Texas A Feed

2016年7月20日 (水)

テキサスA&M大学よりの言語聴覚学科生が来学しました。 ST Students from Texas A&M University arrived at SCU

7月19日、アメリカ・テキサスA&M大学より、言語聴覚学科の学生5名と引率教員2名が来学しました。
1日だけの短い期間でしたが、講義や施設見学(大学、三方原病院、十字の園)を通して日本の言語聴覚について学びました。
On July 19th, five ST students and two chaperones from Texas A&M University arrived at our university.
Even though they only spent one day studying in our University, they have learned about ST in Japan through the lecture and facility visit (University, Seirei Mikatahara General Hospital and Jujino-sono).

1
到着後、5号館の前で本学言語聴覚学科の学生及び教員と写真を撮りました。
When they arrived, we took a commemorative photo with our ST students and faculty members in front of Building No. 5.

2オリエンテーションを行った後、テキサスA&M大学のスマライ先生より、言語聴覚学科の学生を対象に「アメリカの言語病理学と聴覚学」について講義をして頂きました。
After orientation, our ST students were given the lecture on “Speech pathology and Audiology in the USA” by Dr. Sumalai.

3同じ時間、テキサスA&Mの学生は、本学の柴本言語聴覚学科長より、「日本のST制度及び教育制度」について講義を受けました。
During the same time, Texas A&M students were given the lecture on ST care and education systems in Japan by the chair of the ST department, Dr. Shibamoto.

4お昼を挟んで、午後からのキャンパスツアーでは、聖隷歴史資料館を訪れ、聖隷の精神について学んでもらいました。
In the afternoon, during the campus tour, we visited the Seirei historical museum and learned the philosophy of Seirei.

5その後、聖隷三方原病院の見学です。
まず、リハビリテーション病棟の見学、ドクターヘリの見学、最後にホスピスの見学を行いました。
Then we visited Seirei Mikatahara General Hospital.
At first, we visited rehabilitation ward, then we went on the roof top and see the air ambulance. Lastly, we visited the hospice.

1日の最後の修了式では1人1人が柴本言語聴覚学科長より修了証を手渡されました。
At the closing ceremony; the last program of the day, everyone was handed a certificate of completion one by one from the chair of ST department Dr. Shibamoto.

6テキサスA&Mからは、記念にTシャツを2枚もらいました。
In return we were given the two university T-shirts as a keepsake.

7
この後、皆さんはタイや中国を訪れた後、8月11日にテキサスへ帰国するとのことです。
After leaving Japan, they are going to visit Thailand and China and return to Texas on August 11th.

無事に研修旅行を続けて欲しいと思います。
We do hope that the rest of their trip will continue safely.

 

2015年8月 7日 (金)

8月4日(火)・5日(水)、Texas A&M International University学生受け入れ


8月4日(火)・8/5(水)に、テキサス A&M 国際大学(アメリカ)から、言語聴覚学科の学生11名・教員2名が来学しました。
研修生たちは、約1ヶ月かけて、中国・タイなどのアジア各国を訪問しており、日本が最後の訪問国です。

Img_0761研修1日目は、本学に到着後、オリエンテーションを受け、日本の言語聴覚療法の現状に関する講義を受講しました。

本学学生との交流会を兼ねた昼食の後は、テキサス A&M インターナショナル大学教員による講義などが行われました。

研修2日目は、キャンパスツアーからスタートです。

Img00224

Img00228歴史資料館、図書館をはじめ、本学各学部(看護・リハビリテーション・社会福祉)関連教室や実習室などを見学しました。

Img00237午後は、大学近隣医療施設の見学です。
まずは、聖隷三方原病院のリハビリテーション病棟とヘリポートに向かいました。

Img_0753ヘリポートでは、間近で見るドクターヘリに非常に興味を示していました。

続いての聖隷ホスピスでは、日本のスタッフの手厚い対応や病室からの眺めに感心していました。

Img_0778

Img_0806その後、聖隷おおぞら療育センターを見学し、本学で閉会式を行いました。
リハビリテーション学部 学部長より修了証を手渡します。
本学での研修は2日間でしたが、学生との交流、教員との交流を通し、両国の言語聴覚療法の現状を共有することができました。

Img_0816研修生たちは、本学見学後、東京観光をしたのち、8月8日(土)にアメリカ・テキサスに帰国します。

最近の写真

  • Dsc_1590
  • Cimg4451
  • Cimg4352
  • Img_0693
  • Img_0702
  • Img_0699
  • Img_0703
  • 0315d
  • 0315g
  • 0315f
  • 0316
  • 0315e