を見学して、中国の医療や看護師養成のことや日本との違いなどさまざまなことを知ることができた。また、学生交流をして、中国の友達ができ、国を越えて交流できたことは、とてもよい経験だったと思う。
今回、中国研修に行き、改めて自分の英語の能力の低さを知った。だから、この研修を機会に、英語をより学びたいと思う。また、この研修で中国の医療などについて知り、看護師として就職した時にこの経験を生かすことができたらよいと思った。

★中国と日本は関係が悪いと思っていたので、自分や家族もよいイメージを持っていませんでしたが、実際に行って現地の人と関わってみるとそのイメージはがらりと変わりました。初めて海外に行ってみて、行ってみなければわからないことが沢山あると思いました。
一番思い出に残っているのは、学生との交流です。第3軍医大学の学生との交流はとても楽しかったし、こんなにも歓迎されると思っていなくてとてもうれしかったです。勉強に対する姿勢は、中国の学生さんはやっぱりすごいと思いました。自分もぼーっとしていないで自ら学ぶ姿勢を持たなければと思いました。
また、この研修をきっかけに英会話をもっとできるようになりたいと思ったし、もっといろいろな国に行ってみたいと思いました。

     

本学では、新入生全員を対象に海外研修・実習に関する簡単なアンケートを行っています。2011年4月30日までに回答していただきますようお願いいたします。アンケート結果は今後の本学主催海外研修・海外実習の企画・運営の参考にさせていただきます。

memo  アンケートはこちら  pencil


アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。

海外研修説明会のお知らせ 【終了しました】


2011年度に実施を予定している大学主催海外研修に関する説明会を下記のとおり行います。

2011poster_3

今年度ではなく来年度以降海外研修参加を検討している方や、参加は決めてないけどとりあえず研修内容について知りたい方も是非参加してください。

今年度実施の研修についてはコチラ

【書籍のご案内】

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)発行の「私がつくる海外留学」(2012年3月改訂版)が届きました。
北米だけでなく、アジア・オセアニア・ヨーロッパに関する留学情報も網羅されている小冊子です。

Jasso2012ryugaku_2

<内容>
・留学のタイプ
・留学までのステップ
・学校選択ワークシート
・留学体験記
・留学各種情報(試験、奨学金等)
・留学に役立つサイト情報(各国大使館、教育機関リスト等)

短期・長期留学を検討されている方に差し上げます。お気軽に国際交流センターへお立ち寄りください。
(※数に限りがあるため、なくなり次第終了とさせていただきます)

下記の通り、国際福祉実習のオリエンテーションがあります。

Kokusaifukushi2011

過去の様子が知りたい方、オリエンテーションに参加できない方はキャンパスブログも参考にしてください。

公益社団法人 日本キリスト教会医療協力会(JOCS)より、海外での保健医療協力に関心を持つ保健医療職の方および保健医療福祉を学ぶ学生を対象とした下記のセミナーの案内が届きましたのでお知らせします。
参加を希望する方は、JOCSホームページ(http://www.jocs.or.jp)から申し込んでください。 募集期間は終了しました

Jocs20110405

◆ナンヤン理工学院研修生との交流

2011年3月5日~10日 本学の交流協定締結校であるシンガポールナンヤン理工学院(NYP)から看護、理学療法、作業療法を学ぶ研修生22名を受け入れました。研修生たちは、講義や施設見学等を通して日本の保健医療福祉について学びました。また、学生交流やホームステイ、茶道体験を通して日本の生活文化にも触れました。

ご協力いただいた全ての方に深くお礼申し上げます。

P1010740_2  P1010772_3 P1010788

↑ 講義(看護教育)          ↑講義(日本の社会保障制度)       ↑講義(理学療法教育)
P1010780  P1010750 P1010794

↑ 光トポグラフィの説明                     ↑身障者施設での作業体験        ↑老年看護疑似体験                     
P1010804_2 P1010810_2 P1010829


↑本学学生主催学生交流会      ↑学生交流会準備(うなぎパイも!)  ↑本学学生代表による歓迎の挨拶
P1010829P1010814_2 P1010822 P1010846

↑いよいよ交流会開始、乾杯っ!   ↑日本のダンス(?)を一緒に踊りました  ↑シンガポールの踊りも教わりました
            
P1010851     P1010852
                      ↑NYP学生代表によるお礼のことば             ↑交流会後の記念写真(全員入りきらずごめんなさい!)
Dscf4072 2011030518280001_2 Dsc00664_2
↑@龍譚寺                 ↑Yey!                                                ↑学生宅での鍋PARTY
P1000979_2 Dscn0492 Photo
↑どちらにお連れしましょうか      ↑@竜ヶ岩洞               ↑特製オムライスを作ってみました
Dscf5694 Cimg1168 P1010863 
↑@舘山寺                 ↑廻る廻る廻る寿司             
↑研修後の学生意見交換会

~NYP研修生から寄せられた感想をいくつか紹介します~

  • ホームステイが最高でした!聖隷の学生達は自分たちのために滞在中のアクティビティをとてもよく計画してくれて、滞在期間中とても楽しい時間を過ごすことができました。ホスピタリティーに溢れる姿勢に感動しました。
  • ホームステイを通して日本の文化に対する理解を深めることができました。
  • 日本の医療福祉施設は技術面が優れているだけでなく、そこで働いている人々が常にポジティブで患者(利用者)の方を中心に物事を考えケアを行っていることが印象深かったです。多くのことを学ばせていただきました。
  • 訪問先の施設で働く職員の皆さんはとても創造性に富んでいると思いました。そしていつも笑顔で心が温かい人たちでした。
  • 学生交流やホームステイを通して、日本の友達が沢山できたことが一番嬉しかったです。
  • 至るところに花が植えられとても美しい環境でした。食べ物も美味しかった!
  • 人々が丁寧で、創造性に富み、手助けを惜しまない日本の文化を好きになりました。
  • 高齢者施設の進んだ設備と職員の方の利用者の方に対する丁寧なケアに驚き感動しました。
  • 日本の学生が実際に演習で行っていることを体験できたことが貴重な経験となりました。