« よくある質問(FAQ) | メイン | 2010シンガポール研修募集要項 »

2009年度海外研修 2010 年 4月9日 更新

1.ネブラスカ研修
2.シンガポール研修

2009度ネブラスカ研修

 看護学部2年次生、3年次生を対象に8月3日(月)~8月16日(日)の日程で、アメリカのネブラスカ州リンカーン市にあるネブラスカ・ウェスリアン大学(NWU)にて行われました。2009年度は、2年次生6名、3年次生13名、引率者2名が参加しました。

研修スケジュール(PDF形式)
写真集
研修後アンケート結果(PDF形式) 

参加者のコメント

この2週間の研修を通して、看護を勉強する事についての意識が変わり、自分自身がすごく成長したと思います。自分が得意とする分野・技術を持って、ひとりひとりがプロフェッショナルだという意識を持って看護を行うアメリカの看護師さんたちを見て、私ももっと真剣に看護を学びたいと思いました。2週間、楽しい事、つらい事、悲しい事など色々な事がありましたが、今はすべてを乗り越えて達成感で胸がいっぱいです。この研修に参加して本当に良かったと心から思います。

2009度シンガポール研修

看護学部およびリハビリテーション学部・全学年を対象に9月5日(土)~9月12日(土)の日程で、ナンヤン理工学院を受け入れ教育機関とし行われました。2009年度は、看護学部1年次生2名、2年次生2名、3年次生2名、リハビリテーション学部作業療法学専攻2年次生9名、引率者2名が参加しました。

スケジュール
・写真集
アンケート

参加者のコメント

★初めてホームステイをして、自分がいかに英語ができないかを痛感した。でも、ホームステイはとてもいい経験になったと思う。聖隷とNYPの勉強の違いを見たいと思い参加したけど、思っていた以上にすごくてとてもびっくりした。聖隷でもNYPと同じようなシステム、施設があったらもっと勉強が楽しくなりそうだと思った。(看護)

★日本と生活の仕方に違いが多くて驚いた。平日の朝以外はほとんど外食であったり、家にヘルパーさんがいたり、ホームステイをさせてもらい知ることができた。日本と違う文化や生活を学ぶことは面白いと思った。また、ナンヤンの学生さんにいろいろな所に連れていってもらい楽しかった。英語で会話するのは大変だと思っていたけど、意外と通じていろいろなことを会話することができ楽しかった。これからもっと勉強を頑張ろうと思った。積極的に様々な活動に参加して良いOTになりたいと思った。(OT)