インフルエンザについて

インフルエンザの予防

1.手洗い
  手洗いは感染防止策の基本です。外出からの帰宅後、不特定多数の人が触るような場所をふれた後などは
  必ず手洗いをしましょう。

     paper衛生的な手洗い方法 ココカラupwardright

2.うがい
  うがいは風邪の予防に有効であると科学的に実証されています。効果的なうがいの方法は gawksweat01
   ①まず口の中をゆすぎます。
   ②次はのどの奥をゆすぎます。
   ③最後にもう1度、口に水を含み、上を向いて「ガラガラ」を行い終了です。

3.人ごみに行かない・咳エチケット
  人ごみを避けることが、人から人へ感染するインフルエンザの有効な予防策です。風邪などで咳やくしゃみが
  出るときは「咳エチケット」が重要です。

     sad咳エチケット ココカラupwardright

4.乾燥を防ぐ
  インフルエンザウイルスは乾燥した状態で活発に活動します。逆に湿度には弱いので加湿器などを使って適度の
 湿度(60~70%)を保つことが有効です。

5.予防接種
  予防接種はインフルエンザを予防するのに効果の高い方法です。ワクチンは接種してから効果が現れるまでに
  2~3週間ほどかかり、その効果が十分に持続する期間は約5ヶ月とされています。

6.規則正しい食事と睡眠
  バランスのとれた食事、十分な睡眠は健康の秘訣です。体力を維持してインフルエンザを予防しましょう。

インフルエンザにかかったら

1.インフルエンザと診断された学生は登校せずにすみやかに電話で大学に連絡する。
  (インフルエンザ様症状がありまだ受診していない場合も該当)
       連絡先telephone:健康管理センター(053-436-3016) または
               教務事務センター(053-439-1433)

  ※学外実習中の場合は、各学部の実習マニュアルに従って報告する。

2.学校保健安全法に基づき、「出席停止」となるので、外出せずに静養する。
  出席停止期間は医師が感染の恐れがないと認めるまでの期間。

3.完治し出席を再開する際に「治癒証明書」※を教務事務センターに提出する。

  ※「治癒証明書」は教務事務センター、健康管理センターのホームページからダウンロード可能です。