« 国際看護実習 | メイン | 第19回国際医療技術学生交流セミナー 参加者募集 »

国際福祉実習(社会福祉学部)

国際福祉実習について
 社会福祉学部生を対象に、2004年度から始り、インド・ブラジル・韓国の本学と関係のある施設で実習を行なうプログラムです。夏期・冬期・春期休業中のみならず各セメスターの期間中に実習を行なうことも可能です。期間は、2週間(国際福祉実習I)、4週間(国際福祉実習I・II)、6週間(国際福祉実習I~III)、8週間(国際福祉実習I~IV)またはそれ以上となっています。
 このプログラムは、大学主催海外研修のように既存のプログラムに参加するのではなく、実習先・スケジュールの検討、決定からチケット手配まですべて個々で行なうものです。
*詳細は社会福祉学部HPをご覧ください。大学報vol.29 にも特集が載りました。
 
実習先一覧
■国際福祉実習参加者の推移

年度
実習国
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
合計
インド 6 2 6 2 0 0 2 0 2 2 22
ブラジル 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 4
韓国 15 2 3 0 4 5 0 5 2 0 36
その他 1* 2** 3
合計 21 4 12 4 4 5 2 5 4 4 65
*オーストラリア  **スリランカ
■実習記録

研修先
2013年度 インド、スリランカ(個人手配)
2012年度 インド、韓国
2011年度 韓国
2010年度 インド
2009年度 韓国
2008年度 韓国
2007年度 インド、ブラジル、オーストラリア(個人手配)
2006年度 インド、ブラジル、韓国
2005年度 インド、韓国
2004年度 インド、韓国